国分寺市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

日本には冠婚葬祭において様々なマナーが存在し、いずれも古くから続けられてきた風習であり文化とも言えます。

葬儀においても同様にそれぞれの地域によって様々なマナーや風習が存在します。

今回は東京都国分寺市でお葬式をされる方は、どこでお葬式をされているのか、また葬儀費用はどのくらい掛けられているのかを調べました。

国分寺市の葬儀とは?

東京都国分寺市は小金井市、立川市、府中市、国立市、小平市と隣接しており、JRと西武鉄道が利用できる利便性が魅力です。

大きさは東京都千代田区とほぼ同じ大きさで、およそ12万人の人が生活しています。

家賃などの住宅事情も「23区内に比べると安い」「住みやすく治安が良い」と、駅周辺の環境の良さから納得している住人も多いようです。

また、駅周辺には東京経済大学があり、少し離れた場所にも東京学芸大学があることから、学生をターゲットに家賃を安めに設定したお部屋も多いため、若年層も多く住んでいます。

日本の宇宙開発発祥の地としても知られ、小惑星イトカワの岩の一つに「国分寺」という名前もつけられています。

国分寺市の葬儀/葬式の特徴

そんな国分寺の葬儀はどのような特徴があるのでしょうか。

東京都国分寺市には約10の斎場がありますが、火葬場は市内にはありません。

火葬を行う際には府中市にある「多磨葬祭場」を利用する方が多いようです。

府中市や立川市などの近隣の市には他に公営の火葬場もありますが、国分寺市民には条件が付加されるため、利用は状況次第となります。

葬儀の規模は国分寺市をはじめ都内では葬儀の小規模化が進み、かつシンプルなスタイルの葬儀選ぶ方が多く人数の少ない家族葬を選ぶ方が増えているようです。

東福寺むさしの斎場

東京都国分寺市で最も知名度の高い斎場は、西恋ヶ窪にある「東福寺むさしの斎場」です。

この「東福寺むさしの斎場」は寺院が運営する貸し斎場で、敷地内には3つの斎場があり、本堂・むさしの斎場・第二斎場など、人数にあわせて式場の選択ができ、家族葬から社葬のような規模の大きい葬儀も行うことができます。

本堂では約60名、むさしの斎場では60名〜100名、第二斎場では約40名まで収容することが可能です。

宗旨・宗派を問わず利用することができ、エレベーター・バリアフリー・床暖房などの充実した設備で参列されるご高齢の方にもやさしい設計の斎場です。

交通アクセスも良好で、JR中央線・武蔵野線「西国分寺駅」から徒歩3分と駅からも近い場所にあります。

駐車場は3会場の共有利用となりますが、120台ほど駐車できるので車での参列も可能です。

祥應寺 きわだ斎場

本多にある「祥應寺 きわだ斎場」も国分寺市内では知名度のある斎場として知られています。

「祥應寺 きわだ斎場」は1717年に創建された祥應寺の貸し斎場で、都会の喧騒から離れた落ち着きのある場所にあります。

家族葬から社葬まで幅広く葬儀をすることができ、宗派や宗旨などを問わないので安心して利用することができます。

設備は式場(椅子100席)、会食室(50名収容)、親族用控室、霊安室、コインロッカー、AED、冷暖房完備となっており、不自由することなく利用可能です。

境内にテントを設営できるスペースもあるので、社葬など大型の葬儀を行う場合より多くの来賓に対応することができます。貸布団を用意すれば最大5名ほど宿泊することもできます。

交通アクセスはJR中央線「国分寺駅」から徒歩8分で、参列者の方も歩いて斎場まで行くことができ非常に便利です。駐車場もあるので車で参列することも可能です。 

国分寺市内ではありませんが、前項で紹介した府中市にある「多磨葬祭場」を利用する方も多いようです。

理由としてはやはり火葬場を併設しているため移動の手間やハイヤーなどのコストがかからないためだと思われます。

国分寺市の葬儀/葬式の費用/平均相場

最近は家族葬が主流になり、全国的に葬儀/葬式の小規模化、低価格化が進んでいます。

東京都国分寺市の葬儀/葬式の費用の相場は、直葬(火葬式)15〜25万円、家族葬が40〜100万円、一般葬は50〜140万円程度となっており、直葬(火葬式)も家族葬も一般葬も23区や近隣の市と比べても平均的な金額かやや安い金額で葬儀ができますが、金額の幅が広いため葬儀社とよく話し合いプランを決めることをお勧めします。

