奈良県で
お葬式(家族葬、1日葬)、火葬
をお探しの方へ

日本全国24時間 365日無料相談 03-5843-8506

必要なものだけを自由に選べる シンプルでわかりやすいセットプラン

奈良県の葬儀施設、火葬場を探す

奈良県の平均葬儀価格は高額?

奈良県の平均葬儀価格は103万円と高額です

「ずいぶん高い」と感じる人が多いと思いますが、内訳はイマイチわかりにくいのが葬儀費用の特徴です。「葬儀会社に薦められるがままに、多くの費用をかけてしまっている」「物品等で高額な価格を支払っている」というのが葬儀費用の現状です。

総額平均103万円 奈良県の一般的な葬儀
やさしいお葬式は、明朗会計、高品質、適正価格を実現した葬儀社です。

高品質・適正価格な「やさしいお葬式」のお得なセットプラン

※火葬料金は別途お客様負担となります。
※各プラン表示価格は事前会員登録価格です。
※ご希望によっては対応できないプランがございます。詳細はお電話ください。

火葬料金の目安

やさしいお葬式をご利用された方の
お客様の声・葬儀事例

2020年06月03日奈良県奈良市 イニシャルM・I

やさしい火葬式

満足度
5

故人:祖母 94歳
◇どこでやさしいお葬式を知ったのか/インターネットで検索しました。
◇なぜやさしいお葬式に頼んだのか/他社と比較して費用が安く感じたので。
◇やさしいお葬式に依頼してよかった点/火葬式プランでお願いしましたが、無理な営業もなく気持ちよく祖母を送ることができました。
◇やさしいお葬式に依頼してよくなかった点/特にありません。

2020年05月19日奈良県橿原市 イニシャルR・I

やさしい家族葬

満足度
4

故人:父 76歳
◇どこでやさしいお葬式を知ったのか/Web
◇なぜやさしいお葬式に頼んだのか/他社と口コミを比較して
◇やさしいお葬式に依頼してよかった点/地元の葬儀社にも相談に行きましたが、コールセンターの人も実際に担当していただいたAさんも非常に良かった。地元の葬儀社に依頼しないで良かったと思ってます。
◇やさしいお葬式に依頼してよくなかった点/コールセンターの言っていることと、担当していただいたAさんの言っていることが若干違うところがあった(許容範囲ではありますが・・・)
◇葬儀会社を選ぶ際のアドバイスがあれば/事前に、地元の葬儀社の対応と比較して良かったです。事前の準備が大事だと思いました。

2020年05月06日奈良県奈良市 イニシャルT・A

やさしい1日葬

満足度
4

故人:父 84歳
◇どこでやさしいお葬式を知ったのか/インターネット
◇なぜやさしいお葬式に頼んだのか/費用面
◇やさしいお葬式に依頼してよかった点/他と比較してないので良くわからないが、担当がよくやってくれた。

2020年05月08日奈良県奈良市 イニシャルT・W

やさしい1日葬

満足度
5

故人:夫 74歳
◇どこでやさしいお葬式を知ったのか/インターネット。
◇なぜやさしいお葬式に頼んだのか/ホームページが見やすかった。
◇やさしいお葬式に依頼してよかった点/コロナ禍で、家族葬にしたが快く引き受けていただきました。
◇やさしいお葬式に依頼してよくなかった点/特にありません。
◇葬儀会社を選ぶ際のアドバイスがあれば/特にありませんが、やさしいお葬式に依頼して良かったです。

2020年04月09日奈良県奈良市 イニシャルS・S

やさしい火葬式

満足度
5

故人:妻 84歳
◇どこでやさしいお葬式を知ったのか/インターネット
◇なぜやさしいお葬式に頼んだのか/いくつか問合せしたサイトの中で、一番金額が安く感じたので
◇やさしいお葬式に依頼してよかった点/非常にスムーズに対応してくれた。
◇やさしいお葬式に依頼してよくなかった点/特になし
◇葬儀会社を選ぶ際のアドバイスがあれば/今回は急なことだったので、急いで息子に色々探してもらった。結果的に満足してるが、時間に余裕があれば事前の準備も大事かと思った。

無料相談ダイヤル!些細なことでもお気軽にお電話ください!

