【PR】「丁寧なお葬式を適正価格で」驚きの理由とは?
合掌している男性と電卓の画像

一般葬の費用相場と内訳|誰でも金額を抑えられる7つのコツを全解説

「葬儀費用がこんなに高かったなんて……!」

と、葬儀後にため息を付かれる方は少なくありません。

実際、国民生活センターの葬儀についての問い合わせでは、「費用について納得ができなかった」という内容が多数を占めています。

確かに日本で一般的な通夜、葬儀を執り行う場合、相場は約200万円と非常に高額な金額が必要です。

これでは、
「人数を抑えて家族葬にしたい」「葬儀はやらないで直葬に…」と、家族葬や直葬を選ぶ人が増えるのも仕方がありません。

しかし「お金がないから一般葬は諦める」必要はありません!

一般葬の相場は200万円ですが、葬儀を執り行う3日前から準備しておくことで誰でも、最大100万円以上も金額を抑える方法があるからです。

「いざ」というときはいつ訪れるか分かりません。

”今”できる準備を、速やかに行った人たちだけが将来、費用を抑えスムーズな葬儀を執り行うことができるのです。

本記事の一般葬の費用の仕組みと、金額を抑える手順の2つを理解することで、「葬儀費用への不安」がスッキリと解消できるでしょう。

ご紹介している方法は決して難しいものではなく、誰でもすぐにおこなえます。

「満足できる一般葬を費用を抑えて執り行いたい」という方は、ぜひご参考ください!

【監修】栗本喬一(くりもと きょういち)

略歴
栗本喬一(くりもと きょういち)
1977年生まれ
ライフエンディングテクノロジーズ株式会社 取締役
株式会社ティア(葬儀社)入社 葬儀ディレクター
支配人、関東進出プロジェクトリーダー
支株式会社おぼうさんどっとこむ 常務取締役

プロフィール

一般葬の全国相場は約200万円

一般葬の費用内訳

相場参考:第11回「葬儀についてのアンケート調査」|日本消費者協会

一般葬は「一日葬」や「直葬(火葬式)」と違い、通夜、葬儀・告別式を省略せずにおこなうため、総額は葬儀形式の中で最も高額となる約200万円が全国相場となります。

一般葬の費用内訳

一般葬には、「葬儀に必要な費用」「お布施」「参列者の飲食と返礼」の3つの項目が必要です。

よって、最終的に必要な総額は、
「葬儀に必要な費用」+「お布施」+「参列者の飲食と返礼」=一般葬の総額
となります。

一般葬の費用内訳

内容

葬儀に必要な費用

(約120万)

・安置に必要な搬送、安置室利用、ドライアイス、棺、枕飾り、線香など

・葬儀で使用する祭壇、遺影、受付など

・葬儀スタッフ、司会などの人件費など

お布施

(約50万)

・僧侶へお渡しする「読経」と「戒名」の御礼

参列者の飲食と返礼  

(約30万)

・通夜と葬儀後の会食費用

・参列して頂いた方へお渡しする「会葬御礼」

・香典を頂いたお返しの「香典返し」

葬儀に必要な費用と項目(相場:約120万)

「葬儀を挙げるために必要な費用」で、具体的にはご遺体の搬送や安置、祭壇や棺、遺影などが含まれます。

ネットで葬儀社が掲載している「葬儀プラン」=「葬儀に必要な費用」のため、「お布施」「参列者の飲食と返礼」は別途、追加費用が必要です。

下記、参考表のように金額や詳細は葬儀社によって異なります。

搬送距離、安置室の利用日数、式場使用料の上限額を超えた場合は実費となるため、「総額」だけでなく、詳細も含めて検討しましょう。

●各葬儀社の一般葬比較表(2022年2月現在)
※価格はHP記載税込み金額
※各葬儀社で下記項目以外に含まれる項目もあります

 

 やさしいお葬式 

 小さなお葬式 

 イオンのお葬式 

 DMMのお葬式 

総額

599,000円~

658,900円~

720,500円~

698,500円~

 

