調布市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

日本には冠婚葬祭において様々なマナーが存在し、いずれも古くから続けられてきた風習であり文化とも言えます。

葬儀においても同様にそれぞれの地域によって様々なマナーや風習が存在します。

今回は東京都調布市でお葬式をされる方はどこでお葬式をされているのか、また葬儀費用はどのくらい掛けられているのかを調べました。

調布市の葬儀とは?

東京都調布市といえば、漫画「ゲゲゲの鬼太郎」でよく知られる漫画家の故・水木しげる氏の第二の故郷とも言われ、街のいたるところで妖怪のキャラクターが出迎えてくれる地でもあります。

東京都のほぼ中央に位置し人口21万人からなる調布市は、東京23区に接し交通の便も良いエリアで、古くからの寺社や自然も残っており、都心に近く住環境の整った住宅地です。

市内には京王線が東西に通っており、調布駅を中心に9つの駅があります。2012年に布田駅、国領駅と共に調布駅は地下化され、跡地に駅ビルが建設され大変便利になりました。

新宿まで特急で15分とアクセスも良く、都営新宿線にも直通運転を行っているため都心にも出かけやすくとても便利です。

東京都調布市には現在10件ほどの斎場があり、規模や様式に合わせて斎場を選ぶことができます。

調布市内には火葬場はありませんが、調布市の西側に隣接している府中市に「多磨葬祭場」という斎場を併設している火葬場があります。

こちらで葬儀をして同じ敷地内にある火葬場を利用する方も多いようです。

同じく府中市には「府中の森市民聖苑」という公営の火葬場もありますが、喪主が府中市民(亡くなった方からみて配偶者もしくは2親等以内の親族に限る)であるなど、利用には一定の条件があるので注意が必要です。

調布市の葬儀/葬式の特徴

そんな調布の葬儀はどのような特徴があるのでしょうか。

昨今の東京都近郊の地域では親戚づきあいも無くなりつつあり、大きな規模の葬儀をしても葬儀自体に参列者が集まりにくくなっており、そのため参列者からいただいた香典で葬儀費用の負担を軽減しにくくなりました。

葬儀の規模ですが調布市をはじめ都内では葬儀の小規模化が進み、かつシンプルなスタイルの葬儀選ぶ方が多く人数の少ない家族葬を選ぶ方が増えているようです。

京王メモリアル調布

東京都調布市で最も知名度の高い斎場は、「京王メモリアル調布」です。この「京王メモリアル調布」には最大100席まで用意可能な式場と、家族葬向けの20席の式場があります。

小さい方の式場を会食スペースとして利用することもでき、控え室などの用意もあるのでゆったりとした式を行うことができます。

宿泊や御遺体の安置も可能なので安置場所に困らず安心して過ごすことができます。

交通アクセスは京王線 調布駅東口から徒歩2分ととても近いので参列者の方にも大変便利です。専用の駐車場もあり、車での参列も可能です。

調布には民営斎場も多くありますが、寺院斎場もまた選択肢が多くあります。

昌翁寺 菩提堂

東京都調布市で知名度のある寺院斎場の一つに、仙川にある「昌翁寺 菩提堂」があります。

この「昌翁寺 菩提堂」は寺院の貸し斎場として家族葬や一般葬など幅広く対応可能で、交通アクセスも良好なため利用する方が多い斎場です。

昌翁寺は天台宗の寺院ですが、葬儀では宗旨・宗派問わず利用可能で、最大100名まで収容可能な式場と、20畳の和室が2部屋、控室、導師控室などが用意されています。

アクセスも良好で京王線 仙川駅から徒歩5分となっており、参列者にとっても利用しやすい場所にあります。

仙川の一帯は杉並区も近いので、葬儀式場・火葬場には「堀ノ内斎場」を利用するのも便利です。

調布市の葬儀/葬式の費用/平均相場

最近は家族葬が主流になり、全国的に葬儀/葬式の小規模化、低価格化が進んでいます。

東京都調布市の葬儀/葬式の費用の相場は、直葬(火葬式)15〜25万円、家族葬が70〜100万円、一般葬は80〜160万円程度となっており、直葬(火葬式)も家族葬も一般葬も都内の平均的な金額よりも安い金額で葬儀が行えるようです。

