納骨のお布施を完全解説!金額相場・書き方・渡し方・マナーを紹介!

納骨は、火葬したご遺骨を納めるためのとても大切な儀式です。

故人が安らかに眠れるよう丁寧に行いたいですよね。では具体的に、納骨のためにはどのような準備や式に取り組めば良いのでしょうか?

お布施の相場なども合わせて必要な情報を詳しくご説明します。

納骨とは

それでは最初に、納骨についての基本的な知識をご紹介します。

納骨とは

納骨とは、火葬後のご遺骨を骨壷に入れて仏壇や祭壇に一定期間安置した後、先祖代々のお墓や納骨堂にその骨壷を納めることです。

納骨を行うタイミング

そもそも故人のご遺骨は、「必ずお墓や納骨堂に納骨しなくてはいけない」と法律で定められているわけではありません。

故人と離れたくないという理由から、ご自宅で保管をする方もいらっしゃいます。 

納骨のタイミングも、上記と同じように「いつまでに納骨をしなくてはいけない」と定められているわけではありません。

しかし実際には、ある程度決まったタイミングで納骨を行う方が多いです。具体的には、 

・四十九日法要

・百箇日法要

・一周忌

・三回忌 

などのタイミングです。

早い方で四十九日法要、通常ですと一周忌法要くらいまでのタイミング等で納骨をする方が多いといわれています。

この法要を境に忌が明けるため、ご遺族が気持ちの区切りをつける意味でも納骨のタイミングとしてはベストなのでしょう。

ただし、先祖代々のお墓があれば四十九日法要などで納骨できますが、お墓が無い場合はまずお墓を建てることから始める必要があります。

その場合はご遺骨を自宅や寺院などで保管した後に「百箇日法要」「一周忌」「三回忌」などの法要と一緒にお墓へ納骨することになるでしょう。

もちろんお墓があったとしても、ご遺族の気持ちの整理がついてから納骨する場合もあります。

このように、それぞれの事情を考慮して納骨タイミングを決めると良いですね。

納骨式とは

「納骨式」とは、上記を含めご遺族が決めたタイミングでお墓や納骨堂に骨壷を納める時に行う法要のことです。

法要であるため、基本的には参列者を招待し会食や読経も行います。

そのため、先述した四十九日法要などのタイミングで納骨式を行えば、改めて親族や友人に集まってもらう必要がありません。

納骨時期に関する決まりはありませんが、可能なら一度に済ませてしまった方がご遺族側の負担も軽減できますよね。

納骨方法

一般的な納骨方法といえば「お墓への納骨」「納骨堂への納骨」が挙げられます。

しかし現在では、故人やご遺族の多様なニーズに応えられるように様々な納骨方法が編み出されています。

◎樹木葬

「樹木葬」とは、墓地として認められている土地に植樹を行い、それを墓標とする納骨方法のことです。

ご遺骨は植樹した木の付近に埋葬するのが一般的です。

この樹木葬はさらに2種類に分類されており、区画整理された山林に埋葬する「里山型」と、霊園内にある樹木を墓標にして埋葬する「霊園型」に分かれます。 

◎手元供養

「手元供養」は、その名の通りご遺族自身で手元にご遺骨を保管しておく方法です。法要や読経などは必要ありません。

保管に必要な道具は仏具店やインターネットでも購入できます。

ご遺族自身ですり鉢等を使いご遺骨を粉状にしてから保管しても良いですし、専用の機械を持つ業者に依頼することも可能です。

◎散骨

「散骨」は、ご遺骨を海や川、山などに撒く納骨方法のことです。

故人が「死後は自然に還りたい」などの思いを持っていた場合に行われることが多いです。散骨は国の法律では禁止されているものではありません。

しかし市区町村レベルでは条例によって禁止されている場合もあるので、散骨を行う場合はその面に注意すべきでしょう。 

ご遺族自身で散骨を行うと上記のような法的な問題に直面する可能性もあるため、業者に依頼する方もいます。

納骨までの流れ

それでは、納骨式においては納骨を行うまでにどのような手順を踏むのでしょうか?具体的な納骨式の流れをご説明します。 

◎必要書類を揃える

納骨は無断では行えません。

必ず「遺骨埋葬許可証」が必要になります。遺骨埋葬許可証とは、ご遺骨を火葬する際に必要な「火葬許可証」に火葬場の印が押してある紙のことです。

納骨の時にも必要となるので必ず火葬終了後も保管しておきましょう。

もし墓地や霊園に納骨する場合は、これに加えて「墓地使用許可証」も必要です。 

◎日程を決め僧侶との予定をすり合わせる

先述の通り、納骨式には「いつまでに行わなくてはいけない」という決まりがありません。

しかし一般的には四十九日法要と同時に行う方が多いので、その旨も僧侶とすり合わせておきましょう。

◎喪主による挨拶

当日は喪主による挨拶から始まります。一般的には暮石の前で挨拶を行うことが多いです。挨拶は参列者への感謝の気持ちなどを簡潔に述べましょう。 

◎納骨を行う

挨拶が終わったら納骨を行います。骨壷は、お墓の下にある「カロート」と呼ばれるスペースに納めましょう。

カロートには石材で蓋がしてあるため外す必要があります。

この蓋は自分たちで開閉することも可能ですが、意外と重いため取り外しに慣れている石材店の方に頼むと良いでしょう。 

◎読経と焼香を行う

納骨が終わったら読経と焼香を行います。焼香は僧侶が合図を出してくれるのでそれまで待ちましょう。

◎会食

焼香まで終わったら会食です。寺院やホテル、料亭などで行うと良いでしょう。ここが最後の場なので、故人を偲んで語り合ってください。

会食も終わったら喪主が締めの挨拶を行い全行程が終了です。

以上が納骨式の流れです。もちろんこれはあくまで一例なので、納骨方法によって多少順番や内容が変わる可能性もあります。 

納骨にかかる費用の内訳

それでは、こうした納骨関連の儀式を行うにはどのくらいの費用が必要なのでしょうか?

