納骨にかかる費用を完全解説!相場・内訳・流れ・準備物を紹介!

ご家族が亡くなられ葬儀から火葬までが終わり、一安心したところで次に考えなければならないことは、納骨のことです。

納骨に関わる費用は意外にかかるもので、どういったことにどのくらいの費用がかかるのかあまり知らないという方も多いのではないでしょうか。

今回は納骨にかかる費用相場やその内訳、納骨する際の準備や納骨を終えるまでの流れを解説していきます。

納骨とは

納骨とは

一般的に納骨とは、火葬後に骨壺に納めたご遺骨をお墓に埋葬することをいいます。しかし最近では納骨のスタイルも多様化しています。

ご自分の家にお墓がない場合、新しくお墓の用意をするには、墓地・墓石の費用やその後の維持費など、多額の費用がかかります。

お墓を建てればその後もお世話を代々続けることになりますが、核家族化が進む現代では、お墓を継承してくれる方がいらっしゃらないなどの様々な問題を抱えている場合も多いのが現状です。

そのような中で、お墓に対する考え方が変わってきているため、納骨場所が必ずしも一般的なお墓ということではなくなってきています。

近年では、利便性の高い納骨堂への納骨、故人のご遺骨を自然の中へ返すという考えから生まれた、樹木葬や散骨などの自然葬、家専用のお墓を持たず、寺院などにご遺骨を納骨し供養していただく永代供養など、お墓へ納骨して亡くなった故人を供養する以外にも様々な納骨方法が選択されています。 

納骨方法については、親族が多い場合には意見が分かれ、トラブルが発生する可能性もあるため、しっかりと話し合うことが望ましいです。

また、生前から納骨方法を考えておき、家族と話しておくことも必要になってきています。 

納骨の時期

納骨の時期は、そのご遺族やご家庭の事情により違ってくるもので、いつ納骨しても問題はありません。

お墓には、墓地埋葬法という法律が適用されますが、その法律にも特に期日が定められているという事はありません。

先祖からのお墓がある場合や、新しくお墓を建てて準備が整っているのであれば、火葬後すぐに納骨して供養します。

ご遺族によっては、大切な方が突然に亡くなられてしまった場合など、悲しみのあまり、亡くなった故人と離れがたく、すぐに納骨してしまうのが辛いと考え、しばらくの間、ご自宅でご遺骨を安置されるという方も少なくありません。 

また、お墓がなく用意しなければならないご家庭では、葬儀後すぐにお墓の準備まで行うのは大変なので、準備が整うまでご自宅や菩提寺の納骨堂に安置しておくケースもあります。