  • ご紹介させていただくお坊さんは全員お坊さんの資格を持った方をご紹介させていただいております。

  • 専属オペレーターならではの強みを活かした「即時対応」が可能です。お電話でお問い合わせ頂けましたら、オペレーターがその場でお答えします。些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

  • 一般的な仏教の宗旨をはじめ、神道、キリスト教の宗教者もご紹介させていただきます。

    *一般的な仏教:天台宗・真言宗・浄土宗・浄土真宗本願寺派・真宗大谷派・臨済宗・曹洞宗・日蓮宗・その他

  • すべてのプランを定額費用でご案内しております。それ以外のわかりにくいお車代、御膳料、お心づけなどの費用は不要となっておりますので、ご安心ください。

FAQ

白木の位牌を2本準備すると聞いたことがありますが、これは何のために準備をするのでしょうか?
この2本の白木の位牌は「内位牌」と「野位牌」と言われています。
「内位牌」は、通常の白木の位牌のことで、お葬式でよく使われているものです。
「野位牌」は昔、土葬が行われていた時代に、墓に置くための位牌だったといわれており、今ではその習慣だけが残っている地域があります。
香典を辞退でも返礼品を準備する風習があると聞きました。
御香典を持参されなかった人でも「足代」として、品物を準備されることが大半です。
高くても1,000円以内のものを準備をする傾向があります。
奈良県での葬儀の注意点を教えてください。
大阪に近い地域にはなりますが、近隣との付き合いが深い地域です。
田舎になるとご近所との繋がりでお葬式が発生すると、手伝いを行う地域が多いです。家族葬と言っても事前に近所の人に報告することも必要になるかもしれません。
奈良県の葬儀場を探す

無料相談ダイヤル!些細なことでもお気軽にお電話ください!

奈良県の葬儀・葬式事情

家族がご病気や事故で亡くなってしまわれた場合、残された遺族はお葬式の準備に入らないといけません。

悲しみに暮れる中、様々な事柄を必要があります。また地域によっては葬儀に風習があり、戸惑うことも多いでしょう。 

このページでは奈良県奈良市で葬儀をあげることになった場合に知っておきたい葬儀に関する基本的な事柄をまとめましたので、参考になさってください。

 

奈良県の葬儀とは?

奈良県奈良市は、710年(和銅3年)奈良時代に平城京が築かれ、古代日本の都として栄えてきました。

そのため東大寺、正倉院、春日大社、郊外では法隆寺など日本を代表する神社仏閣も多く、歴史的な趣のある街です。また奈良公園には自然に囲まれた緑豊かな公園で、園内には約1300頭のシカが放されており、国内外や市民の憩いの場となっています。

令和2年1月1日現在の奈良県の人口は約132万人。奈良市においては約35万人になります。

奈良市には25箇所存在します。公営では1箇所あり「奈良市東山霊苑火葬場」になります。場所は奈良県奈良市白毫寺町973です。

この「奈良市東山霊苑火葬場」は火葬場ですが、敷地内に葬儀場も併設されています。葬儀場の収容人数は約30人なので、家族葬を行うには適切な広さになります。

民営の葬儀場でよく利用されている施設は「正行寺会館」「セレハナ西大寺」「西方寺まんだら坊会館」などです。それぞれ良い口コミも多数あります。それでは各施設の詳細をご紹介します。 

  • 正行寺会館

所在地:奈良県奈良市法華寺町481

アクセス:近鉄奈良線「新大宮駅」南口より徒歩20分

駐車場:約50台

家族葬から大規模な葬儀まで対応可能。安置所あり。 

  • セレハナ西大寺

所在地:奈良県奈良市西大寺赤田町2-3-10

アクセス:近畿日本鉄道奈良線「菖蒲池駅」より徒歩10分(タクシー3分)

近畿日本鉄道奈良線「大和西大寺駅」より徒歩20分(タクシー3分)

駐車場:約3台

様々なプランあり。バイアフリー。安置所あり。

  • 西方寺まんだら坊会館

所在地:奈良県奈良市油阪町434

アクセス:JR大和路線(関西本線)・JR片町線・JR桜井線・JR奈良線「奈良駅」より徒歩7分

駐車場:約40台

約40席の家族葬が主。安置所あり。 

各葬儀場にてお葬式を行った後、「奈良市東山霊苑火葬場」に向かいます。 

奈良県の葬儀/葬式の特徴

奈良県の葬儀の特徴として、葬儀の風習やしきたりはあるのか、を見ていきましょう。

奈良県は人口の流入が少ないといわれている地域です。そのため、ご近所の繋がりが非常に強く、近隣組織なるものが出来上がっています。

それらは一般的に「隣組」「講内」「無常講」「弔い組」などと呼ばれています。ならでは「垣内」といわれご近所の10件ほどの家が集まり組織となりお通夜や葬儀のお手伝いをします。

野位牌

奈良県東部の山間部では土葬の風習が残っています。一般的に位牌は仏壇やお寺の位牌壇に置く四十九日の忌明けに1つだけになりますが、土葬を行う地域ではお墓に置いておくための位牌「野位牌」を用意します。

葬列で喪主は「野位牌」を胸に抱え埋葬された場所(お墓)の上に「野位牌」を供えます。その「野位牌」をそのままにされたり、また四十九日の忌が明けたときに焚き上げられたりします。

門火

京都の葬儀の風習にもあるように、出棺がされるときに、遺族が故人のお茶碗を割る風習がありますが、同様に奈良でも行われます。その時に「門火」(藁を燃やします)を焚く場合もあります。

