高齢夫婦の画像

生前整理とは?意外と大事な生前整理の方法やコツ、行うべきタイミングを完全解説!

みなさんは生前整理という言葉を聞いたことはあるでしょうか。近年ブームになっている断捨離という考え方と相まって注目されている生前整理ですが、そうしたブームとは別に大事な理由も存在します。

今回の記事では、そんな生前整理について、生前整理を行うための方法や行うにあたってのコツ、どのようなタイミングで行うべきなのかについて、解説していきます。

みなさんもぜひ、今回を機に生前整理を考えてみてはいかがでしょうか。

生前整理とは?

生前整理は、その名の通り「生きているうちに」「身の回りの片付け」をしておくことを指します。

戦後期から経済成長が進み、先進国の仲間入りをし、成熟した社会を持つ日本では、近年「断捨離」や「ミニマリズム」といった、身の回りのものを片付けていく考え方が急速に拡大しつつあります。

そんな近年改めて注目されている「生前整理」とは、一体どんなものなのかを、その必要性や似た言葉である「遺品整理」などとの違いとともに説明します。

生前整理とはなにか?

生前整理とは、自分が生きているうちに、自分の身の回りのものや財産をある程度片付けておくことを言います。

いくら医療が発達した現代日本とは言え、人の世はいつも儚いもので、いつどのような形で死が訪れるかわかりません。

親族に迷惑を掛けないようにする

そんな中で、自らの身の回りのものが散らかったままで、そのまま放置されてしまうと、親族がその片付けに非常に苦労することになってしまいます。

自分が亡くなった後まで、家族に迷惑をかけたいと思う人はあまりいないはずです。

老人ホームに入居する前に行う

また、亡くなるとまではいかなくとも、老人ホームなどの施設に入居する際には、持ち物をある程度絞る必要があります。こうした時に困らないためにも、前もってしっかりと整理を行っておけると良いでしょう。

加えて、生前整理は、思い切った片付けになることが多いため、高齢になってからでは自分だけで行うことが難しいことが多いです。30代から40代などある程度若い時期に生前整理を検討できると良いのではないでしょうか。

生前整理の必要性

次はそんな生前整理の必要性について解説します。生前整理の必要性は、大きく分けて「自分のため」と「遺族のため」の2つに分けることができます。

自分のためにおこなう

まず、なぜ自分のために必要であるのかを解説します。今回片付けするものは、簡潔に言うと、自身の財産です。

この財産は、生きているうちであれば自分の自由に処分することができますが、自分が亡くなった後には、どのように使うのか、どのように処分するのかを選択することができません。

そのため、遺産の遺し方をある程度選びたい場合には、ある程度きれいにして、どのような遺産を残すのかなどを取捨選択しておけると良いでしょう。

遺族のためにおこなう

次に、なぜ遺族のために必要なのかを解説します。自分がなくなった後に、自分が遺したものを処分するのは、遺族になります。

良い意味で遺族に自分の財産を遺産として残すことができれば良いですが、しっかりと整理をできていないと、その整理で遺族を困らせてしまいかねません。

そうならないためにも、遺族に遺したい最低限のもの以外は、処分してしまう、もしくは、処分のしやすい形にしておくことが大事であると言えるでしょう。

このように、「自分のため」といった視点でも、「遺族のため」といった視点でも、必要性の高いものであるということができるでしょう。

老前整理や遺品整理との違い

最後に、老前整理や遺品整理との違いについて解説します。振り返りになりますが、生前整理とは自分が元気なうちに、自らの財産を含めた持ち物を整理しておくことを言います。

それでは、そもそも老前整理や遺品整理とはどのようなものなのでしょうか。老前整理から順にそれぞれの意味を説明します。

老前整理とは?

まず、老前整理とは、自分が老いてきたタイミングで、自分だけで、もしくは家族の力を借りながら、身の回りの片付けを行うことを言います。

特徴としては、行うタイミングが老い始めてからという点や、家族の力を借りることもあることを挙げられます。

遺品整理とは?

