大分県で
葬儀社・直葬・火葬式・一日葬・
家族葬・一般葬をお探しの方へ

日本全国24時間 365日無料相談 03-5843-8506

必要なものだけを自由に選べる シンプルでわかりやすいセットプラン

大分県の葬儀場・火葬場を探す

大分県の平均葬儀価格は高額?

大分県の平均葬儀価格は91.4万円と高額です

「ずいぶん高い」と感じる人が多いと思いますが、内訳はイマイチわかりにくいのが葬儀費用の特徴です。「葬儀会社に薦められるがままに、多くの費用をかけてしまっている」「物品等で高額な価格を支払っている」というのが葬儀費用の現状です。

総額平均91.4万円 大分県の一般的な葬儀
やさしいお葬式は、明朗会計、高品質、適正価格を実現した葬儀社です。

高品質・適正価格な「やさしいお葬式」のお得なセットプラン

※火葬料金は別途お客様負担となります。
※各プラン表示価格は事前会員登録価格です。
※ご希望によっては対応できないプランがございます。詳細はお電話ください。

火葬料金の目安

やさしいお葬式をご利用された方の
お客様の声・葬儀事例

2020年07月06日大分県大分市 K・I

やさしいお別れ葬

満足度
5

住所:大分県大分市
イニシャル:K・I
利用年月日:2020年5月18日
故人:母  年齢:75
選択したプラン 一日葬

◆どこでやさしいお葬式を知ったのか
知人の親がやさしいお葬式で葬儀相談をしたのがきっかけで紹介してもらいました。

◆なぜやさしいお葬式に頼んだのか
知人がやさしいお葬式に依頼したらよかったと言っていたので、安心感がありました。

◆やさしいお葬式に依頼してよかった点
親戚が少なく、予算的にもあまり余裕がなかったため、最後のお別れの時に入れるお花が少な目で母が可哀そうかなと心配していたところ、
色とりどりの折り紙とサインペンをたくさん用意してくださり、
「お母様への感謝や伝えたいメッセージを添えて、みんなで折り鶴にしてお花と一緒に入れてあげましょう」と提案してくださいました。
費用の掛からない方法で素敵な提案をしてくれたこと、心から感謝しています。

◆やさしいお葬式に依頼してよくなかった点
特にありません。

◆葬儀会社を選ぶ際のアドバイスがあれば
価格にとらわれず、きちんと話をきいてくれてアドバイスしてくれる葬儀社がよいと思います。

2020年05月01日大分県大分市 S・I 火葬式

やさしい火葬式

満足度
5

住所:大分県大分市  イニシャル:S・I  利用年月日:2020年5月1日  故人:姉  年齢:65歳   選択したプラン:火葬式  ◆どこでやさしいお葬式を知ったのか/インターネットで調べました  ◆なぜやさしいお葬式に頼んだのか/ 費用を相談して、一番希望する所だったのでお願いしました ◆やさしいお葬式に依頼してよかった点/安い価格の葬儀に関わらず、とても親切でした。  ◆やさしいお葬式に依頼してよくなかった点/ありません。  ◆葬儀会社を選ぶ際のアドバイスがあれば/事情を包み隠さずに話せる葬儀屋さんに出会えると良いと思います。

2020年03月12日大分県竹田市 M・N 家族葬

やさしい家族葬

満足度
3

住所:大分県竹田市  イニシャル:M・N  利用年月日:2020年3月12日  故人:母  年齢:82歳   選択したプラン:やさしい家族葬  ◆どこでやさしいお葬式を知ったのか/インターネット  ◆なぜやさしいお葬式に頼んだのか/電話で相談するとオペレーターの方の対応が親切に細かく話を聞いてくださり、自宅からほど近い、希望していた葬儀場をご提案していただいたので決めました。  ◆やさしいお葬式に依頼してよかった点/安心感を持って過ごすことが出来ました。対応されるスタッフも皆さん人柄がよく好感がもてました。  ◆やさしいお葬式に依頼してよくなかった点/ありません。  ◆葬儀会社を選ぶ際のアドバイスがあれば/大切な家族の葬儀ですので、家族の気持ちをちゃんと理解してくれるところにお願いするべきだと思います。

