山口県で
お葬式(家族葬、1日葬)、火葬
をお探しの方へ

日本全国24時間 365日無料相談 03-5843-8506

必要なものだけを自由に選べる シンプルでわかりやすいセットプラン

山口県の葬儀施設、火葬場を探す

山口県の平均葬儀価格は高額?

山口県の平均葬儀価格は70.9万円と高額です

「ずいぶん高い」と感じる人が多いと思いますが、内訳はイマイチわかりにくいのが葬儀費用の特徴です。「葬儀会社に薦められるがままに、多くの費用をかけてしまっている」「物品等で高額な価格を支払っている」というのが葬儀費用の現状です。

総額平均70.9万円 山口県の一般的な葬儀
やさしいお葬式は、明朗会計、高品質、適正価格を実現した葬儀社です。

高品質・適正価格な「やさしいお葬式」のお得なセットプラン

※火葬料金は別途お客様負担となります。
※各プラン表示価格は事前会員登録価格です。
※ご希望によっては対応できないプランがございます。詳細はお電話ください。

火葬料金の目安

やさしいお葬式をご利用された方の
お客様の声・葬儀事例

2020年04月30日山口県山口市 H・R

やさしい1日葬

満足度
5

住所:山口県山口市 イ
ニシャル:H・R 
利用年月日:2020年4月30日 
故人:父 
年齢:81歳  
選択したプラン:やさしい1日葬 

◆どこでやさしいお葬式を知ったのか
/先月葬儀を行った親戚からやさしいお葬式の事を聞き、ネットで調べた 

◆なぜやさしいお葬式に頼んだのか
/親戚もやさしいお葬式にお願いしたとの事で安心感があった。その時に私も参列したが、身内だけの葬儀も今の時代にはあっていると思う。 

◆やさしいお葬式に依頼してよかった点
/事前に丁寧な説明を受けていたので慌てることなく父との別れに専念できたこと。結婚式も出来そうなモダンで綺麗なホールは大満足。 

◆やさしいお葬式に依頼してよくなかった点
/自宅から少し遠かった。 

◆葬儀会社を選ぶ際のアドバイスがあれば
/事前の問合せなどから丁寧に対応してくれる所なら安心してお任せできると思います。事前に電話で相談したもう一社では亡くなってからでないと見積りは出せないと言われた。

担当からのコメント

お父様のことで事前にご相談を賜わりました。
事前相談によって不安な事が一つずつ解消されることにより、その後のお父様の看病(付添い)に集中できたと仰っていただいたことが思い出されます。
改めて、ご不安を抱えている方々のお力になることの重要性に気づかされました。
ホールの事もお褒め頂き有り難うございます。
今後も大切なご家族様との最期のひと時を安心・快適にお過ごし頂けるよう努めて参ります。

2020年02月10日山口県下関市 K・Y やさしい火葬式

やさしい火葬式

満足度
4

住所:山口県山口市 イニシャル:S・O  利用年月日:2020年5月22日  故人:叔母  年齢:77歳   選択したプラン:やさしい火葬式  ◆どこでやさしいお葬式を知ったのか/インターネット。  ◆なぜやさしいお葬式に頼んだのか/費用と対応の良さ。  ◆やさしいお葬式に依頼してよかった点/費用も良心的でしたが、心のこもった対応に救われました。担当の女性の方にご提案頂き、叔母が趣味でやっていたダンスの衣装を着せてあげることが出来ました。病気をしてからは好きなダンスも出来ずにいたのできっと今頃は先に待っている旦那さんと再会してダンスを披露していることと思います。  ◆やさしいお葬式に依頼してよくなかった点/ありません。  ◆葬儀会社を選ぶ際のアドバイスがあれば/やさしいお葬式に安心してお任せ出来ました。

