【PR】「丁寧なお葬式を適正価格で」驚きの理由とは?
地蔵の画像

埋葬許可証の意味とは?発行から提出までの流れや紛失時の対処法を解説

2021/8/9 情報更新

故人の葬儀に少しでもかかわったことのある方は、埋葬許可証という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。聞いたことはあっても、正確な意味での埋葬許可証というものを理解している方はそう多くはないかも知れません。ここでは、埋葬許可証の2つの意味や、発行と提出の仕方、紛失時の対処法などについて詳しく見ていきましょう。

【監修】栗本喬一(くりもと きょういち)

略歴
栗本喬一(くりもと きょういち)
1977年生まれ
出生地:東京都(愛知県名古屋市育ち)

ライフエンディングテクノロジーズ株式会社 取締役COO

ディパーチャーズ・ジャパン株式会社
「おくりびとのお葬式」副社長として、葬儀会社の立ち上げ。「おくりびとアカデミー」葬儀専門学校 葬祭・宗教学 講師。
株式会社おぼうさんどっとこむ 
常務取締役として、僧侶派遣会社を運営。
株式会社ティア 
葬祭ディレクター、支配人、関東進出責任者として一部上場葬儀 社の葬儀会館出店、採用、運営を経験。

著書:初めての喪主マニュアル(Amazonランキング2位獲得)

プロフィール

埋葬許可証の意味

お墓の画像

埋葬許可証というと、お墓に納骨をするための許可証のことをイメージする方が多いかもしれませんが、実は本来の意味は違います。歴史の流れの中で、その言葉の使われ方に変化が生じてきているためです。本来の意味と、一般的に使われている意味をそれぞれ区別し、両者の違いが分かるようにしておきましょう。

本来の意味

日本では火葬の習慣はそれほど多くはなく、明治初期頃までは土葬が一般的でした。火葬にはかなりの燃料や時間が必要だったことが一因として挙げられます。

本来は土葬の許可証

埋葬許可証の「埋葬」の本来の意味は、「遺体を土の中に埋める」ことであり、土葬の許可をするものです。現在においても一部の地域では土葬の習慣が残っており、その場合は「死体火葬・埋葬許可交付申請書」という書類を自治体に提出して埋葬許可証を受け取ることになります。

日本での土葬は全体の0.003%

厚生労働省の統計によると、平成29年に行われた土葬の埋葬数は389件であり、全体の0.003%でした。このことから、現在の主流はほとんどが火葬であることがうかがえます。技術が発達したことや、スペースの問題があったことなどに起因しているのでしょう。

埋葬については下記記事もご参考ください。
埋葬とは?意味・手続の流れ・必要物・給付金・注意点を完全解説!
埋葬について理解を深めよう!必要な書類や火葬から埋葬までの流れ
埋葬料とは?請求方法・申請書の書き方・振り込まれる時期を完全解説!

一般的な意味

本来の埋葬許可証は遺体を埋葬する事の許可をするというものですが、現代の日本では99.9%の割合で火葬が行われており、土葬の習慣がほとんどありません。この日本の火葬率の数字は、世界的に見てもかなり高い割合であると言えるでしょう。多くの人が「埋葬=納骨」だという認識を持っているのはそのためです。

火葬許可証との違い

火葬には火葬許可証が必要で、そこに火葬済みの印を押したものを埋葬許可証と呼ぶことが一般的には多いのです。

>>火葬をするには火葬許可証が必要!発行の流れや再発行について解説

厳密にいえば火葬許可証が埋葬許可証に変わるという事はないのですが、土葬の習慣がほとんどない日本の実情からすれば、そういった認識が広まるのも仕方がないことだと言えるかもしれません。

こうした実情を踏まえ、この記事でも便宜的に「火葬済みの印が押された火葬許可証」のことを埋葬許可証と呼んでいきます。

火葬については下記記事もご参考ください。
火葬の時間はどれくらいかかる?一般的な火葬の所要時間から火葬の流れ、待ち時間の過ごし方まで完全解説!
火葬を完全解説!準備・必要物・手続き・必要な時間・マナー!
新型コロナ感染者はどのように火葬する?コロナ禍での火葬の疑問を完全解説!

