【PR】「丁寧なお葬式を適正価格で」驚きの理由とは?
喪服の画像

急な葬儀での服装はどうする?注意点の多い女性の喪服を徹底解説!

急な葬儀で慌てて服や持ち物を用意しなければいけない状況を経験したことがある人は多いと思います。特に女性はパンツスーツやワンピースの他に、アクセサリーやバッグなど注意しなければいけない点が多く、慌てているとマナーに違反した服装になってしまう可能性があります。

そこでこの記事では、注意点の多い女性の喪服や身だしなみについて詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。

葬儀のマナーについては葬儀/葬式のマナー・知識の記事でも紹介しています。

【監修】栗本喬一(くりもと きょういち)

略歴
栗本喬一(くりもと きょういち)
1977年生まれ
ライフエンディングテクノロジーズ株式会社 取締役
株式会社ティア(葬儀社)入社 葬儀ディレクター
支配人、関東進出プロジェクトリーダー
支株式会社おぼうさんどっとこむ 常務取締役

プロフィール

喪服とは?

喪服の女性の画像

喪服とは葬儀や告別式の際に着用する礼服のことです。喪服には種類や男女での違い、注意点があるためいざという時のためにしっかりと押さえておきましょう。

喪服とはなにか?

喪服とは本来、喪に服している喪の期間(喪中)に着用する礼服を指します。今では葬儀や告別式などの際に着用する衣服のことで、男女ともに黒色で、男性はスーツ、女性はワンピースやパンツスーツを着用します。派手な装飾などは避け、無地のものでいわゆるカジュアルな服装や肌の露出は避ける必要があります。

喪服には種類がある

喪服には正喪服・準喪服・略喪服の3種類があります。それぞれの喪服は参列する式や立場
によって着用するものが異なります。正喪服が一番格式高く、略喪服が一番格式の低い喪服です。これらの喪服の種類については、後ほど詳しくご紹介します。

礼服と喪服の違い

礼服と喪服はお互いにスーツのことが多いので混同されがちですが、細かい点が異なるためしっかりと違いを把握しておくことが大切です。

礼服とは?

礼服は冠婚葬祭などの重要な儀式の際に着用する衣服で、フォーマルウェアと呼ばれることがあります。参列する儀式や立場によって着用する礼服の格式は異なります。礼服は正礼装・準礼装・略礼装の3種類で、正礼装が最も格式の高い礼服になります。その中でも喪服は葬儀や告別式などの人が亡くなった際に行う儀式で着用する礼服の一種です。

喪服とは?

喪服には和服の着物もありますが、今ではほとんどがスーツの着用が一般的になっています。そのため、仕事で普段使用しているビジネススーツを喪服と兼用で使用したいと考える人もいるかもしれませんが、ビジネススーツと喪服は仕様が異なるため兼用は避けたほうが無難でしょう。

ビジネススーツと喪服の違いがはっきりと分かるのは色合いと光沢です。喪服は黒色が濃く、ビジネススーツは少し明るい黒のため並べると違いがハッキリと分かります。また、特に高級な喪服であればあるほど繰り返し染色を施しているためより深い黒色になっています。そしてそれぞれのスーツでは使用されている材質が異なるため、光沢の差があります。ビジネススーツは光沢がありますが、喪服には基本的に光沢はありません。

喪服の種類と利用シーン

ハンガーにかけられた喪服

喪服には先ほど紹介した通り正喪服・準喪服・略喪服の3種類があります。ここではそれぞれの喪服の特徴や利用シーンについて解説します。種類によって参列するシーンが異なるため、しっかりと把握しておきましょう。

正喪服

正喪服は喪服の中で一番格式のあるものです。そのため、葬儀や告別式の喪主および三親等までの親族が着用するため基本的には参列者が着用することはマナー違反とされています。着用シーンはお通夜とお葬式、三回忌までの法事法要です。

男性の正喪服にはモーニングコートや和装が挙げられ、女性の正喪服には和装やブラックフォーマル(ワンピースやアンサンブルなど)が該当します。男性の和装は背中と両袖、両胸の5ヶ所に紋が入った紋付羽織袴、女性の和装は染め抜きの五つ紋となります。

ただし、現在では喪主や三親等までの親族の場合でも正喪服を着ることは少なくなってきており、下で紹介する準喪服を着用することが多くなってきています。

準喪服

準喪服は二番目に格式のある喪服になります。正喪服同様にお通夜やお葬式、法事全般で着用可能なため幅広く活躍します。男性はブラックスーツで女性はアンサンブルやワンピース、スーツが該当します。スカートの場合はあまり丈が短いものではなく、ふくらはぎ程度のもので肌の露出は控えめにしましょう。

また、先ほど紹介した通り今では正喪服が着られることは少なく、準喪服が通常の喪服を指すことが多いです。そのため、葬儀に参列する場合や喪主を務める場合でも着用できることが特徴です。