2020年05月22日山口県宇部市 S・O やさしい1日葬

やさしい1日葬

満足度
5

住所:山口県山口市 イニシャル:S・O  利用年月日:2020年5月22日  故人:父  年齢:72歳   選択したプラン:やさしい1日葬  ◆どこでやさしいお葬式を知ったのか/病院の医者から覚悟するように言われ、葬儀の手配のことも言っていたので帰ってすぐに調べました。  ◆なぜやさしいお葬式に頼んだのか/費用の面でここしかないと思いました。対応も丁寧で住まいの地域やこちらの意向からすぐに我が家に見合った見積を作成してくれました。  ◆やさしいお葬式に依頼してよかった点/父が亡くなる直前で見積もりを依頼したが、その通りに葬儀を行う事が出来ました。1日だけの葬儀でしたが、家族全員が納得のいく葬儀が出来たと思います。時期的にもコロナが不安な時なので、選んだプランで良かったと思っています。  ◆やさしいお葬式に依頼してよくなかった点/なし。  ◆葬儀会社を選ぶ際のアドバイスがあれば/医者からも葬儀業者を検討しておいたほうがいいと言われましたが、確かにその時になってからでは遅いと思います。

2020年03月26日山口県山口市 Y・H やさしい家族葬

やさしい家族葬

満足度
4

住所:山口県山口市 イニシャル:Y・H  利用年月日:2020年3月26日  故人:妻  年齢:69歳   選択したプラン:やさしい家族葬  ◆どこでやさしいお葬式を知ったのか/インターネットで調べた。  ◆なぜやさしいお葬式に頼んだのか/ホームページが分かり易い。そして何より対応してくれた葬儀社の担当の方が素晴らしかった。  ◆やさしいお葬式に依頼してよかった点/どんな些細な事にも嫌な顔をせずに素早く対応をしてくれた。若い方(20台前半?)で最初は大丈夫かと思ったが、その心配は杞憂で、最後まで何の問題も無くお世話頂いた。私自身の葬儀の時も是非お願いしたい。  ◆やさしいお葬式に依頼してよくなかった点/とくに無。  ◆葬儀会社を選ぶ際のアドバイスがあれば/昔では考えられなかったが、今はインターネットで葬儀を依頼する時代になった。便利ではあるがどうやって情報を選択するかが難しいと感じる。時間的にも精神的にも余裕のある内に調べておくことを推奨します。

2020年05月03日山口県下関市 A・T やさしい1日葬

やさしい1日葬

満足度
4

住所:山口県下関市 イニシャル:A・T  利用年月日:2020年5月3日  故人:夫  年齢:74歳   選択したプラン:やさしい1日葬  ◆どこでやさしいお葬式を知ったのか/インターネット。  ◆なぜやさしいお葬式に頼んだのか/最初は一番近くにあった古くからある葬儀屋さんに相談していたが、見積金額が高く困っていた所、息子がインターネットで調べて電話してくれた。価格的には予算内だったので不安はありつつもお願いをしました。  ◆やさしいお葬式に依頼してよかった点/対応してくれた担当者さんがとても分かり易く丁寧に説明してくれたので、話をしている内に不安は無くなっていました。「思い出の写真や夫の大好きな釣りの道具などを飾ってご主人らしいお葬式にしてみませんか?」と提案していただけたおかげで、参列した親戚からも素敵なお葬式だったと言っていただきました。こちらにお願いして本当に良かったと思っています。  ◆やさしいお葬式に依頼してよくなかった点/近所の葬儀屋さんにお断りするのに気を使いました。  ◆葬儀会社を選ぶ際のアドバイスがあれば/何となく近場でお願いするものと思っていましたが、何の知識もなかった為にいざ近所の葬儀屋さんで相談してみると想像以上に費用が掛かりることを知りとてもびっくりました。ある程度は前もって準備した方が失敗は無いと思います。

無料相談ダイヤル!些細なことでもお気軽にお電話ください!