葬儀についての不明点や疑問はやさしいお葬式から24時間365日無料相談も承っています電話でもメールでも行えますのでお気軽にご連絡下さい。やさしいお葬式では葬儀の見積もり、遺影写真、参列者のリストアップなど事前準備をおすすめしています。葬儀の作法や服装などについてもご相談できます。

 

埋葬許可証の発行から提出までの流れ

死亡届の画像

故人の火葬の手続きをするためには、役所への申請が必要となります。許可のない火葬は法律で禁止されています。

申請方法は各自治体で異なる

死亡届を提出すると同時に発行してくれる自治体もありますので、申請方法は各自治体の情報を確認するとよいでしょう。火葬許可証を受け取ったら、火葬当日に火葬場の管理事務所に提出する事になります。火葬の終了後に管理事務所の方で火葬処理済の印を押してくれますので、それをもって埋葬許可証を受け取ることになります。

死亡届については下記記事もご参考ください。
死亡届の基礎知識を押さえておこう!書き方やその他の手続きについても解説
意外と知られていない「死亡届の提出方法」について徹底解説!

埋葬許可証は納骨する際に必要

埋葬許可証は、お墓に納骨をする際に必要となりますので、受け取ったら大事に保管しておきましょう。納骨は基本的に四十九日法要に合わせて行われることが多いのですが、特に決まりがあるわけではありません。お墓の準備が間に合わないなど、何らかの事情があるならば、一周忌や三周忌といった法要に合わせて納骨するのもよいでしょう。埋葬許可証は骨壺を収める箱などに一緒にしまっておくことをおすすめします。

【四十九日法要】
四十九日法要のお布施を完全解説!相場・地域・宗派を詳しく紹介!
四十九日の香典相場を完全解説!書き方・マナー・故人との関係別相場も紹介!

【一周忌】
一周忌とは?意味・香典・お布施・お供え・マナーを完全解説!
意外と相場がわからない!一周忌の香典の相場やマナーを完全解説!

【三回忌】
三回忌のお布施を完全解説!金額相場・書き方・渡し方・喪主・参列者のマナーを紹介!
三回忌とは?意味と施主と参列者が知っておくべき法事・法要のマナーとは?

埋葬許可証を墓地や霊園に提出する

納骨の際には埋葬許可証を墓地や霊園の管理者に提出する事になります。墓地の使用許可証や印鑑なども必要となりますので、合わせて用意しておくことを忘れないようにしましょう。

納骨については下記記事もご参考ください。
納骨式とは?納骨式を行うタイミングから必要な準備、当日の流れまで徹底解説!
事前準備が不可欠!納骨式当日の流れと準備すべき内容を解説
納骨にかかる費用を完全解説!相場・内訳・流れ・準備物を紹介!

分骨をする場合は分骨証明書が必要

分骨とはお骨の一部を分けて納骨することです。例えば、故人の意向で先祖代々のお墓の他、思い出の土地へ骨の一部を納骨して欲しいなどといった場合におこなわれます。

分骨する場合には、埋葬する場所の数だけの埋葬許可証が必要となります。火葬する前に分骨したい旨を申し出るように注意しましょう。

お墓については下記記事もご参考ください。
墓標とは?意味と時期と価格相場の詳細解説!
永代供養墓にはどんな特徴がある?種類や費用相場などを徹底解説
意外とお葬式以上にお金が掛かる「お墓に関する費用」

埋葬許可証を紛失したときの対処法

火葬してからすぐに納骨できる場合はいいのですが、年数が経ってしまうと紛失の可能性も高くなります。埋葬許可証がないと納骨が出来ませんので、その時は再発行の手続きを取ります。

再発行の流れ

再発行の方法は火葬してから5年未満か否かで変わりますので、確認しておきましょう。

発行から5年未満で紛失した場合

火葬許可証の再発行は役所で申請する事になります。許可証の発行から5年未満であれば役所の方で情報を保持しているので、そのまま再発行する事ができます。死亡届を提出した本人が手続きする場合は本人確認書類と印鑑を用意しましょう。本人以外の人が手続きに行く場合は、亡くなった個人との関係が証明できる書類が合わせて必要となります。

発行から5年以上経ってから紛失した場合

火葬許可証の発行から5年以上経過してしまった場合は、火葬場で火葬証明書を発行してもらってから役所での手続きをする必要があります。火葬証明書の発行はそれぞれ火葬場によって異なりますので、確認が必要です。火葬証明書を発行してもらったあとは、役所で紛失5年未満の時と同様の持ち物を持って手続きをすることで、埋葬許可証の再発行をしてもらう事が可能となります。

再発行にかかる費用

再発行にかかる費用は役所によって異なりますが、およそ300円~400円ほどとなります。

亡くなった後の手続きについては下記記事もご参考ください。
葬儀後の手続きに必要なのは?相続から保険、年金関係まで、必要な手続きを徹底解説!
親が亡くなったら何から始めれば良い?必要な手続きについて解説
家族が亡くなくなった時こそ冷静に!死亡に際して必要な手続き