納骨を行う時期は、一般的に故人の法要に合わせて行われることになっています。 

四十九日後のタイミングであれば、百箇日法要や、一周忌、三回忌で納骨することが多いです。

お墓がすでにあるのであれば、四十九日法要を行うのと同時に納骨を行う方もいらっしゃいます。

納骨式とは

納骨するときには、仏式であれば法要を行います。

お墓や納骨堂などにご遺骨を納めるときに、僧侶に読経していただき御焼香などを行う儀式で、「納骨式」や「納骨法要」と呼ばれます。 

火葬後のご遺骨をすぐに納骨することもありますが、葬儀後に日を改めて、僧侶や親族などを招いて法要することもあります。

ちなみに、神式での納骨は、「納骨祭」という名前で執り行われます。死後50日目にあたる、五十日祭と同時に行われることが多いです。

納骨までの流れに違いはありませんが、お供え物が「神饌」と呼ばれる決まったものがあるなど、準備には多少の違いがあるでしょう。

納骨にあたって準備すること

手続き・必要書類の手配

納骨を行うには、必要書類を用意して手続きを行わなければなりません。

必要書類は、「遺骨埋葬許可証」、「墓地使用許可証」または「受入許可証」です。

まず火葬を行う時には、死亡届提出時に役所から発行される、火葬許可証が必要です。

その火葬許可証に、火葬場で火葬済である旨の押印をされたものが渡されます。

その「押印された火葬許可証」が「遺骨埋葬許可証」となります。

故人が亡くなられてからどこで火葬されたのかがはっきりしているご遺骨でなければ、お墓に埋葬することはできません。

また、墓地などに納骨するには、その管理者から発行される「墓地使用許可証」が必要です。

そのほか納骨堂に納めていただく場合などでは、寺院や霊園の管理者から発行される「受入許可証」が必要です。 

お墓の準備

納骨をするためには、納骨場所が必要です。

お墓への納骨であれば、ご遺骨を納めることが可能なお墓がどこにあるのかなど、確認しておく必要があります。

また、これからお墓を建てて納骨を行うということであれば、墓地を探すことから始めることになるでしょう。 

墓地には、公営墓地・民営墓地・寺院墓地があり、公営墓地であれば、比較的費用が抑えられるといわれますが、申し込んでも抽選となることもしばしばあるため、まず自宅から近くの墓地で募集しているのかなども確認しましょう。