  • ご紹介させていただくお坊さんは全員お坊さんの資格を持った方をご紹介させていただいております。

  • 専属オペレーターならではの強みを活かした「即時対応」が可能です。お電話でお問い合わせ頂けましたら、オペレーターがその場でお答えします。些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

  • 一般的な仏教の宗旨をはじめ、神道、キリスト教の宗教者もご紹介させていただきます。

    *一般的な仏教:天台宗・真言宗・浄土宗・浄土真宗本願寺派・真宗大谷派・臨済宗・曹洞宗・日蓮宗・その他

  • すべてのプランを定額費用でご案内しております。それ以外のわかりにくいお車代、御膳料、お心づけなどの費用は不要となっておりますので、ご安心ください。

FAQ

立飯(たちは)とは何でしょうか?
山口県ではいわゆる「精進落とし」のことを「立飯(たちは)」と呼んでいます。
立飯とは葬儀の後で食べる食事のことであり、ご飯のおこげや大豆をお膳で食べることが独自の特徴となっています。
葬儀で近隣の人が積極的に関わる地域であると聞きました。
山口県はお葬式のお手伝いを町内会などの近隣組織が参加することが多いようです。
近隣の繋がりが強い山口県では、時代が変わっても近隣との付き合いが色濃く残り、葬儀は地域で出すものという考えがあります。
山口県のお供えに対する風習を教えてください。
遺族に対して香典のほかに供物を贈ることが多い地域です。果物やお菓子、また農村部などではお米や野菜などの農作物をお供えすることもあります。
この供物は、お葬式の際に食べたり、余った場合は親戚で分けて持ち帰ります。
山口県の葬儀場を探す

無料相談ダイヤル!些細なことでもお気軽にお電話ください!

山口県の葬儀・葬式事情

都道府県ごとで葬儀の形式や費用は多少の違いがあります。

特に山口県では高齢化が進んでいる影響もあり、葬儀に関しても小規模になることが多いそうです。

しかし小規模になるとはいっても、葬儀を行う際には近隣住民と助け合う文化もあるので、いざという時に備えてそうした特徴なども覚えておきましょう。

 

山口県の葬儀とは?

山口県は中国地方の都市です。県庁所在地は山口市ですが、都市として最大なのは下関市。面積は6,112平方キロメートルで、人口は約137万人です。

山口県は、政治と縁が深い県として有名です。

日本国内で最大となる9人の総理大臣経験者を輩出している県であり、松下村塾が存在していた県でもあります。

この松下村塾は、2015年に世界遺産に登録されました。

山口県は全国でも早いペースで高齢化が進んでおり、自宅で葬儀を行う方が多い影響もあるため葬儀費用が若干安くなる傾向にあります。

公営斎場も各市区町村にバランスよく設置されているため、葬祭補助金と合わせて費用をおさえつつ葬儀を行うことができるでしょう。

山口県の葬儀/葬式の特徴

山口県では自宅で葬儀を行うことが多く、その数はなんと7割にものぼります。

近隣住民の間で葬儀を助け合う「講」「死講」と呼ばれる組織があり、このメンバーによって葬儀全般のお手伝いが行われています。

葬儀の流れとしては、まず通夜を行い、その翌日に葬儀・告別式と火葬を行う「後火葬」が一般的です。

ただし一部地域では、先に火葬を行う「前火葬」の場合もあります。

この通夜の際には、参列者に会食を振る舞う「通夜振る舞い」はありません。

その代わり参列者には果物やお菓子などが振る舞われ、遺族や親族だけで簡単に食事を食べます。

この果物やお菓子は香典と合わせて参列者から贈られたものが多く、一部地域ではお米や野菜などが贈られることもあるそうです。

立飯(たちは)