略喪服

略喪服は喪服の中で一番格式の低い喪服になります。三回忌以降の法事や喪主からの案内で「平服でお越しください」などの記載があったような場合に着用します。また、葬儀ではなくお別れ会や送る会などの際にも着用します。

男性の場合はブラックフォーマル以外の黒や紺のスーツ、女性の場合は黒や紺・グレーのワンピースやスーツ、アンサンブルが該当します。

持ち物やアクセサリー、身だしなみ

黒い靴の画像

続いては葬儀の際に身に着けるアクセサリーやアウター、持ち物についてご紹介します。共通して注意することとして、華美な装飾は避けてなるべく地味な色やデザインのものを身に着けるということです。それではそれぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

靴は革製のものは殺生をイメージしてしまうため避ける必要があります。そのため、布製のパンプスで黒色、ヒールはできるだけ低いものにしましょう。葬儀では歩いたり立ち時間が長いことも予想されるので、疲れないためにもヒールは低くて太めのものを選ぶと良いでしょう。そのほかに金具がついているようなものや光沢があるエナメル製のものも避ける必要があります。

コート

コートの着用自体は特に問題はありません。しかし、黒や紺・グレーなどの地味な色を選ぶようにしましょう。また、素材についても注意が必要で、革や毛皮製のものは殺生をイメージしてしまうため避けるほか、ファーがついている場合には取外すようにしましょう。もちろんカジュアルなジャンパーやダウンジャケット、ダウンコートなども避けるようにしましょう。会場に入る前には脱いで手で持つようにして入場することもマナーの一つです。

バッグ

バッグも靴とコート同様に、殺生を彷彿とさせるため革製のものは避けましょう。色は黒でなるべく無地のもので金具がないものが最適です。

黒のフォーマルバッグを持っている場合にはサブバックなども合わせて持参しておくと安心です。

アクセサリー

アクセサリーは、葬儀の場では結婚指輪以外は着用しないのが一般的です。ただし、一連の黒か白のパールネックレスかイヤリング・ピアスは着用しても問題ないとされています。

持ち物(数珠など)

葬儀での持ち物は、香典や袱紗(ふくさ)の他に数珠やハンカチなどが考えられます。

香典

香典に入れるお札は新札を使用しないのがマナーです。香典袋の書き方は宗派によって異なるほか、入れる金額などは自分と故人の関係性によって異なるため事前に確認しておく必要があります。

ただし、薄墨の筆ペンで香典袋には文字を書くようにしましょう。水引の色は白黒で、表書きは仏教の場合には「御霊前」や「御香典」、キリスト教(カトリック)の場合には「御花料」キリスト教(プロテスタント)の場合には「献花料」や「忌慰料」などが使用されます。

また、神道の場合には「玉串料」や「御玉串料」などが使用されます。香典に包む金額の相場は親族の場合は親族との関係性によって異なります。親の場合は50,000円から100,000円、兄弟姉妹の場合は30,000円から50,000円、叔父や叔母やいとこの場合は5,000円から10,000円です。

袱紗は香典袋を包む布のことで、紫色や藍色のものを使用します。

香典ついてさらに詳しく知りたい場合は、「香典金額の相場を完全解説!地域別の金額・書き方・包み方・渡し方も紹介!」「香典の袋の書き方を完全解説!金額相場・書き方・渡し方を紹介!」をご覧ください。

数珠

数珠は男女で大きさなどが異なり、葬儀全般に使用できるものを「略式数珠」と言います。正式に定められている数珠は「正式数珠」と呼ばれ、それぞれ宗派によって形状などが異なります。

浄土真宗では数に定まりはない代わりに房が蓮如むすびになっていたり、日蓮宗は108つの玉で作られています。数珠は自分のお守りがわりになるとされているため、他人との貸し借りは基本的にマナー違反とされています。

髪型

葬儀に参列する場合の髪型は、男女ともに前髪が顔にかからないようにする必要があります。ショートヘアの場合はピンなどで軽く整えるだけで問題ありません。ミディアムからロングヘアの場合には、清潔感のある髪型にするために耳より下で一つ結びにしましょう。

耳より下の理由として、「耳より上は慶事、下は弔事」という言葉があるためそれに則って下にしておく必要があります。三つ編みやヘアアレンジは華やかな印象を与えてしまうため避けておくのが無難です。髪を結う際には明るい色ではなく黒いゴムを使用するようにしておきましょう。

髪色もできれば黒かダークブラウンのような暗い色の方が好ましいとされています。もし金髪などのあまりにも明るい髪色の場合には、葬儀に参列する予定が立ったらすぐに美容室でカラーリングを行うか、市販薬を使って自分で染めるなどの対処をした方が良いです。もし時間に余裕がないような場合には、一時的に黒染めすることができるスプレーなどを利用すれば、金銭的にも時間的にも節約することができるのでオススメです。