しかし金額の幅が広いため葬儀社とよく話し合いプランを決めることをお勧めします。

近年では「低価格で抑えたい」という要望も多く、通夜や告別式などを行わずご遺体を直接火葬場に運び、翌日以降に火葬する直葬(または火葬式)が増えているようです。

しかし、直葬には祭壇も無くお別れの時間も少ないためトラブルも多く、中には菩提寺との揉め事に繋がることもあるため葬儀社の方とよく話し合って決めるのが良いでしょう。

直葬で気をつけなければいけないことは他にもあり、法律で「亡くなられてから24時間以内は不可」とされているため、御遺体を安置しておく場所が必要になります。

都内は火葬場も少ないため火葬場の状況によっては1週間ほど待たなければいけない場合もあります。

そういった場合安置しておく場所として御遺体ホテルを利用するケースも考えられます。

直葬以外で葬儀/葬式の費用を抑えたい場合には「市民葬儀」を利用することもでき、故人または親族が市内に住んでいれば、安価な料金で葬儀/葬式を行うことができます。

冠婚葬祭費をあらかじめ積み立てる互助会のシステムを利用するのも価格を抑える方法の一つです。

また、東京都調布市には基本的に落ち着いた価格プランを提案する葬儀屋/葬儀会社も多く、料金体系やサービス内容をしっかりと判断して選択を行えば、葬儀費用を賢く抑えることができます。

ただし、あまりにも安価すぎる費用の提示を行う葬儀社は追加費用がどれくらいになるのか十分確認する必要があります。

一昔前までの葬儀/葬式の費用は非常に曖昧なものであり、お葬式が発生して初めて金額を知ることが多かったのですが、ここ20年前後の間に「葬儀プラン」という形で金額が明示されることが多くなってきました。

それでもなお、葬儀/葬式の費用が分かりづらいといわれるのは、葬儀屋/葬儀会社により異なること、プラン内の項目が細々と掲載されること、プラン内のサービスでは葬儀総額の費用全てを賄えないことが多々あるからです。

葬儀プランの中には、祭壇、枕飾り、霊柩車、棺、仏衣、役所への各種手続きの代行など、葬儀に最低限必要な品物がセットになっているのが通常で、これに車両、飲食、会葬御礼などオプションの品物が追加され、全体的な葬儀費用となります。

またこれとは別に、お寺様などの宗教者を呼ぶ場合には別途お布施が必要となります。

お布施は読経料、戒名(法名)料、御車代、御膳代があり、宗派やお寺様によって相場が変動します。

戒名のランクによっても変動しますが30〜100万円が平均的な相場となっています。

お布施とは対価ではなくあくまで御礼の気持ちですが、金額についてはお寺様のご住職に聞くのが良いでしょう。

渡すタイミングは葬儀前か葬儀後になり、手渡しではなくお盆の上に乗せるか袱紗に入れてお渡しするのが一般的です。

葬儀の飲食や会葬御礼など参列者のために準備する品物は、人数や地域柄によって大幅に変動しますので、見積もりの際には注意が必要です。

ちなみに、調布市を含む首都圏では、通夜に焼香を終えた参列者へ「通夜振舞」をするしきたりがあります。

また都市部を中心に、香典をくださった方にその場でお返しをする「即日返し」が慣習となりつつあり、「会葬御礼」と共に「香典返し」を用意することが東京近郊では通常の慣習になっております。

「即日返し」のメリットは配送などの手間がかからないため、御礼の気持ちをその日のうちに伝えることができます。

デメリットとしては香典を多くいただいてしまっても当日のうちに確認ができず御礼の調整ができませんので葬儀社と話し合って決めるのが良いでしょう。

東京都の葬儀価格検索

東京都の葬儀クチコミランキング

東京都の火葬料金検索

東京23区の葬儀の記事一覧

世田谷区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

練馬区※準備中

大田区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

足立区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

江戸川区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

杉並区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

板橋区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

江東区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

葛飾区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

品川区※準備中

東京都北区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

新宿区※準備中

中野区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

豊島区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

目黒区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

墨田区※準備中

文京区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

港区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

渋谷区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

荒川区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

台東区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

東京都中央区で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀場・斎場・火葬場の情報を完全解説!

千代田区※準備中

東京23区外の葬儀の記事一覧

八王子市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

町田市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

府中市※準備中

調布市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

西東京市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

小平市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

三鷹市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

日野市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

立川市※準備中

東村山市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

多摩市※準備中

青梅市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

武蔵野市※準備中

国分寺市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

小金井市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

東久留米市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

昭島市で葬儀を行う方は必読!費用・葬儀社・斎場・火葬場の情報を完全解説!

  • 超高齢化多死社会を迎える中、今の時代に必要なのは、ご遺族の状況に応じたプランをご提案することです。
    厚生労働省認定1級葬祭ディレクターとして、これまでの画一的な「一般的な葬儀」を一から見直し、必要な人に、必要なお葬式を自由に選んでもらうためのプランを作成しました。
    後悔のないお葬式を執り行いたいけど、シンプルなお葬式でいい。そんな方はぜひお気軽にご相談ください。

関連施設

関連エリア