つぎに、遺品整理とは、自分が亡くなった後に、遺族が故人の財産や持ち物などを整理することを言います。特徴としては、行うタイミングは、自分自身が亡くなった後であることや、遺族が行うものであることが挙げられます。

加えて、生前整理や老前整理は、自分がなくなった際の遺族の負担を軽減することが目的であることに対して、遺品整理は相続手続きの前段階の準備の側面があると言えます。

このように、その目的や、整理を行う人、タイミングなどがそれぞれ異なっています。それぞれのタイミングや目的で適切な整理が行えると良いでしょう。

遺品整理については下記記事もご参考ください。
遺品整理の料金はどのくらい?業者に遺品整理を依頼する際の相場や注意点、安く抑える工夫などを完全解説!
想像以上に大変な「物の整理・供養」について

生前整理の長所・短所

さて、ここまでは、生前整理とはそもそもどのようなものなのか、他の整理とはどのように違いうかを説明しました。ここからは、長所と短所にスポットを当てて解説していきます。

生前整理の長所

まず、生前整理の長所ですが、「自分が亡くなった後の希望を叶えやすくなる」という点や、「後悔を少なくすることができる」点などが挙げられます。

それでは、自分が亡くなった後の希望を叶えやすくなるとはどのようなことなのでしょうか。

自分で自由に処分することができる

今でこそ、自分の身の回りの持ち物や財産は、自分で自由に処分することができるものです。

自分で使うのか、処分するのか、誰かにあげるのか、自由に決めることができます。

しかし、自分が亡くなった後には、その処分の方法に口を出すことができません。

自分が亡くなった後に、遺産がどのように処分されるのかの希望をなるべく叶えるために、生前にできるだけのことをやっておけるメリットが、生前整理にはあるのです。

後悔を少なくすることができる

続いての長所は、後悔を少なくすることができることです。自分の身の回りのものの中には、あまり人に触れてほしくないものや、自分の手で誰かに渡したいものなど、様々なものが混ざっていると言うことができるでしょう。

そんな中で、突然の事故や病気などで、それらの遺産を思う通りに処分できないと、後悔が生まれてしまう可能性があります。

生前整理によって、こうした後悔を回避することが可能です。加えて、生前整理によって身の回りのものを片付けていくことで、自分自身を内省することもできます。こうした点も、メリットであるということができるでしょう。

生前整理の短所

生前整理には短所らしい短所は存在しません。強いて言うならば、生前整理をするにあたって一定の処分コストがかかったり、時間がかかったりしてしまう点です。

しかし、これらの時間やコストは短所というよりも、生前整理のハードルであるということができるでしょう。

葬儀についての不明点や疑問はやさしいお葬式から24時間365日無料相談も承っています電話でもメールでも行えますのでお気軽にご連絡下さい。やさしいお葬式では葬儀の見積もり、遺影写真、参列者のリストアップなど事前準備をおすすめしています。葬儀の作法や服装などについてもご相談できます。

やさしいお葬式バナー画像

生前整理の方法

ここからは、実際に生前整理を進めるための方法について解説します。生前整理に決まった方法はありませんが、ある程度「こうすると良い」といった方法はあります。

ここでは、生前整理をより効率的に、効果的に行うための方法を2つほど紹介します。

まずは財産目録を作る

はじめに行うことが良いことは、「財産目録」を作るということです。

財産目録とは?

財産目録とは、その名の通り自分の所有している財産についてまとめた目録、つまり一覧表になります。

ただ単に整理をして、不要なものを処分しただけでは、いざというタイミングで、どのようなものが遺産として残されているか改めて調べる必要が出てきます。

このとき、自分自身では、どのようなものが遺産としてあるか把握していても、遺族はそれを知ることができないという事態が起きてしまうのです。

せっかく整理ができていても、どのようなものが遺産として残っているかの調査は遺族自身が時間をかけて、やり直さなければならないのです。

必要な時間や処分コストをかけて生前整理を行うのであれば、こうした記録をしっかりととっておけると良いでしょう。

実際の整理を進める

ある程度の財産目録が完成したら、同時に実際の整理も進めることができると良いでしょう。

世の中には、整理整頓といった言葉がありますが、それぞれ「整理」には、不要なものを処分すること、「整頓」には一定の場所においておくことを意味します。

ですので、生前整理の本質は、不必要なものをどんどん処分することにあります。しかし、いざ処分しようと思うと、なかなか迷ってしまうことが多いかもしれません。

そんなときは、あまり深く考えすぎず、断捨離の精神で、どんどんと片付けを進められると良いでしょう。また、整理を進めながら、同時に財産目録の加筆なども行っておけると良いでしょう。