まとめ:埋葬許可証の正しい意味を理解しておこう

「埋葬許可証」について特に重要となるポイントを下記にまとめました。

【埋葬許可証の意味】
●埋葬許可証の本来の意味は土葬の許可をするもの
●一般的な意味は「火葬済みの印が押された火葬許可証」のことを埋葬許可証と呼ぶ

【埋葬許可証の発行から提出までの流れ】
①役所で死亡届を提出
②火葬許可証を受け取る
③火葬当日、火葬許可証を火葬場に提出
④火葬終了後に、火葬処理済の印を押してもらう(=埋葬許可証となる)
⑤埋葬許可証は納骨の際に墓地や霊園に提出する

【埋葬許可証を紛失したときの対処法】
●発行から5年未満で紛失した場合は、役所で情報を保持している為そのまま再発行が可能
●発行から5年以上経ってから紛失した場合は、火葬場で火葬証明書を発行してもらってから役所での手続きをする必要がある
●再発行にかかる費用は、300円~400円

 

埋葬許可証とは本来は土葬の許可をする証書の事を言いますが、火葬での葬儀がほとんどである日本においては火葬後の納骨をする許可証という意味で使われることが多く、火葬許可証との違いを意識していない人も多いようです。「火葬済みの印が押された火葬許可証」を埋葬許可証と呼ぶ事は一般的には問題ないと言えるかも知れませんが、本来の意味とは異なることを頭の片隅に置いておくとよいでしょう。

よく読まれている記事一覧

火葬をするには火葬許可証が必要!発行の流れや再発行について解説
卒塔婆とは?意味と種類と供養方法と相場を解説!
死亡届の基礎知識を押さえておこう!書き方やその他の手続きについても解説
死亡退職金を完全解説!相続税の課税対象になる?
戒名とは?浄土宗の戒名の特徴から他宗の特徴、生前戒名まで徹底解説!
永代供養とは?永代使用との違いから永代供養の種類・メリットデメリットまで徹底解説!

問い合わせ先の画像

  • 無料パンプレット

運営会社

会社概要

会社名 ライフエンディングテクノロジーズ株式会社
Life Ending Technologies Co.,Ltd
https://le-tech.jp/
資本金 11,930万円(資本準備金含む)
代表取締役 白石 和也
取締役 栗本 喬一
設立 2019年9月
所在地 〒105-0004
東京都港区新橋5丁目23-10片山ビル6階
TEL:0120-538-175
FAX:03-6800-5820
事業内容 葬儀関連のインターネットメディアの企画・開発
葬儀関連のシステム開発・運営
葬儀関連のシステム開発・運営
取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行

企業理念

私たちは、誰もが直面する「死」に対し、『真心』と『テクノロジー』をもって本気で向き合い、お客様の悔いのないライフエンディングに全力を尽くします。

やさしいお葬式

「丁寧なお葬式を適正価格で」 ご家族のお葬式や終活に関わる出来事は一生に何回もございません。しかし、必ず身内の葬儀や終活は誰もが経験することであり、家族のお葬式や終活に関する出来事は緊急を要します。緊急性が高いものであるからこそ、事前に備え行動をしておかなければなりません。また日本の各地域に多くの家族経営の葬儀社があり、サービス内容は一律ではございません。葬儀社には相談しにくい葬儀や葬儀以外の終活相談であっても、やさしいお葬式のスタッフは親身になり、ご相談対応をさせて頂きます。地域の葬儀物価の違いはありますが、「やさしいお葬式」は適切な基準、価格を設けご相談者様へご案内をさせて頂きます。

やさしいお葬式監修

葬祭ディレクターとして10年以上培った経験を活かし、多様化する価値観の中でご相談者様にとって
どのようなご葬儀を選択することがよいのかを丁寧にヒアリングさせていただき、ご提案いたします。

お葬式セミナー講師
エンディングコンサルタント
栗本 喬一(くりもときょういち)
1977年 東京生まれ(名古屋育ち)
略歴
母の死をきっかけに葬儀業界に興味を持ち、大学卒業後、大手葬儀社へ入社、家族葬から大規模葬儀まで、幅広くお葬式を葬儀担当者(セレモニーディレクター)として活躍。その後、葬儀会館の店長、新規開拓を歴任。お客様からの「ありがとう」という言葉をいただけることを仕事のやりがいとし、これまでに10年以上、5,000件以上の葬儀現場に立ち会う。
資格等
株式会社GSI グリーフサポート アドバンスコース修了。