地域でこんなに違う「火葬料金」

大切な方のお葬式を行い、最後は火葬場へ故人様をお連れし荼毘に付します(火葬)

どのような規模のお葬式でも、必ず最後は荼毘に付すのですが、荼毘に付すにも費用が必要であり、各地域の自治体により費用が異なります。今回は火葬料金についてご紹介させて頂きます。

 火葬費用は全国一律ではない

火葬料金は全国一律ではございません。自治体により設定されており、利用の際の金額差がございます。

火葬場は基本的には「その自治体に所属する市民」に対しての施設となるため、市民の方には小額の利用費用で受付ができ、市外の方の利用時は金額の負担が大きくなります。火葬場は全ての自治体に存在するわけではございませんので、火葬場がない自治体にお住まいの方は隣接自治体の火葬場を利用することになります。
中には近隣自治体が協力し1つの火葬場の管理を行い、その近隣自治体に所属する全ての市民は割引を受けられる自治体もあります。

火葬費用無料の地域もあれば、数十万円必要な地域もある

火葬料金が「無料」の地域もあれば、「数万円から数十万円」必要な地域もあります。

例えば北海道札幌市は「市民であれば火葬料金は無料」です。無料の地域は実は稀であり、多くの地域では火葬を行う際に火葬料金を施設に支払い、火葬申請を行います。
地域により価格差はありますが、市民への火葬費用は「数千円から1万円前後程度」と抑えられていることが通常です。数十万円必要な地域は後述でお伝えいたします。

市民以外の方は市民料金の3倍、中には10倍もする場合も

基本的に火葬場が定めている市民以外の方が利用をされる場合は、費用が高くなります。市民料金の3倍、中には10倍以上火葬料金が必要な地域もあります。自治体の財政事情ややはり市民優先となり現状、高齢社会により火葬数の増加などが影響し、利用の費用にも差が出ていることが現状です。

全国で最も火葬費用が高い地域「東京」

全国で一番火葬費用が高い地域は「東京」と言われております。特に東京23区にあたるのですが、東京23区は「民間の火葬場」が主に稼働をしており、全国でもかなり珍しい地域となります。
全国のほとんどの地域は各自治体が管理を行っているため、東京の火葬場事情は全国的にはかなり珍しい状況です。

 

民間火葬場主体、さらに最大の人口集中地区のため、常に火葬場は稼働をしており、火葬炉のメンテナンスにも費用が必要です。結果、火葬料金は全国で最も最高水準になっております。
また23区の民間火葬場では「火葬場のランク」が設定されており、通常の火葬炉の価格帯とは別に「高額の価格帯」が存在します。
火葬場に「ランク」があることに驚かれる方もいらっしゃいます。通常は基本的な価格の火葬炉を利用するのですが、利用者が通常の火葬炉に集中し、火葬場の予約が「1週間から10日待ち」という状況も珍しくありません。
ちなみに、この上位ランクの火葬場の利用費用は107,500円〜280,000円まで設定されており、他地域の火葬費用とは全く異なります。

江戸川区には都営火葬場「瑞江葬儀所」大田区には23区南部の区が協力して設置をした「臨海斎場」がありますが、民間火葬場の基本的な火葬費用と比べ、そこまで大きく火葬費用は変わりません。

東京のように人口が集中している地区ならではの事情と、公営火葬場より民間火葬場の施設数が多い地域では、火葬を行うためにも多くの費用が必要となります。

 火葬場の事情は地域で異なる

日本全国どの地域でも、お葬式を行ったあとには原則火葬を行っておりますが、地域事情が存在します。今後火葬料金は死亡人口の増加とともに更に値上がりをする可能性もあります。

火葬料金について、一般の方はお身内にご不幸があったときやお身内の「事前の終活対策」くらいでしか、火葬料金を調べることはないかと思いますが、私たちはこの業界の事情を理解するお葬式・終活分野のアドバイザーとしてこれからも発信して参ります。

 火葬についての別記事のまとめ

火葬するには火葬許可証が必要!発行の流れや再発行について解説

コロナで死亡した人の火葬はどうしたらよい?厚生労働省と葬儀社の見解を解説!

関連施設

関連エリア