加えて、この時整理すべきものは、いわゆる「モノ」だけではありません。デジタルの情報についても整理しておくことができると良いでしょう。

近年、故人が生前加入していたネットサービスなどの解約をしたくても、パスワードなどがわからずに解約できず困ってしまうなどという話もよく聞きます。

こうした事態を防ぐためにも、「モノ」の整理だけでなく、「情報」の整理も一緒に行っておくことができると良いでしょう。

生前整理のコツ

さて、ここからは生前整理のコツを解説します。先程は、具体的な方法について解説しました。

これらの方法を実践したとしても、いざ自分の所有物を処分しようと思うと迷ってしまったり、なかなか手を付けることができなかったりすることも多いのではないでしょうか。

ここでは、そんな場合に役に立つ生前整理のコツを2つほど解説します。あまり難しく考えずに行えると良いでしょう。

一度にやろうと思わない

まずは「一度にやろうと思わない」ことが大事だと言えます。普段忙しい中、生前整理を進めようとすると、どうしても早く終わらせなければと焦りの気持ちが出てきてしまいます。

しかし、一度にすべてをやることは非常に難しいですし、心理的にも参ってしまいます。生前整理は、老年整理などとは違い、比較的若いうちに整理をしておくことを指します。

ですから、そこまで焦る必要はないという認識でいることができると良いでしょう。

イメージとしては、日々の生活の中で、毎日少しずつ整理していく、「整理するぞ!」と意気込まずに、普段の生活の一部として行うようなかたちです。あまり気を張りすぎずに、自分のペースで少しずつ整理していけると良いでしょう。

家族を巻き込む

続いては、家族を巻き込むというコツをご紹介します。冒頭でお話したように、生前整理は、基本的に人の手を借りずに、自分自身で少しずつ身の回りの整理をすることを指します。ですから、あまり家族などを巻き込む事はありません。

しかしながら、小さなものなどではなく、家財などを整理したい場合には話が変わってきます。大きなものや重たいもの、そうでなくとも、自分の体が不自由な場合には、一人で整理を行うことは非常に難しいと言うことができるでしょう。

そんなときは、自分自身でやりきらなければならない!などと思わずに、家族を巻き込みながらみんなで行うことができると良いでしょう。

生前整理は一人で行うというのは、あくまで生前整理は日常から少しずつ行っていくと良いことや、比較的若いタイミングで行うがゆえに言われていることだということができます。

ですから、絶対に自分ひとりで行わなければならないわけではなく、必要に応じて、柔軟に周りの人を巻き込みながら行えると良いでしょう。

生前整理のタイミング

続いて、生前整理の具体的なタイミングについて解説します。生前整理を行う最も良いタイミングは、その言葉を知った時ということができます。

あくまで、生前整理は日頃からの備えになりますので、いつから行わなければならないということはないのです。気づいたときから少しずつ整理を進めていけると良いでしょう。

そうとはいえども、どこかタイミングが欲しいと言う方は、定年など人生の節目のタイミングに行うことができると良いでしょう。無理せずに、自分でここだというタイミングを見つけて、少しずつ進めることができることが理想です。

生前整理を業者に頼む際の費用

続いて、生前整理を業者に頼む際の費用について解説します。遺品整理などにも専門の業者が存在するように、生前整理にもプロフェッショナルを擁する業者が存在します。

自分だけでは様々な理由があってなかなか整理を進められないということもあるでしょう。そんなときには、思い切って業者に整理を依頼するのも手かもしれません。

遺品整理については下記記事もご参考ください。
遺品整理の料金はどのくらい?業者に遺品整理を依頼する際の相場や注意点、安く抑える工夫などを完全解説!

業者に頼むという選択肢

先程ご説明したように、生前整理にも専門の業者が存在します。一番良いのは、自分自身のことですので、ご自身の手で少しずつ整理を進めることです。

しかしながら、仕事や病気など様々な理由で、自分自身では行うことができない、もしくは、自分だけでは行えないし、家族などの手も借りることができない場合も十分に考えられます。

そんなときには、専門の業者を呼んで一気に整理してもらえると良いかもしれません。実際に呼ぶことはなくとも、いざとなったら業者を呼べば良いという程度に気楽に整理を進められると良いでしょう。

費用の相場

それでは、そのような業者を呼んだ場合には、一体どれくらいの費用がかかるものなのでしょうか。そんな業者の費用相場について解説します。

生前整理を行う際に呼ぶ業者には2種類の業者が存在します。まずは、整理そのものを行ってくれる業者さんと、整理についてのアドバイスをしてくれる業者さんです。

整理そのものを行ってくれる業者

整理そのものを行ってくれる業者さんの場合は、清掃業者さんと同様に、処分するものの量や部屋の広さによってその料金が変化します。1LDKの場合には、8万円ほどが相場のようです。