2020年07月06日大分県別府市 K・S 一日葬

やさしいお別れ葬

満足度
4

住所:広島市中区  イニシャル:K・S  利用年月日:2020年6月4日  故人:父  年齢:90歳  選択したプラン 一日葬  ◆どこでやさしいお葬式を知ったのか/娘がインターネットで調べてくれた ◆なぜやさしいお葬式に頼んだのか/予算的に希望する内容のプランがあったため ◆やさしいお葬式に依頼してよかった点/インターネットで葬儀を依頼することに不安がありましたが、電話した時から丁寧に対応してくれて、安心してお任せする事が出来た。 ◆やさしいお葬式に依頼してよくなかった点/特にありません。 ◆葬儀会社を選ぶ際のアドバイスがあれば/慌てないように事前の下調べは必要だと感じました。また、こういったインターネットも利用する事も一つだと思います。

2020年02月06日大分県大分市 H・T 家族葬

やさしい家族葬

満足度
4

住所:大分県大分市
イニシャル:H・T
利用年月日:2020年2月6日 
故人:父 
年齢:65歳  
選択したプラン 家族葬 
◆どこでやさしいお葬式を知ったのか/インターネットを検索して。 
◆なぜやさしいお葬式に頼んだのか/何社か問い合わせたな中でも一番しっかりとした対応だったため。 
◆やさしいお葬式に依頼してよかった点/自宅からも比較的近く、すぐに対応していただき安心感があった。施設も新しく気持ちよく父を送り出すことが出来たと思う。 
◆やさしいお葬式に依頼してよくなかった点/ありません。 
◆葬儀会社を選ぶ際のアドバイスがあれば/時間に制限はあるのだが、いくつか比較するとよいと思う。

無料相談ダイヤル!些細なことでもお気軽にお電話ください!

  • ご紹介させていただくお坊さんは全員お坊さんの資格を持った方をご紹介させていただいております。

  • 専属オペレーターならではの強みを活かした「即時対応」が可能です。お電話でお問い合わせ頂けましたら、オペレーターがその場でお答えします。些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

  • 一般的な仏教の宗旨をはじめ、神道、キリスト教の宗教者もご紹介させていただきます。

    *一般的な仏教:天台宗・真言宗・浄土宗・浄土真宗本願寺派・真宗大谷派・臨済宗・曹洞宗・日蓮宗・その他

  • すべてのプランを定額費用でご案内しております。それ以外のわかりにくいお車代、御膳料、お心づけなどの費用は不要となっておりますので、ご安心ください。

FAQ

「敷米料」とは何のことをいうのでしょうか?
大分県では「敷米料」と書かれた紙を供物に貼りつける風習があります。
これはお米を寺院に寄付した風習の名残であり「敷米料一万円」と書けば、お布施とは別に一万円を寺院に納めるという風習があります。
仮門から出棺する風習についてを知りたいです。
大分県では、玄関からではなく仮門を作り、そこから出棺するという習わしがあります。
仮門とは玄関の脇に笹竹や藁などを用いて簡易的に作った出口のことで、故人の霊が玄関から戻ってこないようにするためのものです。
大分県の場合は簡単な門を作って棺を通し、その後に仮門はすぐに取り壊します。
団子を配る風習があると聞いたのですが、どんな意味があるのですが?
大分県では参列者に団子を配る風習があります。
昔は土葬であった地域のために、棺を運ぶ力をつけるために振る舞ったという言い伝えがあります。
現在では、出棺前などに団子を配っています。
大分県の葬儀場を探す

無料相談ダイヤル!些細なことでもお気軽にお電話ください!

大分県の葬儀・葬式事情

 

葬儀は宗教・宗派や各地域によって様々な風習・儀式があります。

大分県でも独特の風習が残っているところもありますので知らずにいくと戸惑ってしまうかもしれません。

今回は大分県の風習も含め、葬儀にかかる費用は、葬儀を行う場所などについてご紹介していきます。

 

大分県の葬儀とは?