搬送

30km

50km

50km

50km

安置室利用

4日分

4日分

5日分

4日分

ドライアイス

4日分

4日分

5日分

4日分

仏衣

枕飾り

線香

式場使用料

上限額

55,000円

100,000円

55,000円

100,000円

遺影

焼香セット

受付セット

祭壇

会葬礼状

100枚

200枚

120枚

未掲載

案内看板

スタッフ

お別れ用花束

-

-

 役所手続き代行 

骨壷

自宅飾り

位牌

送迎バス

一般葬の流れについては「仏式葬儀とは?一般的なマナーや葬儀の流れについて徹底解説」の記事をご参考ください。

火葬料金はプランに含まれない

ご遺体を火葬するために必要な「火葬料金」は、葬儀プランに含まれないことがほとんどです。

火葬料金は地域により異なり、相場は4〜7万円ほどですが、地域住民であれば無料か格安で利用できる公営の火葬場もあるため、お住まいの地域にないか探してみましょう。

地域の火葬料金については「火葬場の使用料金とは?地域で大きく違いのある火葬場の使用料について」の記事でもご紹介しています。

お布施の費用(相場:約47万)

「お布施の費用」は、葬儀でおこなう「読経」と「戒名」の御礼として僧侶にお渡しするために必要です。

宗派やお寺によって相場が異なり、特に「戒名」はランクによって金額の増減が大きくなります。

●戒名の種類と相場

戒名

相場

信士(しんじ)/信女(しんにょ)

10万円〜50万円

居士(こじ)/大姉(だいし)

50万~80万円

院信士(いんしんじ)/院信女(いんしんにょ)

30万円~100万円

院居士(いんこじ)/院大姉(だいし)

100万円~

お布施の相場とマナーについては「【令和3年最新】葬儀時の僧侶お布施相場〜抑えるべきマナーのすべて」の記事でもご紹介しています。

参列者の飲食と返礼(相場:約30万)

親族や葬儀へ参列してくださった方たちへの食事、頂いた香典のお返しに必要な費用です。

参列者の飲食

参列者の飲食の相場は一人あたり3千円〜5千円ほどです。

会食の参加者が50名、一人前が4,000円であれば、50名×4,000円=200,000円となり、参加人数が増えるほど負担も大きくなります。

通夜後を「通夜振る舞い(つやぶるまい)」、葬儀・火葬後を「精進落とし(しょうじんおとし)」と呼びます。

それぞれの参加者の目安は、通夜振る舞いでは参列者の半数ほど。精進落としは火葬後となるため、親族や親しい人だけと少人数でおこなうのが一般的です。

精進落としについては、「精進落としとは?葬儀後に行われる食事の席の流れや内容から注意点やマナーまで徹底解説!」でもご紹介しています。

香典返しと会葬御礼

香典返しを当日にお渡しする場合の相場は、2千〜3千円。会葬御礼の相場は、5百〜千円ほどです。

仮に香典返しを2千円、会葬御礼を千円、100名分用意した場合は、100名×3千円=300,000円が必要になります。

「香典返し」は、本来であれば四十九日明けに、3分の1から半額分をお渡ししますが、当日にお返しする「即日(当日)返し」とすることも多いです。

「会葬御礼」は、香典の有無に関係なく、参列した方たち全員へお渡しするもので、どちらもお茶やハンカチなど日用品が定番で、足らなくならないよう多めに用意しましょう。

香典返しのマナーや挨拶状の例文は「香典返しのマナーを完全解説!相場・時期・挨拶状・例文・品物も紹介!」の記事をご参考ください。

一般葬を最大100万円以上安くなる7つの方法

電卓で計算する男性の画像

「葬儀にかかる費用」だけですと60万〜120万円ですが、「参列者への飲食と返礼」「お布施」費用が加算されることで、総額200万円以上になることも珍しくありません。

もし、費用を効率的に抑えたい場合は下記7つの方法を、最低でも葬儀の3日以内に検討する必要があります。

なぜなら、故人が亡くなられてから葬儀社決定までは3時間ほどしかありません。

結果、「複数葬儀社の比較検討」や「事前資料請求」は実行不可となり、「パニック状態で葬儀社を決めてしまった…」ということにもなりかねないからです。

事前準備をしっかりとしておくことで、費用も抑えられスムーズな葬儀準備ができるでしょう。

【方法1】複数の葬儀社を検討する(費用効果:3~10万円)

葬儀社によって、費用やプラン内容の差があるため、事前に複数の葬儀社にプランや金額の提案書を出してもらいましょう。

3社以上の葬儀社を比較することで、ハズレ業者に当たる確率はグンと減るはずです。

また、葬儀についての不明点やマナーについても相談することができるのも大きなメリットですね。

提案書の作成には3日ほどかかるため、家族が亡くなってから慌てて依頼することがないように、「どこの葬儀社に依頼すべきか?」は常に意識しておくことをオススメします。

【方法2】事前資料請求を利用する(費用効果:2~3万円)