民営墓地では価格が割高ですが、すぐ契約できる可能性が高く、決まりやすいといえます。 

寺院墓地については、お寺の境内に墓地があるのであれば、入る事が可能な場合があります。

寺院墓地を利用したいのであれば、菩提寺など寺院の住職に相談するようにして下さい。

墓地が決まった後は墓石を建てることになります。

墓石代の費用相場は120万円から175万円程とも言われますが、デザインや石材、お墓のサイズや購入する地域によって価格に差があります。

墓石が完成するまでには時期や状況にもよりますが、約3ヶ月ほどかかります。納骨までに間に合うように申し込みしましょう。

また、墓石代とは別に墓地使用料や、管理費用などもかかりますから、お墓を建てるために必要な総額は約200万円〜になると見込んでおいた方がよいでしょう。 

このように、新しくお墓を建てて納骨するには、墓地選びから墓石、かかる費用についてなど、検討すべきことがたくさんあります。準備は早めに取りかかるべきでしょう。

寺院への依頼

納骨を行うときは、僧侶をお招きして納骨式を執り行います。葬儀時のように、納骨式の日取りは、寺院や僧侶の都合も考慮しておかなければなりません。

土曜や日曜の方が親族が集まりやすいため、法要を行うことを希望する檀家の方も多いです。早めに連絡しておいた方が、希望の日にちに合わせてもらいやすいでしょう。 

火葬後すぐに納骨するのでなければ、いつの法要に合わせて納骨式を行うかなど、あらかじめ相談しておくと安心で良いのではないでしょうか。

また、新たにお墓を建てて納骨するには、「納骨式」と「開眼法要(かいげんほうよう)」を一緒に行うことが一般的です。

同じ日に執り行うとしても、開眼法要は納骨式とは別の法要であり、その分も僧侶に読経していただくことになりますから、その旨を寺院にもお伝えしておく必要があります。

納骨当日の流れ

納骨式が仏式で行われる場合、一般的に納骨当日は以下のような流れになります。 

・遺族代表あいさつ

・納骨

・僧侶による読経と御焼香

・お供え

・僧侶へ御布施をお渡しする

・会食 

納骨当日は、遺族代表があいさつを行うことから始まり、納骨、僧侶の読経、その後納骨式に参加した親族や僧侶を集め会食を行うのが一般的です。

納骨式を行う時期や規模で若干進行が異なります。

遺族代表のあいさつは、喪主や施主が行うこと多いです。故人への思いや、法要に参加していただいた方への感謝の気持ちを伝えます。

その後、納骨となります。お墓に納骨する場合には、お墓の形状によって、石材業者に頼んでおかないと納骨できないことがあります。

お墓には遺骨を納めるための「カロート」と呼ばれる部分があり、簡単には開けられない場合もあるのです。石材業者への連絡も忘れずに済ませましょう 

納骨が終わったら、僧侶からの読経があります。

僧侶が読経している間に、参列している方へ焼香するように促してくださいますので、その時に、喪主や施主、その他近親者から順に御焼香します 

納骨式は、参列者の数にもよりますが、全体で約30分から1時間ほどで終了します。

また四十九日や一周忌などの法要と合わせて行う場合には、それぞれの法要は、別で読経されますので、もう少し時間がかかることもあります。

納骨式が終わり次第、用意しておいた供物を供えます。お供えした物はその場で頂くか、分けて持ち帰る事が多いです。

僧侶には謝礼として、御布施をお渡しします。納骨の場所が寺院から離れていて、僧侶が離れた場所から来てくださっている場合には、御車代も包んでお渡ししましょう。

その後の会食に僧侶が参加されない場合には、御膳料もあわせてお渡しします。

会食の場には故人を思い、遺影を飾ることもあります。会食の場を用意することは、ご遺族が参列してくださった方への感謝の気持ちを伝える事でもあります。

納骨式に参列された方々は、出来るかぎり会食にも参加して、食事をとりながら皆さんで亡くなった故人を偲ぶと良いでしょう。

会食終了後、引き物をお渡しして解散します。

納骨の服装・マナー

服装

納骨の際の服装は、喪服を着用しなければならない時期と、そうでない時期、どちらにその納骨式が行われるのかによって異なります。 

故人が亡くなってから、四十九日まで遺族は喪中ということになりますから、喪服を着用します。

その期間に行われる納骨であれば、参列者も葬儀時と同じように喪服を着用することが基本です。 

四十九日以降に執り行われる納骨では、喪服を着用することは少ないでしょう。

ただし、地域の風習やその家庭ごとの習わしもありますから、親族に確認しておいた方が安心です。

四十九日以降で平服での納骨を執り行う場合ですが、基本的にダークな色合いの、黒や濃いグレーの服を選ぶようにし、派手なアクセサリーなどは付けないようにします。 

また、参列者は施主への敬意を払うためにも、なるべく他の親族と格式の合うような服装を心がけなければなりません。

子供が参列する場合にも、同様に地味な色味の洋服を着せるようにします。学生であれば制服でも構わないでしょう。

小さなお子さんはなるべく装飾の少ない洋服である事が好ましいです。

マナー

納骨を行う際には、僧侶への謝礼や、お墓に供える供物やお花、施主であれば納骨式のはじめにごあいさつがありますから、文面のメモなどを忘れずに持参しましょう。 

僧侶への謝礼は「御布施」や「御車代」、「御膳料」などを用意しておきます。

読経していただくための御布施、お墓が寺院から離れた場所にあるのであれば、お墓までの交通費として御車代、そして僧侶が納骨後の会食に参加しないのであれば御膳料を準備しておきます。

事前に会食に参加されるかどうか、確認しておくとよいでしょう。

御布施などを包む封筒は白い無地のものを選びます。二重になっている封筒は、不幸が重なることを思わせると言われ、使わないのがマナーです。

表書きは通常の黒い墨で書くようにします。 

また参列者であれば香典を持参していくことになります。

香典には表書きをしますが、仏式で四十九日より前に行われる納骨式に持参する場合は「御霊前」と書きます。四十九日以降であれば「御仏前」、「御香典」と書きます。

表書きは、葬儀の場合は薄墨で書きますが、納骨式では、通常の黒い墨で書くのがマナーです。

宗派によって違う場合もありますから、どのようにするべきなのか分からない場合はあらかじめ確認しておき、失礼にあたらないように準備しておくべきでしょう。 

また、参列者が納骨後の会食に参加する場合では、その費用を負担するのがマナーです。 

お礼状

納骨をする際には、親戚や故人と親しかった友人・知人に参列していただくことになります。

参列者から香典やお供え物をしてもらい、何かと手伝ってもらうこともあるでしょう。

そういった方々に、返礼品をお渡しするときに、一緒にお礼状を添えて、感謝の気持ちを表すことになります。

もちろん納骨式に出席できずとも、供物料を送っていただくなど故人を偲んでいてくださる方にもお送りします。

このお礼状の文面にも、お送りする方へ失礼にならないように配慮することが大事ですので、書き方の文例やマナーを知っておくことが必要でしょう。

お礼状は、施主が感謝の気持ちを伝えるためのものですから、手書きが一番丁寧ではありますが、納骨式に参列した多くの方に、一枚一枚手書きをするのは非常に時間がかかります。