近年では「低価格で抑えたい」という要望も多く、通夜や告別式などを行わずご遺体を直接火葬場に運び、翌日以降に火葬する直葬(または火葬式)が増えているようです。

しかし直葬には祭壇も無くお別れの時間も少ないためトラブルも多く、中には菩提寺との揉め事に繋がることもあるため葬儀社の方とよく話し合って決めるのが良いでしょう。

直葬で気をつけなければいけないことは他にもあり、法律で「亡くなられてから24時間以内は不可」とされているため、御遺体を安置しておく場所が必要になります。

都内は火葬場も少ないため火葬場の状況によっては1週間ほど待たなければいけない場合もあります。そういった場合安置しておく場所として御遺体ホテルを利用するケースも考えられます。

直葬以外で葬儀/葬式の費用を抑えたい場合には「市民葬儀」を利用することもでき、故人または親族が市内に住んでいれば、安価な料金で葬儀/葬式を行うことができます。

冠婚葬祭費をあらかじめ積み立てる互助会のシステムを利用するのも価格を抑える方法の一つです。

また、東京都国分寺市には基本的に落ち着いた価格プランを提案する葬儀屋/葬儀会社も多く、料金体系やサービス内容をしっかりと判断して選択を行えば、葬儀費用を賢く抑えることができます。

ただし、あまりにも安価すぎる費用の提示を行う葬儀社は追加費用がどれくらいになるのか十分確認する必要があります。

一昔前までの葬儀/葬式の費用は非常に曖昧なものであり、お葬式が発生して初めて金額を知ることが多かったのですが、ここ20年前後の間に「葬儀プラン」という形で金額が明示されることが多くなってきました。

それでもなお、葬儀/葬式の費用が分かりづらいといわれるのは、葬儀屋/葬儀会社により異なること、プラン内の項目が細々と掲載されること、プラン内のサービスでは葬儀総額の費用全てを賄えないことが多々あるからです。

葬儀プランの中には、祭壇、枕飾り、霊柩車、棺、仏衣、役所への各種手続きの代行など、葬儀に最低限必要な品物がセットになっているのが通常で、これに車両、飲食、会葬御礼などオプションの品物が追加され、全体的な葬儀費用となります。

またこれとは別に、お寺様などの宗教者を呼ぶ場合には別途お布施が必要となります。

お布施は読経料、戒名(法名)料、御車代、御膳代があり、宗派やお寺様によって相場が変動します。

戒名のランクによっても変動しますが30〜100万円が平均的な相場となっています。

お布施とは対価ではなく、あくまで御礼の気持ちですが、金額についてはお寺様のご住職に聞くのが良いでしょう。

渡すタイミングは葬儀前か葬儀後になり、手渡しではなくお盆の上に乗せるか袱紗に入れてお渡しするのが一般的です。

葬儀の飲食や会葬御礼など参列者のために準備する品物は、人数や地域柄によって大幅に変動しますので、見積もりの際には注意が必要です。

ちなみに、国分寺市を含む首都圏では、通夜に焼香を終えた参列者へ「通夜振舞」をするしきたりがあります。

また都市部を中心に、香典をくださった方にその場でお返しをする「即日返し」が慣習となりつつあり、「会葬御礼」と共に「香典返し」を用意することが東京近郊では通常の慣習になっております。

「即日返し」のメリットは配送などの手間がかからないため、御礼の気持ちをその日のうちに伝えることができます。デメリットとしては香典を多くいただいてしまっても当日のうちに確認ができず御礼の調整ができませんので葬儀社と話し合って決めるのが良いでしょう。 

東京都の葬儀価格検索

東京都の葬儀クチコミランキング

東京都の火葬料金検索

東京23区の葬儀の記事一覧

世田谷区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

練馬区※準備中

大田区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

足立区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

江戸川区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

杉並区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

板橋区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

江東区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

葛飾区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

品川区※準備中

東京都北区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

新宿区※準備中

中野区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

豊島区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

目黒区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

墨田区※準備中

文京区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

港区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

渋谷区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

荒川区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

台東区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

東京都中央区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

千代田区※準備中

東京23区外の葬儀の記事一覧

八王子市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

町田市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

府中市※準備中

調布市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

西東京市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

小平市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

三鷹市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

日野市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

立川市※準備中

東村山市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

多摩市※準備中

青梅市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

武蔵野市※準備中

国分寺市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

小金井市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

東久留米市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

昭島市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

  • 超高齢化多死社会を迎える中、今の時代に必要なのは、ご遺族の状況に応じたプランをご提案することです。
    厚生労働省認定1級葬祭ディレクターとして、これまでの画一的な「一般的な葬儀」を一から見直し、必要な人に、必要なお葬式を自由に選んでもらうためのプランを作成しました。
    後悔のないお葬式を執り行いたいけど、シンプルなお葬式でいい。そんな方はぜひお気軽にご相談ください。

関連施設

関連エリア

ジャンル一覧

同じジャンルのコラム

新着コラム