整理についてのアドバイスをしてくれる業者

続いて、生前整理についての相談に乗ってくれる業者さんの場合は、1時間あたり7000円程度で相談にのってくれるようです。

どちらも決して安くない金額ではありますが、こうした業者を上手に利用して、より効果的に生前整理を進めていくことができると良いでしょう。

大事なことはしっかり文書に残す

さて、最後に大切なことをお伝えします。それは、「大事なことはしっかりと文書に残しておく」ということです。

遺族に迷惑をかけないためや、自分自身の希望をなるべく反映してもらうために生前整理は有効ですが、それでも、整理しただけで遺族に何かを伝えることは難しいものです。

もし、家族に伝えたいことがあるのであれば、それをしっかりと伝えるための行動を起こす必要があります。

ここでは「遺言書」と「エンディングノート」について解説をします。また、あえて自分の希望を細かく伝えない手段も存在します。ここから先では、これらの手段について解説していきます。

遺言書

はじめに「遺言書」について解説します。遺言書はみなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。これは、その名の通り、言葉を遺した書になります。

一般的には、遺産の分割方法などについて書かれています。遺言書は、こうした重要な事項を書き記すことができます。加えて、正しく書かれた遺言書には法的な効力を持つといった特徴もあります。

思いを伝える場合もそうですが、より厳密に相続などのトラブルになりそうなものを事前にしっかりと決めて伝えたい場合には、こうした遺言書が適しているでしょう。

遺言については下記記事もご参考ください。
遺言書の書き方を徹底解説!ケース別文例・有効な書き方を解説!
遺言状を完全解説!種類・書き方・扱い・効力を紹介!
遺言書の書き方を完全解説!効力・有効な遺言書の書き方を紹介!

エンディングノート

次に解説するのは、エンディングノートです。みなさんは最近「終活」という言葉を聞いたことはありませんか。人生の終わりに向けて準備を進めていくことを終活といいます。

>>終活を完全解説! 準備・本人や家族がやることを全てまとめました!

その一環として書かれるものが「エンディングノート」です。

このノートは、遺言書のような法的拘束力は持ちませんが、お葬式のことやお墓のことなど、遺産相続に関わらず、様々なことの希望を書き記しておくことができます。

最近はエンディングノートに関するキットなども販売しているため、購入して、ガイドに沿って書いてみるのも良いでしょう。

エンディングノートについては下記記事もご参考ください。
エンディングノート最新人気ランキング20選!書き方も完全解説!

家族信託

最後にご紹介するのは「家族信託」という選択肢です。これは文字の通り、家族に信じて託すことを意味します。

また、制度としても「家族信託」の選択肢はあり、遺産として分けるのではなく、遺産の管理を家族の誰かに一括して任せることを指します。

>>家族信託を完全解説!手続き・費用・認知症対策を紹介!

通常の遺産相続では難しいようなこともできる他、節税などの効果もあります。しかし、専門の知識が必要となってくるため、この制度を使いたい場合には、弁護士や司法書士などに事前に相談しておくことができると良いでしょう。

様々な方法を解説しましたが、どの方法も、生前に、しっかりと自分の意志を家族などに伝える行動を起こしていることに共通点があります。伝える行動を起こすことがなければ、相手にテレパシーのように伝わる事はありません。

なにか伝えたいことがある場合には、書面でも、口頭でも、生前にしっかりと伝えておくことが大事だと言えます。

>>家族信託を完全解説!手続き・費用・活用事例を紹介!

遺言や相続についてのご相談はやさしい相続でも無料で承っていますので、お気軽にご連絡下さい。24時間365日無料で専門オペレーターが対応致します。

生前整理についてのまとめ

「生前整理」について特に重要となるポイントを下記にまとめました。

【生前整理とは?】
●生前整理は、その名の通り「生きているうちに」「身の回りの片付け」をしておくこと
●親族に迷惑を掛けない為におこなう

【生前整理の必要性】
●自身の財産の整理を自分で行える
●遺族のた目に、財産を遺産として残す為に行う

【老前整理や遺品整理との違い】
●老前整理とは、自分が老いてきたタイミングで、自分だけで、もしくは家族の力を借りながら、身の回りの片付けを行うことを指す
●遺品整理とは、自分が亡くなった後に、遺族が故人の財産や持ち物などを整理することを指す