お墓にかかる費用と内訳

お墓に納骨する場合は、当然お墓を準備しておく必要があります。先祖代々のお墓がすでにあれば問題ありません。

しかしまだお墓が無い場合は、納骨式までにお墓を建てておく必要があります。

全国のどの場所でお墓を建てるのかで費用は異なりますが、相場でだいたい150万〜200万円が相場と考えておけば良いでしょう。

一度お墓を建てれば先祖代々受け継がれていくとはいえ、決して安い買い物ではありません。

お墓の値段は、基礎工事費用やお墓の大きさ、デザインや石の種類など様々な要素によって値段が決まるので、ご自身の予算を考慮し最大限理想の形に近づけていきましょう。

納骨式にかかる費用と内訳

四十九日法要などと同時に納骨式を行う場合とそうでない場合とでは、若干かかる費用が変動します。

今回は、比較的多い「四十九日法要と同時に納骨式を行う場合の費用」についてご説明します。

基本的に、法要と同時に行う場合にかかる費用は「会場費」「作業費用」「彫刻料」「卒塔婆料」「会食費」がメインです。

会場費や会食費は参列人数にもよって変動しやすいですが、その他はだいたい相場が決まっています。 

「作業費用」は墓石の開閉などを依頼する場合にかかる費用のことです。

相場は「1万5千〜3万円程度」になることが多いです。

開閉程度であれば自分で行うことも可能なので、その場合は費用がかかりません。 

「彫刻料」は、石碑に没年月日や戒名を彫る場合に必要な費用のことです。

相場は「3万〜5万円程度」になることが多いです。

石材店に連絡することで彫ってもらうことができます。

「卒塔婆料」は、供養の時に使う卒塔婆を建てるための費用のことです。

相場は一本あたり「5千円程度」になることが多いです。

これ以外にも、ろうそくやマッチ、線香などの小物類や、お供え物の費用もかかります。

お墓を建てることにならなくてもある程度の費用はかかるので、あらかじめしっかり確認しておきましょう。

寺院にかかる費用と内訳

納骨式を行う場合は、それに対するお礼として「お布施」「御車代」「御膳料」も用意しましょう。

後ほど詳しくご説明しますが、お布施の相場は地域や宗派、寺院との付き合いによって変動するので注意が必要です。

また、御車代や御膳料は必要ない時もあるのでそれぞれ確認しておきましょう。

納骨のお布施

次に納骨時のお布施の相場などについてご説明します。

上記でご説明した通り、読経などをあげてもらった僧侶に対してはお布施をお渡するのが一般的です。

では具体的にどのくらいの金額を用意すれば良いのでしょうか? 

納骨のお布施の意味

一般的にお布施というのは、「供養をしてもらった僧侶に対してお渡しするお礼」という認識で広まっています。

もちろんこれは間違いではありません。しかしより厳密に言えば、僧侶自身へのお礼というよりも御本尊へと捧げるという意味合いが強いです。

このお布施によって御本尊そのものはもちろん、それを維持するために働く僧侶や家族の生活をサポートしているため、間接的に御本尊のためにお金を捧げているということですね。

納骨のお布施相場

このように、本来お布施には御本尊への感謝の気持ちを表すという意味があります。

そのため、根本的に「サービスの対価としてこれだけのお金を支払う」という考え方とは違い、お布施には定価という概念が存在しません。

僧侶に金額を聞いても「お気持ちで大丈夫です」と言われることも多いのだそうです。

だからといってあまりにも常識外れな金額をお渡しするわけにもいきません。そのため、ある程度の相場は覚えておくと良いでしょう。 

納骨のお布施は、一般的に「3万〜5万円程度」が相場であるといわれています。

ただし、菩提寺などの先祖代々付き合いがある寺院の場合は「10万円近く」をお渡しすることもあるため、相場感に不安があれば親族や僧侶と相談してみると良いでしょう。

注意しなくてはいけないのは、あくまでもこのお布施は「納骨式に対してのお布施」であるということです。

つまり四十九日法要と納骨式を同じ日程で行ったとしても、それぞれ別でお布施を用意しなくてはいけないのです。 

さらに、お墓を新たに建てた場合も注意が必要です。なぜなら、お墓に魂を込めるための「開眼供養」も行わなくてはいけないからです。

開眼供養も行う場合は、今までのお布施に加えてさらに「3万〜10万円程度」をお渡しするため、トータルで考えるとかなりの金額を包むことになるでしょう。

納骨のお布施相場(宗派別)