メイク

メイクは喪服同様に派手なものはNGです。しかし、大人の女性のノーメイクは逆にマナー違反となるため薄い化粧で参列する必要があります。葬儀でのメイクは「片化粧」と言い、いわゆる薄化粧のようなものになります。ハイライトやツヤ感は避け、ファンデーションを薄く全体に馴染ませる程度に下地は行います。

眉毛は整えるだけにしておき、あまりハッキリとした濃いものは避けましょう。マスカラやチークはラメが入ったものは避け、あくまでも自然なメイクを意識してください。口紅は本来であればつけないことがマナーですが、近年では薄いものであればつけても良いとされています。

ネイルも基本的にはNGですが、透明なものや薄いベージュのものであればつけても良いとされています。ストーンなどの装飾がついたものや派手なカラーリングのものは原則NGです。

喪服を着る時の注意点

喪服を着る上では、可能な限り露出を避けたり着用するものすべて黒色で統一したりと注意点が多くあります。特に夏場は必ず長袖じゃないといけないのか、ジャケットは脱いでも良いのかなどの疑問やパンツスーツはどういうタイミングで着用して良いのかなど様々な疑問についてここでは解説していきます。

なるべく肌を見せない

喪服を着用する際にはなるべく肌を見せないようにするのがマナーです。そのためスカートの丈はひざ上になるようなものは避け、ひざ下からふくらはぎ程度の丈があると良いとされています。また、襟元はしっかりと詰まったもので袖は原則長袖が良いですが、夏場などには五分から七分袖でも問題ありません。

コートやストッキング、ブラウスも黒を選ぶ

喪服はもちろんコートやストッキング、ブラウスも黒を選ぶようにしましょう。素足や肌色のストッキングはマナー違反とされているため、黒の無地のストッキングを着用します。ただし、お通夜の参列では肌色のストッキングでも問題ないとされています。喪服の中に着用するブラウスももちろん黒で、なるべく襟が詰まっているものだと良いでしょう。

夏場の喪服の着こなし

喪服には夏用と冬用、オールシーズン用があるため気温に応じた喪服を選ぶと良いです。また、暑いからといってジャケットを脱いだ状態で参列するのはマナー違反とされていますので、暑い地域に住んでいる方は五分袖から七分袖の喪服を購入しておくと良いでしょう。

そのほかにもぴったりのサイズではなく少し大きめのサイズを選んだり、パンツスーツではなくワンピースタイプを選んだりすると、暑さ対策になるため検討してみてください。

パンツスーツは略喪服になる

パンツスーツの喪服は略喪服に該当するため、三回忌以降の法事や平服での参加を指定された時のような場合には喪服として着用して行ってもマナー違反となりません。

また、寒い地域での参列や高齢者で足の悪い方など、現実的にスカートでの参列が難しいというような場合にはパンツスーツで問題ないでしょう。

さらに近年では葬儀のカジュアル化が進み、あまり喪服についてとやかく言われることは少なくなってきました。特に近親者や身内のみで葬儀を行う家族葬や直葬の場合にはパンツスーツなどの略喪服でも参列が問題ないことが多いです。ただし、あくまでもマナーの部分ですので事前に参列者に確認しておくと良いかもしれません。

子供の喪服

子供は基本的に喪服がなくても葬儀に参列しても問題はありません。子供は成長が早いため、あらかじめ一式買ったとしてもすぐに着られなくなってしまい費用がかさんでしまいます。そのため、私服の中でもなるべく派手ではないものからコーディネートを行い、参列すればマナー違反とはなりません。

学校に制服がある場合

子供が通っている学校に制服がある場合には、制服を喪服として着用し参列します。制服であれば柄や色が入っていても問題ありません。靴はローファーなどの黒い革靴がベストですが、地味な色であればスニーカーでも良いとされています。ただし、サンダルなどのカジュアルなものは避けるようにしましょう。靴下は黒や白などで無地のもの、くるぶし丈や裸足はマナー違反とされているため注意してください。

学校に制服がない場合

学校に制服がない場合には、なるべく地味な色や柄のものを組み合わせて着用するようにしましょう。黒や灰色などである程度柄が入っていても特に問題ありませんし、暑い時期には半袖でも良いとされています。ただし、露出が激しい格好や華美なものは避けるようにしましょう。靴などは制服がある場合と同様に、できれば革靴でなければスニーカーでも構いません。

また、子供がまだ小さい乳幼児のような赤ちゃんの場合には、制服がない場合と同様になるべく地味な服装で靴下も履かせるようにしましょう。また、慣れない環境なので赤ちゃんが式の途中で泣き出してしまう可能性があるので、退出できるようになるべく出口に近いところに座るようにしておくことが大切です。お焼香などの際には同席した参列者に預かってもらうようにしましょう。もし赤ちゃんを連れての参列が不安な場合には、喪主に事前に確認しておくのも良いでしょう。