あらかじめ印刷業者などに依頼して、印刷してもらうことも考えておきましょう。 

お礼状の書き方・文例

お礼状を書くときには、以下のような内容を入れておくようにしましょう。

・参列してくださったことや、お供え物に対するお礼

・納骨式が無事に終了したことの報告

・生前に故人がお世話になったことへの感謝の気持ち

・略儀でのあいさつで済ませることに対してのお詫び 

上記のような内容を文章にして書きますが、書く際にいくつか守るべきマナーがあります。

文面は基本的には縦書きで書くようにします。また、法要などに関するお礼状では、文の中に繰り返し言葉や、句読点を使うのは避けましょう。

滞りがなく式を終えるという意味で、文章を区切る句読点は使いません。

不幸を繰り返すという連想がされるような、繰り返し言葉も使わないようにします。

他にも、故人のお名前の書き方などにも気を付け、敬語を正しく使うようにするなど、注意点があります。

自分が丁寧だと思って使った言葉も、納骨式のお礼にはふさわしくないこともありますから、自分でお礼状を書く際には気を付けましょう。

お礼状の文例としては、以下の通りとなります。 

謹啓

亡夫○○儀

死去に際しましてはご丁寧なお心遣いを賜りましたこと誠に有難く厚く御礼申し上げます

おかげをもちまして 〇月〇日に納骨式を滞りなく済ませることができました

御納骨を無事にできましたのも 皆様のおかげであると感謝致す次第でございます

あらためまして故人が生前に賜りましたご厚誼に対し感謝申し上げますと共に私共に対し今後も尚一層の御指導を賜りますよう心からお願い申し上げます

略式ながら書中を以てご挨拶申し上げます

謹白

令和〇年〇月〇日

納骨に関する費用の内訳と相場

墓石の開閉費用

納骨をお墓にするときは、カロートと呼ばれる納骨場所を開けてご遺骨を埋葬することになります。

カロートの開閉作業は、簡単に開閉できる場合であれば一般の人でも作業可能ですが、石材業者に依頼することも多いです。

その際に必要な費用相場は1万5千円から3万円ほどとなります。

自分で開閉できるかどうか前もって確認しておき、石材業者に依頼しなければならないのであれば、納骨の日取りが決まったら早めに予約の連絡をしておくと良いでしょう。

墓石への彫刻費用

納骨する墓石には、故人の亡くなった年、名前や戒名をあらかじめ彫刻してもらいます。

その時にかかる彫刻費用は1万5千円から5万円ほどです。

生前に名前を刻んである場合は、文字が赤く塗られており、その故人が亡くなられてお墓に入る時には白く塗りなおすことになります。

その場合、塗りなおすのに費用もかかることになりますから、納骨する前までに石材業者へ依頼しておきましょう。

お布施・謝礼

納骨をするときには、僧侶をお呼びして納骨式を執り行います。読経していただき無事に法要が終わった後、感謝の気持ちとして御布施をお渡しします。

納骨式の御布施は2万円から5万円が相場となっています。また、法要を寺院以外の場所で行うときには御布施以外にも御車代として5千円から1万円程度包みます。

また納骨後に会食を行うことも多いですが、そこに僧侶が多忙で来られないなどという場合では、5千から1万円程度を御膳料として包んでお渡しすることになります。 

また、新しくお墓を建てて、そのお墓に納骨する場合は「開眼法要(かいげんほうよう)」というものもあわせて行われます。

この開眼法要はお墓を建てたときや仏壇を新しく購入した場合に、そこに仏様の魂を入れ込むものとされます。これは納骨式とは別の法要となります。

御布施以外に、「開眼御礼」として僧侶へお渡しします。

このほかにも納骨と同じタイミングで回忌法要を行うのであれば、その御布施も必要になります。

一つの法要に対して、3万円程度が費用相場となりますから、用意し忘れないように気を付けましょう。

法要場所の利用料

自宅で法要を行うならばかからない費用ですが、霊園や寺院などの法要室を借りて法要を行う場合には、部屋の使用料が必要になります。

霊園の法要室の使用料はおよそ1万円から3万円が相場です。寺院を利用する場合の費用は、寺院ごとに違いがありますから、利用する前に住職に聞いてみるとよいでしょう。

会食の費用

納骨のあとでは、故人を偲んで会食を行います。会食を行わなくともお弁当を準備しておくのが一般的です。

食事やお弁当は予約をしておかなければなりませんので、事前に参列してくださる方の人数を確認しておきます。 