納骨に対するお布施は宗派によってそこまで大きな変動は無く、「四十九日法要のお布施と合わせて5万〜10万円程度」になることが多いです。

「浄土真宗」「浄土宗」に関しては、四十九日法要のお布施を「葬儀のお布施の1割程度」としているため、他の宗派とはやや目安の設定方法が違います。 

他の宗派は、「真言宗が3万円程度」「日蓮宗が5万円程度」「臨済宗・天台宗が3万〜5万円程度」「曹洞宗が3万〜10万円程度」が四十九日法要のお布施相場です。

この金額に基づき、「四十九日法要と納骨式のお布施の合計が5万〜10万円程度」になるように納骨用のお布施も準備しましょう。

※当社:やさしいお葬式でお坊さんの手配が可能です。お坊さんの手配はこちら。

御車代・御膳料の相場

場合によっては、お布施だけでなく「御車代」「御膳料」もお支払いする必要があります。

「御車代」は、寺院以外で法要などを行った場合にお渡しするもの。一般的には「5千〜1万円程度」を包むことが多いです。

交通費としてお渡ししますが、実際にどれくらいの費用がかかっていてもこのくらいの金額をお渡しすれば問題ありません。

最近では喪主があらかじめタクシーを手配しておき、実際にかかった費用をタクシー会社に支払うというケースも増えているそうです。

「御膳料」は、納骨式後の会食に僧侶が参加しない場合にお渡しするものです。

食事の内容に関係なく、一般的には「5千〜2万円程度」を包むことが多いです。

お盆などの法要が集中する時期には、僧侶に立て続けて依頼が入っていることも考えられます。

その場合は会食に参加できないと考え、御膳料を支払うものとして準備しておくと良いでしょう。

これらのお金は、お布施とは違い「僧侶自身へのお礼」としてお渡しする傾向が強いです。

そのため、お布施と同じ袋に包んだりせず別物のお金として準備してください。 

納骨のお布施に関するマナー

納骨のお布施はただ用意すれば良いというものではありません。きちんとしたマナーを守ってお渡しすることが大切です。

ではどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

封筒の選び方

基本的には「白い無地の封筒」を選べば問題ありません。

ただし、袋が二重になっている物は「不幸なことがこれからも続く」ということをイメージさせてしまうので使用を避けましょう。 

封筒によってはあらかじめ表面に表書きが印字してある物もあります。これはそのまま使用しても問題ありません。

また、表書きの印字がある封筒を使う場合は、お札を中袋に入れずに直接封筒の中に納めましょう。 

この封筒に入れる方法でも問題ありませんが、より丁寧にお札を包みたい場合は「奉書紙」を使うのがオススメです。

お札の表面を上側に向け中包みに入れて、それを奉書紙で包んで上下をたたみましょう。 

表書きの書き方

封筒の表面には「表書き」を記載しておきます。「お布施」あるいは「御布施」と書いておけば大丈夫です。

納骨時のお布施に関しては、普通の黒い筆ペンなどで表書きを記載してください。薄墨は「突然の訃報を聞いて涙で墨が滲んでしまった」という悲しみを表現するために使うものです。