女性の喪服についてのまとめ

仏花の画像

ここまで女性の喪服についての基礎知識やマナー、注意点について解説してきましたがいかがだったでしょうか。ここでは今までの内容をわかりやすく箇条書きでまとめていきます。

【喪服とは?】
●喪服とは礼服の一種で、葬儀や告別式、お通夜など喪に服す期間に着用する衣服である。

【喪服の種類とシーン】
●喪服には正喪服、準喪服、略喪服の3種類がある。
●喪服と礼服では素材や色が異なるので、別々の服を準備しておく必要がある。
●正喪服は一番格式が高いため、喪主や三親等内の親族が着用するが最近ではあまり着用することは少ない。
●準喪服は最もメジャーに着用される喪服である。
●略喪服は三回忌以降の法事や平服の指定があった時に着用する。

【持ち物と身だしなみ】
●靴やコート、バッグなどは全て黒で金具やエナメル素材はNG。革製のものも殺生を彷彿とさせてしまうためNG。
●髪型はショートの場合はヘアピンで整える程度でOK。ミディアムからロングヘアの場合は一つ結びで耳より下で結ぶ。
●喪服を着用する場合はなるべく肌の露出は避ける。
●ストッキングやブラウスも黒で統一する。
●女性のパンツスーツは略喪服に該当するが、寒い地域や高齢者で足が悪い方などはパンツスーツでも問題ないとされている。
●子供の喪服は制服がある場合には制服で参列しても良い。もし制服がない場合にはなるべく地味な服装で参列すれば良い。

このように葬儀に参列する場合には様々な注意点や守るべきマナーなどがあります。急な葬儀でも慌てないように、いつでも参列できるよう喪服の準備はしておきましょう。

<<葬儀のマナーについてはこちらの記事も多く読まれています>>
火葬式を完全解説!費用・流れ・マナー・香典・一般葬儀との違いを紹介!
葬儀・葬式での故人の撮影はOK?遺体の撮影の可否と撮影のマナーを解説!

仏式葬儀とは?一般的なマナーや葬儀の流れについて徹底解説

今更聞けない葬儀・告別式のマナーと費用を地域別に徹底解説!

 

問い合わせ先の画像

無料資料の請求バナー

 

運営会社

会社概要

会社名 ライフエンディングテクノロジーズ株式会社
Life Ending Technologies Co.,Ltd
https://le-tech.jp/
資本金 11,930万円(資本準備金含む)
代表取締役 白石 和也
取締役 栗本 喬一
設立 2019年9月
所在地 〒105-0004
東京都港区新橋5丁目23-10片山ビル6階
TEL:0120-538-175
FAX:03-6800-5820
事業内容 葬儀関連のインターネットメディアの企画・開発
葬儀関連のシステム開発・運営
葬儀関連のシステム開発・運営
取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行

企業理念

私たちは、誰もが直面する「死」に対し、『真心』と『テクノロジー』をもって本気で向き合い、お客様の悔いのないライフエンディングに全力を尽くします。

やさしいお葬式

「丁寧なお葬式を適正価格で」 ご家族のお葬式や終活に関わる出来事は一生に何回もございません。しかし、必ず身内の葬儀や終活は誰もが経験することであり、家族のお葬式や終活に関する出来事は緊急を要します。緊急性が高いものであるからこそ、事前に備え行動をしておかなければなりません。また日本の各地域に多くの家族経営の葬儀社があり、サービス内容は一律ではございません。葬儀社には相談しにくい葬儀や葬儀以外の終活相談であっても、やさしいお葬式のスタッフは親身になり、ご相談対応をさせて頂きます。地域の葬儀物価の違いはありますが、「やさしいお葬式」は適切な基準、価格を設けご相談者様へご案内をさせて頂きます。

やさしいお葬式監修

葬祭ディレクターとして10年以上培った経験を活かし、多様化する価値観の中でご相談者様にとって
どのようなご葬儀を選択することがよいのかを丁寧にヒアリングさせていただき、ご提案いたします。

お葬式セミナー講師
エンディングコンサルタント
栗本 喬一(くりもときょういち)
1977年 東京生まれ(名古屋育ち)
略歴
母の死をきっかけに葬儀業界に興味を持ち、大学卒業後、大手葬儀社へ入社、家族葬から大規模葬儀まで、幅広くお葬式を葬儀担当者(セレモニーディレクター)として活躍。その後、葬儀会館の店長、新規開拓を歴任。お客様からの「ありがとう」という言葉をいただけることを仕事のやりがいとし、これまでに10年以上、5,000件以上の葬儀現場に立ち会う。
資格等
株式会社GSI グリーフサポート アドバンスコース修了。