料理には祝い事で使われるエビやタイなどの食材が入らないよう、予約をするときには、法事の後の会食であることを伝えて配慮してもらうようにしましょう。

親族だけで会食となる場合の費用相場は、1名3千円から5千円となります。

親族以外の知人や関係者も参加する会食となるならば、1名5千円から1万円が相場です。またお弁当を用意するのであれば、1食5百円から2千円が相場となります。

その他

その他、納骨に関する費用はさまざまあります。

宗派によりますが、卒塔婆(そとうば)と呼ばれる供養のために、細長い木の板に戒名・命日・経文・梵字・施主名などを書いたものを用意することがあります。 

寺院に頼んで卒塔婆を用意してもらうことになりますが、1枚およそ2千円から1万円程になります。

費用はその寺院ごとに違いがありますから、直接確認されるとよいでしょう。

また納骨のときに必要になるのが、ろうそくや線香、お花やお供え物です。お花は一対二束で費用は5千円から1万円程です。

お供え物は故人が生前好んでいたお菓子や果物、ジュースやお酒を用意することになります。

最近ではカラス対策や害虫を防ぐために、その場で頂くか分けて持ち帰ることが多いでしょう。お供え物の費用は千円から5千円程度です。

納骨堂の費用相場(地域別)

納骨堂は、ご遺骨を納めるための屋内型の施設です。

お墓は必要ないと考えられる方や、お墓を建てるのが難しい場合、お墓を建ててもその後継承する方がいない場合などに利用されることが多いです。

納骨堂ごとに規模や供養の方法もいろいろあり、サービスやオプションなども違いがありますので、きちんと確認してから選ぶと良いでしょう。 

納骨堂ではその特徴などで利用する際の金額相場が違ってきますが、全国的な平均価格は60万円程となっています。 

納骨堂のタイプには、主に仏壇型、位牌型、ロッカー型、自動搬送型などがあり、決まった区画に納骨します。

位牌型では、省スペースであるために低価格にて利用できることが多いです。

また最近ではコンピューター制御による、自動搬送型の納骨堂が話題ですが、最新式の技術を使用しているので、費用相場は他の形式の納骨堂よりも比較的高いといわれます。

費用の内訳は、納骨堂使用料、開眼法要料、管理費といったものがあります。

納骨堂のタイプ別での費用は、比較的安価な位牌型で10万円程、個別のカギがついているロッカー型のタイプでは20万円程、仏壇型のものでは30万円程、自動で搬送されてくるタイプのもので50万円から100万円程となっています。

費用内訳には、永代供養が出来る納骨堂であればその費用がプラスされることもありますし、維持管理費は別で年間1万円程度かかります。

寺院が管理している納骨堂ですと、多くの場合は寺の檀家になります。

入檀料として10万円から30万円程かかり、その後も檀家料(維持費)として5千円から2万円程度かかります。

また、納骨堂を利用する際の費用は、その立地により差があります。

マンションやテナントなどと同じように、地価に比例した金額となるためで、交通の便がよい首都圏などの都市部で、駅が近い納骨堂では費用が高額になります。

東京都内では納骨堂が非常に多いですが、低価格なところでは30万円より利用可能な場所もあります。

北海道には屋内ガーデニング型という特徴の納骨堂があり、区画によって120万円から利用可能です。このようにどこの地域なのかだけでなく、システムの特徴などでも費用には差があります。 

納骨費用を安く抑える方法

納骨費用を安く抑えるために、お墓を建てずに永代供養(えいたいくよう)をする方も増えてきています。

古くから、お墓は親から子へと代々受け継がれていくもので、継承する家族が長年守っていくものだとされてきました。

しかしながら現代では、核家族化やさまざまな考え方が生まれたことで、お墓を必要としないという考えの人たちもいらっしゃいます。

お墓の継承者がいない方も増えているなど、さまざまな理由から、霊園や寺院が家族に代わって墓守をして供養を行う、永代供養が選択されるようになってきています。

一般的なお墓は、その家ごとで専用に墓地や墓石を準備することになりますが、永代供養はひとつの墓碑を共同で使用し、他の家の方のご遺骨と一緒に埋葬されます。

ご遺骨の供養は、お彼岸とお盆に合同供養を行ってもらえます。

供養方法が気になる方は確認しておくと安心です。

また、近年は永代供養でも、一般の墓のように個別にお墓を建てて納骨する方法や、同じ場所に埋葬して、ご遺骨はそれぞれの方ごとに個別で納められるといった様々な安置方法が選べるようになっている場合があります。