納骨のお布施は突然必要になるものではないため、普通の筆ペンでも問題は無いのです。

記載した表書きの下側には、喪主のフルネームか「◎◎(ご遺族の苗字)家」と書いておきましょう。 

お金の入れ方・包み方

お金を封筒に入れる時にも気を配りましょう。

お札の人物画が記載してある面を上にして、袋の入り口に人物画が向くように入れるのが一般的です。

こうしておくと、袋から取り出した時に人物画が最初に見えるので綺麗ですよね。お札を複数枚封筒に入れる場合は、全ての向きを揃えておきましょう。 

お布施の渡し方

お布施は直接手渡ししてはいけません。まずお札を白い無地の封筒に入れ、ふくさで包みます。

お布施を包んだふくさはバッグなどに入れておき、お渡しするタイミングで取り出してください。

そしてお布施をふくさから取り出し、切手盆などに乗せて僧侶に差し出しましょう。

切手盆が無ければ小さめのお盆でも問題ありません。もしお盆自体が無ければ、手のひらでふくさを開いて差し出しても大丈夫です。

お布施以外の御車代や御膳料もお渡しする場合は、上から順に「お布施→御車代→御膳料」というように重ねて差し出してください。

どのようにお渡しする場合でも、僧侶が表書きの文字を読める向きにしておいてください。

お布施を渡すタイミング

お布施は納骨式などが全て終わり一段落ついた頃にお渡しすることが多いです。会食に参加する場合はその後でも問題ありません。

基本的には一段落ついた時にお渡しした方が僧侶の荷物にならないので、タイミングとしてはそこが理想といえます。

しかしお盆の時期などは僧侶もさらに忙しいため、法要後に時間を取れない可能性もあるでしょう。

その場合は法要前にお渡しすれば大丈夫です。いずれの場合も、一言で良いので本日のお礼を述べながらお渡ししましょう。

納骨のお布施についてのまとめ

以上が納骨のお布施相場等に関する内容です。改めて今回ご説明したことをまとめておきましょう。 

・納骨とは、火葬後のご遺骨を骨壷に入れて仏壇や祭壇に一定期間安置した後、先祖代々のお墓や納骨堂にその骨壷を納めること。

ただし「必ずお墓や納骨堂に納骨しなくてはいけない」と法律で定められているわけではない。 

・納骨のタイミングも定められているわけではないが、基本的には「四十九日法要」「百箇日法要」「一周忌」「三回忌」などのタイミングで行うことが多い。 

・「納骨式」とは、お墓や納骨堂に骨壷を納める時に行う法要のこと。 

・一般的な納骨方法といえば「お墓への納骨」「納骨堂への納骨」だが、現在では様々な納骨方法が編み出されている。

具体的には「樹木葬」「手元供養」「散骨」などである。 

・具体的な納骨式の流れは

「必要書類を揃える→日程を決め僧侶との予定をすり合わせる→喪主による挨拶→納骨を行う→読経と焼香を行う→会食」というもの。

あくまで一例なので、納骨方法によって多少順番や内容が変わる可能性もある。

・お墓に納骨する場合は、当然お墓を準備しておく必要がある。だいたい150万〜200万円が相場である。

お墓の値段は、基礎工事費用やお墓の大きさ、デザインや石の種類など様々な要素によって値段が決まる。