ほとんどの葬儀社では、事前資料請求や会員登録による割引制度を実施しています。

無料で行え費用はかかりませんが、郵送には2、3日ほどかかります。葬儀社の検討と同様に、慌てて申し込んでも割引は適用されません。早めに請求しておきましょう。

●事前割引比較表(2022年2月現在)
※葬儀社によっては割引適用外のプランもあり

 

 やさしいお葬式 

  小さなお葬式  

  イオンのお葬式  

  DMMのお葬式  

 割引額 

30,000円

※三親等まで

利用可能

30,000円

5,500円

22,000円

条件

資料請求
+

アンケート回答 

事前相談
+

資料請求

資料請求

【方法3】市民・区民葬を利用する(費用効果:~50万円)

「市民・区民葬」は自治体が地域住民へのサービスとして行っている制度で、相場よりも安く葬儀を執り行うことができます。

葬儀に必要な費用と項目」でご紹介したように、葬儀を挙げるための費用は約120万円ですが、市民・区民葬では約40万円と大きく金額を抑えられます。

参考:川崎市|市民葬儀のご案内

自治体によってはおこなっておらず、取り扱っている葬儀社や斎場が指定されていることも多いです。

市民・区民葬の申し込み方法やメリット・デメリットについては「市民葬・区民葬とは?利用方法・メリット・デメリットを完全紹介!」の記事でもご紹介しています。

【方法4】公営斎場で執り行う(費用効果:3~10万円)

民営ではなく、自治体が運営している「公営斎場」を利用し費用を抑える方法があります。

斎場によって対象地区が決まっており、対象外の住民でも利用できますが、費用は割高になるでしょう。

また、公営斎場は人気があり数も限られるため、希望者が多い場合は葬儀日程が延びる可能性があります。

利用料金は斎場ごとに異なり、都心部ほど高く無料〜4万円ほどが相場です。

大田区「臨海斎場」使用料(2022年2月現在)
※故人、もしくは主催者の住所が大田区、港区、品川区、目黒区、世田谷区

 

 組織区住民※ 

 組織区外住民 

火葬料12歳以上

40,000円

80,000円

火葬料12歳未満 

24,400円

48,800円

火葬待合室

20,000円

60,000円

葬儀式場

56,000円

170,000円

遺族等控室

14,000円

42,000円

会葬者控室

30,000円

90,000円

公営と民営斎場の違いや選び方、注意点については「葬儀場とは?公営と民営の違いから葬儀場の選び方まで完全解説!」の記事をご参考ください。

【方法5】お布施費用を抑える(費用効果:~25万円)

僧侶の読経と戒名を付ける場合に必要なお布施費用は、約50万円と高額な金額です。

一般葬であっても、読経と戒名は必ずおこなわなければいけないわけではなく、現にキリスト教や神道など、僧侶をお呼びしない葬儀も多いです。

ただし、無宗教で行う場合は代わりの儀式や、スライドショー、音楽などの演出が必要になるため「お布施費用がそのまま抑えられる」という訳ではありません。

お寺にお墓がある場合は納骨を断られるケースも

「お寺にお墓がある」「お世話になっている菩提寺(ぼだいじ)がある」などといったケースでは、無宗教で葬儀をおこなった場合、納骨を拒否されるケースがあります。

無宗教での葬儀を検討している場合は、事前に必ずお寺へ相談しておきましょう。

無宗教葬儀についての方法や注意点は「プロが解説!無宗教葬儀を安心して行う為に知っておくべき5つのこと」をご参考ください。

僧侶派遣を利用して費用を抑えることも可能

僧侶派遣は、葬儀社がおこなっているサービスで相場よりも安く、さまざまな宗派の僧侶をお呼びし、戒名も付けることができます。

お世話になっている菩提寺がなく、読経や戒名はおこないたいという場合、「僧侶派遣」も検討してみましょう。

●各葬儀社の僧侶派遣料金(2022年2月現在)
※一般葬プランで依頼した場合

 

 やさしいお葬式 

 小さなお葬式 

 イオンのお葬式 

 DMMのお葬式 

料金
(非課税)

180,000円

180,000円

150,000円

160,000円

内容


●読経(通夜式/告別式/式中初七日/火葬炉前)

●戒名(一般ランク)