大分県は九州の北東部に位置する人口約113万人の県です。

大分県は源泉数・湧水量共に日本一であり「由布院温泉」など知名度が高い温泉が多くあります。

そんな大分県の葬儀の中では「仮門」を作る、「別れの膳」「棺回し」といったいくつかの葬儀における風習が残っている地域があります。

大分県の葬儀場/葬式の特徴

大分県ではお葬式の出棺の際「仮門」を作ってその下に棺を通して運び出す風習があります。

仮門は出棺が終わるとすぐに取り壊されます。これは仮門とはあの世と現世の境目であり取り壊すことで境目の門を無くし、故人の霊がこの世に戻ってくることを防ぎます。

また、出棺の前に団子を配るといった風習もあります。これは棺を運ぶ、そして埋葬するといった力仕事があるため、従事者の方への労いの意味も込めて団子を配るようになったといわれています。

大分県では通夜に一般会葬者を呼ばないことも多いといわれています。

通夜振る舞いで出される食事は「別れの膳」と呼ばれ近親者のみで行われますが、必要があれば葬儀社に事前に確認を取ることをお勧めします。

大分県のほとんどの地域で「後火葬」での葬儀を行いますが、一部「前火葬」での葬儀を行う地域もあります。

前火葬をする理由の一つとして「遺体の腐食を防ぐために先に火葬する」といったことがあります。

しかし、現代では遺体を消毒・保存処理する技術があるため遺体の腐食を防ぐことができますが、昔からの風習根強く残っている地域では未だに前火葬を行なっています。

お葬式の風習は地域によって様々ですが、大分県でも「三度回し」や「棺回し」といった風習があります。

三度回しとは出棺の際に3度棺を回し、故人の魂の方向感覚をなくしあの世に迷いなく旅立ってほしいという長いが込められています。

また棺回しも同様の意味としてあり、棺を回すのは近親者の役目とされています。

大分県の葬儀場・斎場・火葬場

葵会館は大分市、中津市に展開している葬儀社です。4つある斎場の中でも最も大きいのが大分市にある「住吉斎場」です。

住吉斎場では家族向けの斎場から300〜800人収容することのできる西日本随一の規模を誇る大斎場があります。

また、葵会館では「生前契約」を行っています。「自分の葬儀で家族に負担をかけたくない」と思っている人も多いのではないでしょうか。

近年になって「終活」といった言葉が定着したこともあり、自分の葬儀の生前契約をする人が増加しているそうです。

生前契約をすることで、家族への負担がかからない、家族に金銭的負担をかけずに済む、自分らしい葬儀ができるなどのメリットもあります。

葬儀を行う斎場は「民間」と「公営」がありますが、大分県には34の公営斎場があります。

公営斎場は市区町村などの自治体が設置し、税金などの公費で運営をしています。

また、特徴としては火葬する施設も一緒になっていることが比較的多い点と民間斎場に比べ費用がかからない点があります。

大分県にはどのような公営斎場があるのか、「大分市」を例にご紹介します。

大分市には「大分市葬斎場」「大分市佐賀関火葬場」2つがあります。

大分市葬斎場の施設には、火葬炉16基、告別式ホール3室、炉前ホール1室、待合ロビー2箇所・待合室5室、収骨室3室、安置室・霊安室1室、葬祭場・式場3室があります。

大分市葬斎場はJR豊肥本線「中判田駅」から車で約7分のところにあり、利便性がいいです。

大分市佐賀関火葬場の施設には、火葬炉2基、炉前ホール1室、待合ロビー1箇所・待合室2室があります。

大分市佐賀関火葬場では通夜や告別式を行わない「火葬」式が行えます。

大分県の葬儀場/葬式の費用/平均相場

50万未満 3,031件
50-100万 4,417件
100-200万 3,402件
200-300万 330件
300-400万 27件
400-500万 7件
500万以上 2件
合計11,216件

回答の一番多かったのは50-100万円の葬儀費用がかかったもの、次いで100-200万円、50万円未満という結果になっています。

葬儀にかかる費用は「葬儀費」「飲食費」「返礼費」の3つに分けられます。

・葬儀費とは葬儀会場費、棺桶、搬送費、などの葬儀上必要になるものにかかる費用
・飲食費とは通夜振る舞いなど様々な場面で振る舞う飲食にかかる費用
・返礼費とは参列してくださった方にお渡しする会葬返礼品やお礼状などにかかる費用

葬儀にも様々な形式があります。

・直葬式(火葬式)
・1日葬
・家族葬
・一般葬

直葬式以外は100-200万円かかる傾向にありますが、飲食費・返礼費の部分で調整を行い、負担軽減を行いながらも納得のいく葬儀にするために葬儀社と話し合うことが大切です。

大分県で使用できる葬祭補助・給付金とは?