・法要と納骨を同時に行う場合にかかる費用は「会場費」「作業費用」「彫刻料」「卒塔婆料」「会食費」がメイン。

これ以外にも、ろうそくやマッチ、線香などの小物類や、お供え物の費用もかかる。

・納骨のお布施は、一般的に「3万〜5万円程度」が相場である。

ただし、菩提寺などの先祖代々付き合いがある寺院の場合は「10万円近く」をお渡しすることもある。

四十九日法要と納骨式を同じ日程で行ったとしても、それぞれ別でお布施を用意しなくてはいけないので注意。 

・納骨に対するお布施は宗派によってそこまで大きな変動は無く、「四十九日法要のお布施と合わせて5万〜10万円程度」になることが多い。 

・「御車代」は、寺院以外で法要などを行った場合にお渡しするもの。「5千〜1万円程度」を包むことが多い。

「御膳料」は、納骨式後の会食に僧侶が参加しない場合にお渡しするもの。食事の内容に関係なく、一般的には「5千〜2万円程度」を包むことが多い。 

・基本的には「白い無地の封筒」にお布施を入れれば問題ない。

ただし、袋が二重になっている物は「不幸なことがこれからも続く」ということをイメージさせてしまうので使用を避ける。

より丁寧にお札を包みたい場合は「奉書紙」を使うのがオススメ。

・封筒の表面には「お布施」あるいは「御布施」と記載しておく。納骨時のお布施に関しては、普通の黒い筆ペンなどで表書きを記載すれば大丈夫。

記載した表書きの下側には、喪主のフルネームか「◎◎(ご遺族の苗字)家」と書いておく。 

・お金を封筒に入れる時は、お札の人物画が記載してある面を上にして、袋の入り口に人物画が向くように入れるのが一般的。

・お布施は、直接手渡しはしない。まずお札を白い無地の封筒に入れふくさで包む。

お布施を包んだふくさはバッグなどに入れておき、お渡しするタイミングで取り出す。

そしてお布施をふくさから取り出し、切手盆などに乗せて僧侶に差し出す。

もしお盆自体が無ければ、手のひらでふくさを開いて差し出しても問題ない。

お布施以外の御車代や御膳料もお渡しする場合は、上から順に「お布施→御車代→御膳料」というように重ねて差し出す。 

・お布施は納骨式などが全て終わり一段落ついた頃にお渡しすることが多い。ただし法要後に時間を取れない場合は、法要前にお渡ししておく。

以上が今回のまとめです。このように納骨のお布施には、「法要のお布施とは別で用意しなければならない」など知らないと分からないマナーがあります。

納骨は故人が眠るための場所を作るための大切な儀式です。

いざという時に慌てずスムーズに進行できるように、基本的な知識として覚えておきましょう。

  • 超高齢化多死社会を迎える中、今の時代に必要なのは、ご遺族の状況に応じたプランをご提案することです。
    厚生労働省認定1級葬祭ディレクターとして、これまでの画一的な「一般的な葬儀」を一から見直し、必要な人に、必要なお葬式を自由に選んでもらうためのプランを作成しました。
    後悔のないお葬式を執り行いたいけど、シンプルなお葬式でいい。そんな方はぜひお気軽にご相談ください。