山口県では通夜振る舞いがありませんが「立飯(たちは)」という食事が行われます。

これは出棺前に行われるもので、故人を囲んでご飯のお焦げや大豆などを食べるという風習です。

この立飯が終わると故人が愛用していた茶碗を割り、その後に藁を燃やして送り火を焚くというのが一般的な流れ。

送り火

山口県の葬儀においてはこの送り火が一番の特徴です。

霊柩車までの距離が短くても送り火を焚き、葬列を組んでお見送りすることから、山口県ではこの風習が大切にされていることがわかります。

山口県の葬儀場・斎場・火葬場

山口県には約50の公営斎場が設置されています。ここに市ごとの民営斎場が加えられます。

公営斎場は市内在住者であれば安く使用できますが、だからといって人口トップ3である下関市・山口市・宇部市に一番多く設置されているわけではありません。

人口数トップ5に入る岩国市にも多くの公営斎場が設置されています。

このような数の差はありますが、山口県内の市区町村にバランスよく公営斎場が設置されているので、居住者にとっては交通の便が良いでしょう。

では人口トップ3の市にある代表的な公営斎場をご紹介します。

まずは下関市からご紹介しましょう。下関市にある代表的な公営斎場は「大谷斎場」です。

JR山陽本線「新下関駅」から約5kmの場所にあります。

市内でも屈指の大型公営斎場であり、設備は火葬炉 12基・炉前ホール1室・待合室 4室・収骨室3室などが揃っています。

火葬は可能ですが、霊安室や葬祭場は無いので、自宅や民間の葬儀社など別で場所を予約しておく必要があります。

とはいえ、大谷斎場自体には最寄り駅から車で10分程度と極端に市街から離れているわけでもないので、大きな不便はありません。

次に山口市。山口市の代表的な公営斎場は「仁保斎場」です。JR山口線「仁保駅」から3kmほどの場所にあります。

設備としては、火葬炉5基・告別室2室・待合室4室・収骨室2室・霊安室1室・葬祭場1室などがあります。

火葬炉などの設備としては先ほどの大谷斎場より少し小さめです。

しかし霊安室と葬儀場が完備されているので、民間の葬儀社で別に予約しなくても葬儀を行えるというのが便利な点でしょう。

最後に宇部市です。宇部市には「宇部市火葬場」があります。この斎場が宇部市唯一の公営斎場。

人口も多いため、この斎場を使う倍率はなかなか高いかもしれません。

そのため他の民間斎場なども合わせて確認しておきましょう。

設備としては、火葬炉7基・告別室2室・待合室4室・収骨室2室などがあります。

大規模な霊園も隣接しているため、火葬から納骨までをスムーズに行うことができますね。

授乳室も設置されているので、お子様連れでも使いやすくなっています。

山口県の葬儀/葬式の費用/平均相場

山口県で葬儀を行った時の費用は、だいたい70万〜105万円くらいになることが多いです。

葬儀の全国平均費用がだいたい120万円前後なので、それと比べてだいぶ安く葬儀を行っていることがわかります。

また葬儀の参列者の平均数も46人ほどのため、少人数で行われているケースが多いと考えられますね。

最近では全国的に一般葬の割合が減っており、家族葬や直葬を行う方が増えています。

実際の割合自体は「一般葬 約60%」「家族葬 約30%」「直葬 約5%」とまだまだ一般葬が中心。

ただ、その増加率は「一般葬 約5%」「家族葬 約50%」「直葬 約25%」と、家族葬と直葬がかなり増加していることがわかります。

さらに先述の通り、山口県では約7割の方が自宅で葬儀を行います。

このことからも、一般葬と比べて費用を安くできる家族葬や直葬にする方が増えているということがわかりますね。

また、山口県の高齢化率は約34%と全国4位の数値を出しており、これは「全国より10年早く高齢化が進んでいる」といわれる数値です。

そのため必然的に死亡者と縁のある方の数も少なくなったり、周囲の高齢化により葬儀への出席自体が難しくなるため、葬儀の規模が縮小しているのだと考えられています。

山口県で使用できる葬祭補助・給付金とは?

山口県内で葬儀を行う場合、一定額の葬祭補助金が出るのをご存知でしょうか?