【生前整理の長所・短所】
●長所 
 -自分が亡くなった後の希望を叶えやすくなる
 -後悔を少なくすることができる
●短所
 -一定の処分コストがかかる
 -ある程度の時間がかかる

【生前整理の方法】
●自分の所有している財産についてまとめた財産目録を作る
●実際の整理も進める
 -SNSのパスワードなどデジタル情報も整理する

【生前整理のコツ】
●一度にやろうと思わない
●一人で行わず、家族を巻き込んで行う

【生前整理を業者に頼む際の費用】
●1LDKの場合には、8万円ほどが相場
●生前整理についての相談に乗ってくれる業者さんの場合は、1時間あたり7000円程度

 

さて、今回の記事では、生前整理について詳しく解説しました。自分自身のためにも、残された遺族のためにも、日頃から自らの財産などをしっかりと整理しておくことは非常に大切であるということができるでしょう。

また、整理するものは単なる「モノ」だけでなくて、利用しているサービスなどの電子データについてもしっかりと整理しておく必要があります。

また、どうしても自分自身で整理していくことが難しい場合には、専門の業者を手配することも選択肢の一つであると言うことができます。こうしたことを視野に入れながら、あまり気合いを入れすぎずに、少しずつ整理を進めていけると良いでしょう。

また、生前整理だけでなく、なにか伝えたいことがある場合には、生きているうちにしっかりと伝えておくことは非常に大切です。遺言書などの書面でも、口頭でも、自分の思いや希望を伝えておきましょう。

<<こちらの記事も読まれています>>
代襲相続を完全解説!範囲・割合・相続放棄のルールを紹介!
葬儀後の手続きに必要なのは?相続から保険、年金関係まで、必要な手続きを徹底解説!
家系図を作成するには?無料でできる家系図の作成方法からフリーソフトの比較まで徹底解説!
相続とは?意味と基礎知識を完全解説!
死亡退職金を完全解説!相続税の課税対象になる?

問い合わせ先の画像

  • 無料パンプレット

ジャンル一覧

同じジャンルのコラム

新着コラム

運営会社

会社概要

会社名 ライフエンディングテクノロジーズ株式会社
Life Ending Technologies Co.,Ltd
https://le-tech.jp/
資本金 1,820万円(資本準備金含む)
代表取締役 白石 和也
取締役 栗本 喬一
設立 2019年9月
所在地 〒105-0004
東京都港区新橋5丁目23-10片山ビル6階
TEL:0120-538-175
FAX:03-6800-5820
事業内容 葬儀関連のインターネットメディアの企画・開発
葬儀関連のシステム開発・運営
葬儀関連のシステム開発・運営
取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行

企業理念

私たちは、誰もが直面する「死」に対し、『真心』と『テクノロジー』をもって本気で向き合い、お客様の悔いのないライフエンディングに全力を尽くします。

やさしいお葬式

「丁寧なお葬式を適正価格で」 ご家族のお葬式や終活に関わる出来事は一生に何回もございません。しかし、必ず身内の葬儀や終活は誰もが経験することであり、家族のお葬式や終活に関する出来事は緊急を要します。緊急性が高いものであるからこそ、事前に備え行動をしておかなければなりません。また日本の各地域に多くの家族経営の葬儀社があり、サービス内容は一律ではございません。葬儀社には相談しにくい葬儀や葬儀以外の終活相談であっても、やさしいお葬式のスタッフは親身になり、ご相談対応をさせて頂きます。地域の葬儀物価の違いはありますが、「やさしいお葬式」は適切な基準、価格を設けご相談者様へご案内をさせて頂きます。

やさしいお葬式監修

1級葬祭ディレクターとして10年以上培った経験を活かし、多様化する価値観の中でご相談者様にとって
どのようなご葬儀を選択することがよいのかを丁寧にヒアリングさせていただき、ご提案いたします。

略歴
母の死をきっかけに葬儀業界に興味を持ち、大学卒業後、新卒採用で大手葬儀社へ入社、厚生労働省認定:1級葬祭ディレクターを取得し、家族葬から大規模葬儀まで、幅広くお葬式を葬儀担当者(セレモニーディレクター)として活躍。その後、葬儀会館の店長、新規開拓を歴任。お客様からの「ありがとう」という言葉をいただけることを仕事のやりがいとし、これまでに10年以上、5,000件以上の葬儀現場に立ち会う。
資格等
厚生労働省認定:1級葬祭ディレクター。