安置方法により費用も大きく違ってきますから、ご自分の希望にあった形を選びましょう。 

永代供養での埋葬は、合祀(ごうし)や合葬(がっそう)などといわれ、ひとつの墓碑を共同で使用している場合には、そのお墓に家名がありません。

この場合墓碑や墓誌に、誰が埋葬されているか分かるように戒名などを彫刻します。

このように自分でお墓を建てることなく納骨できるため、費用を抑えることが可能になります。

通常、お墓をもっていると納骨した後も、管理費などが常にかかりますが、永代供養は契約のときの費用だけで済みますし、その後の管理に費用などはかからず、霊園や寺院にお任せすることができます。 

契約時の費用は、永代供養料、納骨法要のための御布施、墓碑への彫刻料といったものになります。

永代供養料は10万円から、彫刻料は1万円から3万円程が相場です。

一般のお墓を建てようと思えば100万円から200万円と高額な費用が必要になることを考えると、かなり費用が抑えられることになります。 

宗派による費用の違い

宗派によって納骨に関する費用の差は、さほどありませんが、同じ仏教であっても葬儀の形式やお参りの方法の違いから、費用も多少かわってくることがあります。

浄土宗や日蓮宗では、卒塔婆(塔婆)を建てる習慣があり、納骨の際には、寺院に依頼し用意してもらいます。

その費用は寺院ごとに1枚の費用が違います。

2千円から1万円が相場ですので、浄土真宗など、卒塔婆を建てる習慣がない宗派に比べると、プラスで費用がかかることになります。

ちなみに、卒塔婆は故人の供養を目的としたものになりますから、浄土真宗の教えで、阿弥陀様によって故人は亡くなってすぐに成仏できるので、その後の供養は必要ないので卒塔婆も建てる必要がないのです。 

その他の納骨形式と費用について

自然葬

最近では自然葬と呼ばれる、海や山などの自然にご遺灰を還すというのも、供養の方法の1つとなっています。

さまざまな方法がありますが、樹木葬等は自然葬にあたります。

樹木葬は、一般的なお墓が石の墓碑であるのに対し、樹木を墓碑にするものです。霊園内に区画分けされた場所がありそこに埋葬するのが一般的です。

ご遺体を火葬して埋葬するので一般のお墓を持つのと、特に変わりはありません。

登記上、墓地である場所の樹木を墓碑にして埋葬するのは問題ありませんが、通常の土地にある樹木に埋葬すればそれは違法にあたります。

必ず決められたところで樹木葬をしなければなりません。

樹木葬の費用は一般的に、個別埋葬で20万円から80万円、共同埋葬で5万円から20万円、里山型では50万円となっています。 

その他の自然葬としては、日本ではあまり見られませんが、海外では風葬・鳥葬・水葬などと言われる葬法もありその方法はさまざまです。 

自然葬は、一般のお墓を建てて先祖代々、家族が継承して供養していくのではなく、亡くなった故人だけを供養することになります。

近年のお墓をもたず供養したいという時代の流れにもあった方法なのかもしれません。

一般のお墓であれば継承者がいなくなった場合に、墓じまいを行えば石材を運び出すなど手間がかかります。

しかし、樹木葬では納骨してしばらくたってから永代供養することも併せて考えられているということもあります。

墓碑が樹木であるため一般のお墓に比べて手間はかからないでしょう。

エコ活動や自然を見直す機会も増えた近年、自然葬を利用する方はさらに増えるかもしれませんね。

散骨

自然葬の中の1つに散骨があります。最近では散骨の方法は増えており、海洋葬や空中葬などで行われ、お墓を持たずに供養を行う方法として、近年注目を集めています。 

海洋葬では、海の沖に出て、ご遺骨を細かく砕きパウダー状にしたご遺灰を船上から撒く散骨という方法です。

墓標はありませんが、家族が船に乗り合わせその上で儀式を行うこともあります。

水は全ての生命の源であるという考えがあり、海洋葬は自然志向の強い人たちから人気があります。

海洋葬は、民間企業でサービスを行っていて、船を貸し切って一組で乗船する個別散骨や、乗り合いで数組が乗船する合同散骨、遺族が直接海に出るのではなく、業者へ頼んで海上で散骨を行ってもらう委託散骨などがあります。

費用については、個別散骨で20万円から40万円程度、合同散骨で10万円から20万円程度、委託散骨では5万円から10万円程度となっています。

空中葬は、ヘリコプターで空から海上へ散骨を行う方法や、ロケットにのせてカプセルに入ったご遺灰を宇宙に放出する宇宙葬という方法、気球にご遺灰を載せて空へ飛ばすバルーン葬という方法などがあります。