金額は市区町村ごとに異なりますが、出費の多い葬祭関係にはありがたい手助けになりますよね。

必要手続きなどを覚えておき、いざという時に活用できるようにしておきましょう。

山口県民の葬祭補助金額

ここでは、県庁所在地を含めて山口県の中で人口が多い市区町村順にいくつかご紹介します。

基本的には各市区町村のHPなどを見るとわかります。

この葬祭補助は、葬祭を行なった日の翌日から2年間請求しないと権利が無くなるので注意しましょう。

下関市の葬祭補助金額

国民健康保険加入者が亡くなった時に、葬祭を行なった方に5万円が支給されます。

山口市の葬祭補助金額

国民健康保険加入者が亡くなった時に、葬祭を行なった方に5万円が支給されます。国民健康保険以外に加入していた方は、それぞれの健康保険にてお問い合わせください。

宇部市の葬祭補助金額

国民健康保険加入者が亡くなった時に、葬祭を行なった方に4万円が支給されます。

死亡者が後期高齢者医療制度に加入していた場合

葬祭を行なった方に5万円が支給されます。

山口県民の葬祭補助手続きに必要なもの

上記でご紹介した市で葬祭補助金を受け取るために必要な書類等をそれぞれご紹介します。

下関市の葬祭補助手続きに必要なもの

・健康保険証
・印鑑
・申請者の口座情報をわかるもの
・葬儀の領収書や請求書など、葬祭を行なった方の名前がわかるもの

山口市の葬祭補助手続きに必要なもの

〜窓口で手続きする場合〜

・健康保険証
・葬祭を行なった方の口座番号がわかるもの。通帳など
・マイナンバー関係書類。詳しくは市役所の「関連リンク」をご確認ください。

〜郵送で手続きする場合〜

下記を「山口市保険年金課国保担当」に送付してください。

・市役所HPに「国民健康保険葬祭費支給申請書」のファイルがあるので記入して郵送
・申請者の身元がわかる書類の写し。マイナンバーカードや運転免許証など
・健康保険証の写し
・葬祭を行なった方以外の口座に振り込む場合は委任状
・死亡者の住民票の住所は山口市以外だが、山口市の国民健康保険に加入していた場合、死亡の事実が記載されているもの。死亡届の写しなど。

宇部市の葬祭補助手続きに必要なもの

・健康保険証
・死亡者の死亡を証明できるもの
・印鑑
・葬祭を行なった方の振込先口座情報がわかるもの

死亡者が後期高齢者医療制度に加入していた場合

・葬祭を行なった方であることを証明するための書類の写し。葬儀の領収書、会葬礼状など。
・印鑑
・葬祭を行なった方の振込先口座がわかるもの
・葬祭費支給申請書(山口県後期高齢者医療広域連合のHPにある)
・念書(山口県後期高齢者医療広域連合のHPにある)

念書は、葬祭を行なった方を証明する書類が無い場合に提出してください。

葬祭を行なった方ご本人が提出する場合は、その方の本人確認書類を提示します。

葬祭を行なった方以外が提出する場合は、郵送も含めて葬祭を行なった方の本人確認書類の写しを合わせて郵送してください。

山口県民の葬祭補助についての相談窓口

以下が上記市区町村の相談窓口です。

下関市の相談窓口

下関市役所 福祉部保険年金課
〒750-8521 山口県下関市南部町1番1号

山口市の相談窓口

山口市役所 保険年金課
〒753-8650 山口市亀山町2番1号 山口総合支所1階国保担当

宇部市の相談窓口

宇部市役所 健康福祉部保険年金課 国民健康保険係
〒755-8601 宇部市常盤町1丁目7番1号

死亡者が後期高齢者医療制度に加入していた場合

山口県後期高齢者医療広域連合
〒753-0072 山口県山口市大手町9番11号 山口県自治会館4階
その他市区町村ごとの相談窓口

山口県での葬儀についてのまとめ

山口県では、高齢化の影響などが葬儀費用にも関わってきています。

それに伴い規模も縮小傾向にありますが、死講などのサポート組織もあるため決して近隣同士の助け合いが薄くなっているわけではありません。

みなさんもいざという時は周囲に助けてもらいながら、補助金も活用しつつ上手に葬儀を行いましょう。


日本全国24時間 365日無料相談 03-5843-8506