大分県で葬儀を行った際、各自治体に申請することで葬祭費をもらうことができます。

葬祭費とは葬祭を行った人に国や自治体が一定の金額を給付する制度になります。

一般的には葬祭を行った次の日から2年以内に申請を行う必要がありますので各自治体にお問い合わせの上申請しましょう。

大分県民の葬祭補助金額

自治体によって葬祭費の金額が変わる場合もあります。

今回は大分市、別府市、中津市の場合でご紹介します。

国民健康保険(大分市)の場合

大分市国民健康保険の加入者が亡くなられた場合、喪主に対して葬祭費(2万円)が支給されます。

後期高齢者医療制度(大分市の場合)

後期高齢者医療制度に入っている方が亡くなられた場合にはその方の葬儀を行なった喪主の方に葬蔡費として2万円支給されます。

国民健康保険(別府市)の場合

国保の加入者が死亡したときにその葬儀を行った方に2万円支給されます。

後期高齢者医療制度(別府市の場合)

被保険者が亡くなったとき、喪主に対して葬祭費(2万円)が支給されます。

国民健康保険(中津市)の場合

国保の加入者が死亡したときにその葬儀を行った方に2万円支給されます。

後期高齢者医療制度(中津市の場合)

被保険者が亡くなったとき、喪主に対して葬祭費(2万円)が支給されます。

大分県民の葬祭補助手続きに必要なもの

国民健康保険と後期高齢者医療制度に加入していた場合で手続きに必要なものが変わってきますので注意しましょう。

国民健康保険(大分市)の場合

・国保の保険証
・喪主の印鑑(朱肉を使うもの)
・喪主の預金通帳または口座番号の控え
・喪主であることが確認できる書類(会葬礼状など)

※申請は葬祭を行った日の翌日から2年間が期間になっています。

支給時期は請求手続き後、約1ヶ月から1ヶ月半です。

後期高齢者医療制度(大分市の場合)

・喪主の印鑑
・振込先口座の確認できるもの(通帳など)
・喪主であることが確認できる書類(会葬礼状など)

国民健康保険(別府市)の場合

・国民健康保険被保険者証(保険証)
・印鑑
・会葬御礼のハガキ、または葬儀社の葬儀代の領収証
・請求者の銀行口座がわかるもの

後期高齢者医療制度(別府市の場合)

・印鑑
・喪主の確認ができる書類(会葬御礼等)
・口座の確認ができるもの

国民健康保険(中津市)の場合

・亡くなった人の国民健康保険証
・会葬御礼または葬儀社への支払い領収書
・葬祭執行者の印鑑
・葬祭執行者名義の通帳

後期高齢者医療制度(中津市の場合)

・死亡した人の保険証
・申請に来る人の印鑑
・葬祭執行者、法定相続人の印鑑
・葬祭執行者、法定相続人名義の口座情報が確認できるもの(会葬礼状など)

葬祭費の申請を行う際に必要なものは市区町村事少し異なる場合もありますので、詳しくはお住まいの各市町村に問い合わせをして確認しましょう。

大分県民の葬祭補助についての相談窓口

葬祭の補助金申請に関しましてはお住まいの市区町村窓口にてお問い合わせください。

上記で紹介した市について記載いたします。

国民健康保険(大分市)の場合

市民部国保年金課

後期高齢者医療制度(大分市の場合)

市民部国保年金課

別府市の場合

保険年金課

中津市の場合

保険年金課

大分県での葬儀についてのまとめ

葬儀を執り行うにしても様々な費用がかかります、そのためにも事前に終活を行い残された家族に負担をかけないよう、そして家族は故人との思い出を大切に別れができるような葬儀にしていかないといけないでしょう。

また、今回ご紹介したように大分県では仮門を作ってそこに棺を通らせて運び出すという風習が残る地域もあります。

その土地その土地によって葬儀のスタイルが変わるのであらかじめ覚えておくことで落ち着いて葬儀を執り行うことができるでしょう。


日本全国24時間 365日無料相談 03-5843-8506