僧侶派遣の方法は「寺院手配サービスとは⁉︎寺院(僧侶)を手配する方法とは?」の記事もご参考ください。 

【方法6】会食費用を抑える(費用効果:~20万円)

参列者の飲食と返礼」の相場は約30万円かかりますが、「会食を省略する」もしくは「参加人数を減らす」ことで費用を抑えることができます。

特に昨今は、新型コロナウイルスの影響で葬儀での会食はおこなわないことも珍しくありません。

ただし、

「参列者へおもてなしをしないなんて!」

「通夜振る舞いや精進落としは、故人への供養になる」

という考えの方もいらっしゃいます。

会食の有無は独断で決めず、家族や親族ともよく相談して決めるべきでしょう。

【方法7】プラン内の既定範囲に収める(費用効果:3~10万円)

葬儀社が提供している葬儀プランの規定を超えた場合は、別途費用がかかります。

追加費用となるケースは大変多く、「プラン料金は安かったのに、追加費用がかさんで結局、高額となった」という不満や後悔の声も少なくありません。

具体的には、下記項目で追加費用が発生することが多いです。

●追加費用が発生するケース

【ケース1】
火葬場の空きがなく、安置日数が延びたことで、安置所の使用料金(相場:1日1万円)と、ドライアイスの追加費用(相場:1日5〜8千円)がかかった。

【ケース2】
プランの斎場上限額は5万円だったが、執り行った斎場の使用料は10万円かかった為、5万円の追加費用を支払った。

【ケース3】
安置場所から斎場までが遠く、既定の搬送距離を大幅に超えたため、追加料金(相場:10キロごとに5千円)がかかった。

葬儀社が掲載している”総額”だけでなく、項目ごとの追加費用も加味して検討すべきでしょう。

特に、安置費用の追加料金の相場は1日1万円と高額なため、「既定日数が長いプランを選択する」もしくは追加費用のかからない「自宅安置」を検討する方法もあります。

葬儀費用を1円でも安く抑える方法は「プロ解説|安い葬式の挙げ方5選。トラブル対策&上手な費用の抑え方」でもご紹介しています。

”今”できるのは「プランシートの作成」!

葬儀費用を抑えるために一番、確実でデメリットがないのは、「複数の葬儀社を検討する」「事前資料請求を利用する」の2つです。

しかし、
「複数の葬儀社を調べて見積もりを出すのは大変…」
「事前資料請求も、ちょっと敷居が高い」

という方は、やさしいお葬式の「プランシートの作成」を検討してみましょう。

「プランシート」は、おすすめの葬儀プランや金額、必要な項目が一目で分かる提案書となっています。

プランシートを作成することで、無駄な出費が減り費用を抑えられ、万が一のときでも慌てずに葬儀準備に取り掛かることができるでしょう。

また、他葬儀社と比較するときの参考資料としても使用できます。

「いざ」というときは、いつ訪れるかは誰にも分かりません。

葬儀が必要なとき、慌てて目に入った葬儀社を選ぶのではなく、時間と心に余裕があるときに、ご家族とじっくり相談して決めた方が、後悔や不満も少なくなるでしょう。

その点、「プランシート」はご家族との葬儀についての内容や費用への認識合わせにも非常に有効です。

「やさしいお葬式」では、365日24時間受け付けておりますので、葬儀についての疑問や不安などもお気軽にご連絡ください。

やさしいお葬式バナー画像

まとめ

一般葬の費用についてご紹介致しました。

相場は約200万円で、内訳は「葬儀に必要な費用」が約120万円、読経や戒名の「お布施」が約50万円、会食や香典返しの「参列者の飲食と返礼」が約30万円です。

参列者が多く、葬儀形式のなかで、最も高額となる一般葬ですが、下記7つの方法を検討することで100万円以上、費用を抑えることができます。

 