奈良県の葬儀/葬式の費用/平均相場

奈良市の火葬場は公営では1箇所あり「奈良市東山霊苑火葬場」になります。場所は奈良県奈良市白毫寺町973です。

この「奈良市東山霊苑火葬場」は火葬場ですが、敷地内に葬儀場も併設されています。葬儀場の収容人数は約30人なので、家族葬を行うには適切な広さになります。

「奈良市東山霊苑火葬場」が利用できる条件は、葬儀を執り行う方が奈良市に住所がある、ということです。

火葬場を利用するためには、納骨許可申請書、納骨許可申請書に火葬許可証又は改葬許可証を添えて申請します。

受付窓口は奈良市役所 生活環境課(北棟1階)電話0742-34-3502です。

「奈良市東山霊苑火葬場」の利用料金ですが、お亡くなりになった方の死亡時の住所と年齢で決まります。

・大人(満10歳以上)市内在住:10,000円/市外在住:50,000円

・小人(満10歳未満)市内在住:5,000円/市外在住:25,000円

・死産児 市内在住:2,500円/市外在住:12,500円

です。

無料の控室が完備されています。ちなみに霊安室は有料(24時間以内で市内在住1,000円、市外在住の場合は2,000円)です。 

奈良市内には葬儀場は市内には25箇所ほどあります。

もちろん葬儀プランも多種多様です。参考までに代表的な葬儀プランの相場をご案内します。

奈良市の家族葬にかかる金額は、平均して37万円から、火葬式は13万円から、一日葬においては25万円から、一般葬は30万円程度からになります。

奈良市での葬儀にかかる費用の相場は飲食費や返礼品の費用も込みで約85万円ほどです。 

<h2>奈良県で使用できる葬祭補助・給付金とは?<h2>

奈良県では、お亡くなりになられた方が奈良市国民健康保険または後期高齢者医療制度に加入していた場合、葬祭費として30,000円支給されます。

受け取れないケースもあります。それは亡くなった方の勤務先の健康保険から葬祭費相当のお金の支給を受ける場合です。 

詳しくは、奈良市役所福祉医療課にお問い合わせください。

奈良県民の葬祭補助金額

奈良県奈良市では、国民健康保険に加入していた方がお亡くなりになった場合、その方の葬儀を行った執行人に葬祭費として30,000円が支給されます。 

ただし、その方の生前の勤務先での健康保険から葬祭費(埋葬料など)相当の金額の支給を受ける場合は奈良県国民健康保険からの葬祭費30,000円は支給されません。 

葬祭費を受け取る権利は、葬祭を行った翌日から2年間だけになります。2年間を経過するとその権利は消失されるので気を付けてください。

ちなみに、後期高齢者医療制度に加入されている方がお亡くなりになった場合は、葬祭費は、奈良県後期高齢者医療広域連合から支給されます。申請は市役所福祉医療課または出張所、行政センターで行ってください。 

  • 奈良市役所福祉医療課

〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1

 

奈良県民の葬祭補助手続きに必要なもの

葬祭費の支給を受けるためには葬祭執行人が手続きを行わなければなりません。

葬祭費の支給申請に必要なものとして

・申請書 (奈良市役所HPよりダウンロード、または奈良市役所窓口で用意)

・お亡くなりになった方の国民健康保険被保険者証

・印鑑

・死亡を証明し、葬儀執行人の氏名が確認できるもの(葬儀の領収書、会葬礼状など)

・葬儀執行人(申請者)名義の銀行口座番号の控

をご用意ください。

手続きは、奈良市役所国保年金課、おくやみコーナーおよび出張所、行政センターに申請をしに行ってください。また出向く時間がない方向けに郵送でも受け付けが行われています。その場合は、上記の必要書類を揃えたうえで、国保年金課あてに郵送してください。

  • 宛先

〒630-8580

奈良市二条大路南1-1-1

奈良市役所 国保年金課(国民健康保険)

奈良県民の葬祭補助についての相談窓口

奈良市役所にはご家族等の身内がお亡くなりになった後の様々な手続きの相談窓口として「おくやみコーナー」があります。

おくやみコーナーでサポートしてもらえるのはこちらです。

・必要な手続きの案内

・申請書の作成補助 

おくやみコーナーに相談するためには、電話予約をしてください。もちろん予約なしでも相談は受け付けてもらえますが、予約をした方優先となります。時間を取られたくない場合は、電話予約をしておきましょう。

奈良県での葬儀についてのまとめ

いかがでしたか?奈良市での葬儀にかかる費用は、大阪市や京都市に比べ、格段と安く済ませることができます。葬祭場も多くはないので、その中からじっくりと選ぶことができるでしょう。 

奈良市の葬儀の風習など気にされる場合は、それらを考慮してくれる葬儀屋さんを探しましょう。

山間部の一部では、土葬を行うこともあるので、奈良県での葬儀に参列する際には、事前に確認しておきましょう。この記事がみなさまの参考になることを願っております。


日本全国24時間 365日無料相談 03-5843-8506