バルーン葬は、地球の成層圏まで到達し空中にご遺灰がまかれることになり、故人に宇宙から子孫を見守っていただくということになります。バルーン葬の費用は25万円程となっています。

散骨には、各自治体によっては条例が設けられているところもありますが、いまのところ法律での定めなど明確な決まりがありません。

ただし、ご遺骨のまま撒いてしまうことは法律に触れることもありますから、節度をもって執り行うべきです。

個人で散骨を行うことも不可能ではないですが、さまざまな業者がありますから、散骨をお考えの際は相談してみるとよいでしょう。 

納骨をしない(手元供養)

お墓を建てずに供養したい、大切な方が亡くなってすぐにご遺骨と離れたくない、といった方々の気持ちから、お墓に納骨を行わない手元供養も注目されつつあります。

ご遺骨は、必ずしも納骨されなければならないという決まりはありません。

子供に世話を掛けたくないという親心から生前より手元供養を選ばれる方や、お墓を守るのが難しい転勤族の方なども手元供養を選ばれることがあります。

また、親族が離れて暮らしている場合に、分骨したいという理由からということもあります。

手元供養は、ご遺骨すべてを自宅で保管しておく方法と、ご遺骨を少しだけ手元に残し、ペンダントや小さめの壺などに入れておく方法があります。

分骨は法律上なにか問題になるようなことはありませんが、ご自宅の庭にお墓を作って手元供養とするなどといったことはできません。 

いくらご自分の土地であっても、墓地以外の場所にお墓を作ることは法律で禁じられています。

また、ご遺骨を分骨してしまうと、故人が成仏できないのではないかと心配される方も中にはいらっしゃいますが、地域によっては、もともと分骨する習慣があります。

手元供養では、証明書の費用、粉骨する費用、手元供養品に対する費用などがかかることが考えられます。

分骨する際の証明として分骨証明書があります。分骨証明書は絶対に必要なものではありませんが、火葬場で発行してもらえます。

分骨する数の枚数分、分骨証明書を発行してもらいますが、費用は1通数百円です。

手元供養をおこなったものの、あとからお墓に埋葬したいと考えなおしたときには必要になるものですから、発行してもらい保管しておくとよいでしょう。

また、手元供養のためにご遺骨を粉骨するということもあるでしょう。

これを専門業者へ依頼すると1万円程度の費用がかかります。特に費用に差があるのが、手元供養品です。

手元供養品にはかなりの種類があり、金額もさまざまです。よく使われるものとして、ミニ骨壺があります。

デザインも豊富にあり、白無地のシンプルなもので千円程度、模様が入ったカラフルなものであれば数万円するものもあります。

そのほかペンダント加工されることも多く、その素材によって1万円から10万円程度とかなり費用にも差がでます。

このように手元供養では費用に差はあるものの、お墓を建てて納骨するよりも費用を抑えることができるでしょう。

納骨と納骨費用についてのまとめ

納骨には、納骨式にかかる費用、新たにお墓を建てるのであればその費用など、いろいろとお金がかかるものです。

納骨の前には葬儀も行っているわけですから、故人を供養するまでには、それなりにお金が必要になります。

近年では「終活」をする方も増え、納骨の方法も家族単位の考え方から、個人が選ぶものという風にもなってきています。

それぞれの方々がそのライフスタイルに合った方法で故人を供養できる時代でもありますから、生活や経済状況に合わせて選ぶこともできるでしょう。

ただ親族が多数いらっしゃる場合には、選んだ納骨方法によってはトラブルになるということもあるかもしれませんから、しっかりと話し合った上で納骨を行いましょう。

  • 超高齢化多死社会を迎える中、今の時代に必要なのは、ご遺族の状況に応じたプランをご提案することです。
    厚生労働省認定1級葬祭ディレクターとして、これまでの画一的な「一般的な葬儀」を一から見直し、必要な人に、必要なお葬式を自由に選んでもらうためのプランを作成しました。
    後悔のないお葬式を執り行いたいけど、シンプルなお葬式でいい。そんな方はぜひお気軽にご相談ください。

ジャンル一覧

同じジャンルのコラム

新着コラム