方法

内容

1

複数の葬儀社を検討する

・同じ一般葬でも葬儀社によって金額&内容が違う

・比較するためには、3社以上がオススメ

費用効果:3~10万円

2

事前資料請求を利用する

・資料請求や会員登録のみでOK

・郵送の場合は2,3日かかるため依頼する場合は早めに

費用効果:2~3万円

3

市民・区民葬を利用する

・自治体が住民へのサービスとして行っている葬儀形式

費用効果:~50万円

4

公営斎場で執り行う

・民営斎場よりも安く葬儀を執り行うことができる

費用効果:3~10万円

5

お布施費用を抑える

・無宗教葬儀にすることで、「読経」「戒名」に必要なお布施費用が不要になる

費用効果:~25万円

6

会食費用を抑える

・会食自体をなしにするか、参加人数を減らす

費用効果:~20万円

7

プラン内の既定範囲に収める 

・安置室の利用日数や、搬送距離が既定距離の上限を超えると追加費用が発生するため

費用効果:3~10万円

一般葬に限らず、亡くなってから葬儀が終わるまで、家族は慌ただしい日を過ごすことになります。

少しでも葬儀後の負担を軽くしたいのであれば、「今すぐ」できるプランシートの作成を強くオススメします。

「もしも」のときに、すぐ相談できるプロの葬儀社やスタッフがいるだけで大変心強く感じ、冷静に葬儀準備に取り掛かれるはずです。

関連記事一覧

【葬儀準備についての関連記事】
葬式の準備はどうすればよい?ご臨終から葬儀後の法要まで、必要な準備を完全解説!
事前に知っておきたい、葬儀会社のスタッフに聞かれること
寺院手配サービスとは⁉︎寺院(僧侶)を手配する方法とは?
葬儀場とは?公営と民営の違いから葬儀場の選び方まで完全解説!

【一般葬の流れについての関連記事】
仏式葬儀とは?一般的なマナーや葬儀の流れについて徹底解説
精進落としとは?葬儀後に行われる食事の席の流れや内容から注意点やマナーまで徹底解説!
プロが解説!無宗教葬儀を安心して行う為に知っておくべき5つのこと

【葬儀金額についての関連記事】
火葬場の使用料金とは?地域で大きく違いのある火葬場の使用料について
【令和3年最新】葬儀時の僧侶お布施相場〜抑えるべきマナーのすべて
プロ解説|安い葬式の挙げ方5選。トラブル対策&上手な費用の抑え方

【その他関連記事】
香典返しのマナーを完全解説!相場・時期・挨拶状・例文・品物も紹介!
市民葬・区民葬とは?利用方法・メリット・デメリットを完全紹介!

問い合わせ先の画像

  • 無料パンプレット

運営会社

会社概要

会社名 ライフエンディングテクノロジーズ株式会社
Life Ending Technologies Co.,Ltd
https://le-tech.jp/
資本金 11,930万円(資本準備金含む)
代表取締役 白石 和也
取締役 栗本 喬一
設立 2019年9月
所在地 〒105-0004
東京都港区新橋5丁目23-10片山ビル6階
TEL:0120-538-175
FAX:03-6800-5820
事業内容 葬儀関連のインターネットメディアの企画・開発
葬儀関連のシステム開発・運営
葬儀関連のシステム開発・運営
取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行

企業理念

私たちは、誰もが直面する「死」に対し、『真心』と『テクノロジー』をもって本気で向き合い、お客様の悔いのないライフエンディングに全力を尽くします。

やさしいお葬式

「丁寧なお葬式を適正価格で」 ご家族のお葬式や終活に関わる出来事は一生に何回もございません。しかし、必ず身内の葬儀や終活は誰もが経験することであり、家族のお葬式や終活に関する出来事は緊急を要します。緊急性が高いものであるからこそ、事前に備え行動をしておかなければなりません。また日本の各地域に多くの家族経営の葬儀社があり、サービス内容は一律ではございません。葬儀社には相談しにくい葬儀や葬儀以外の終活相談であっても、やさしいお葬式のスタッフは親身になり、ご相談対応をさせて頂きます。地域の葬儀物価の違いはありますが、「やさしいお葬式」は適切な基準、価格を設けご相談者様へご案内をさせて頂きます。

やさしいお葬式監修

葬祭ディレクターとして10年以上培った経験を活かし、多様化する価値観の中でご相談者様にとって
どのようなご葬儀を選択することがよいのかを丁寧にヒアリングさせていただき、ご提案いたします。

お葬式セミナー講師
エンディングコンサルタント
栗本 喬一(くりもときょういち)
1977年 東京生まれ(名古屋育ち)
略歴
母の死をきっかけに葬儀業界に興味を持ち、大学卒業後、大手葬儀社へ入社、家族葬から大規模葬儀まで、幅広くお葬式を葬儀担当者(セレモニーディレクター)として活躍。その後、葬儀会館の店長、新規開拓を歴任。お客様からの「ありがとう」という言葉をいただけることを仕事のやりがいとし、これまでに10年以上、5,000件以上の葬儀現場に立ち会う。
資格等
株式会社GSI グリーフサポート アドバンスコース修了。