【PR】「丁寧なお葬式を適正価格で」驚きの理由とは?
熊本県,熊本市,葬儀,費用

熊本市の葬儀相場は47万円!必要な内訳~費用を抑える方法を公開

「葬儀を熊本市で挙げるには、どれくらいの金額が必要なのかな…」

あまり知られていませんが、実は地域によって葬儀費用は変わります。

熊本市の葬儀費用の相場は47万円で、各プラン相場は下記になります。

【熊本市のプラン相場】

一般葬

82万円

家族葬

49万円

一日葬

39万円

直葬

18万円

平均

47万円

相場費用は、「葬儀会館が最も多い葬儀会社・上位3社」から「一番人気の葬儀プラン」を「直接電話リサーチした」ものですので、実際の金額に非常に近い相場となっております。

ただし、葬儀全体にかかる費用相場は、プラス10〜50万円以上、上乗せされることになります。葬儀費用とは別に火葬料金やお布施(読経や戒名の御礼)、参列者のおもてなし(香典返しや会食)の費用がかかるためです。

本記事では、葬儀全般に対しての地域相場や費用の疑問、さらに費用を賢く抑える方法まで紹介しています。これで費用への疑問や不安をスッキリと解決することができるでしょう。

熊本市で葬儀を検討している方には、とても有益な記事となっていますので、ぜひ最後までお読みください。

【監修】栗本喬一(くりもと きょういち)

略歴
栗本喬一(くりもと きょういち)
1977年生まれ
出生地:東京都(愛知県名古屋市育ち)

ライフエンディングテクノロジーズ株式会社 取締役COO

ディパーチャーズ・ジャパン株式会社
「おくりびとのお葬式」副社長として、葬儀会社の立ち上げ。「おくりびとアカデミー」葬儀専門学校 葬祭・宗教学 講師。
株式会社おぼうさんどっとこむ 
常務取締役として、僧侶派遣会社を運営。
株式会社ティア 
葬祭ディレクター、支配人、関東進出責任者として一部上場葬儀 社の葬儀会館出店、採用、運営を経験。

著書:初めての喪主マニュアル(Amazonランキング2位獲得)

プロフィール

熊本県熊本市での葬儀の費用相場は約47万円

熊本市の葬儀社で依頼した場合、相場は約47万円(A社:35万円、B社:57万円、C社:54万円)です。

※費用相場は、参列者約40名で会食・お布施費用は除き、祭壇や棺は通常ランクで執り行った場合の金額です。

【各葬儀スタイルの費用相場】

葬儀形式 一般葬 家族葬 一日葬 直葬(火葬式)
費用相場

82万円

49万円 39万円 18万円
A社 60万円 40万円 30万円 9万円
B社 98万円 64万円 49万円

16万円

C社 88万円 44万円 - 30万円
特徴 通夜・葬儀を行う一般的な葬儀 通夜・葬儀を親しい人のみで行う 葬儀のみ行う 通夜・葬儀をせず出棺のみ行う
参列者数 50〜300名 20〜30名 30〜50名 〜10名

※葬儀形式の項目をクリックすると、詳細記事が開きますので、合わせてご参考ください。

葬儀全体で必要な費用の内訳

葬儀プランだけでは、お葬式を挙げることが出来ません。

「葬儀プラン」+「火葬料金」=「葬儀に必要な費用」になります。

火葬料金は、地域ごとに費用が異なりますが、相場は約4〜7万円です。

また、葬儀で僧侶が「読経」をし、「戒名」を付けるには「お布施」が必要で、葬儀や通夜後に親族や参列者と会食をする場合は「参列者の飲食と返礼」費用もかかります。

つまり、

「葬儀費用の総額」=「葬儀に必要な費用」+「お布施」+「参列者の飲食と返礼」です。

熊本市の葬儀に必要な費用の内訳

葬儀に必要な

費用の内訳

熊本市

相場

内容
一般葬プラン料金 約82万円 ・安置に必要な搬送、安置室利用、ドライアイス、棺、枕飾り、線香など

・葬儀で使用する祭壇、遺影、受付など

・葬儀スタッフ、司会などの人件費など

家族葬プラン料金 約49万円
一日葬プラン料金 約39万円
直葬プラン料金 約18万円
火葬費用 約5万円 ・火葬料金

・火葬場での待合室利用料など

※子どもは火葬費用が変わります。目安は大人の約7割ほど

熊本市の火葬料金は6千円~

熊本市には市営の火葬場が2つあり、市民は12歳未満4,000円、12歳以上は6,000円から利用することができます。

●火葬場の利用料金

種類 利用料金
市内在住者 その他
12歳以上 6,000円 36,000円
12歳未満 4,000円 24,000円
待合室 4,000円 4,000円
式場利用(夜間) 5,000円 30,000円
式場利用(昼間) 5,000円 30,000円
式場利用(昼夜) 10,000円 60,000円

情報引用元:熊本市公式サイト|熊本市斎場

※2022年8月現在

熊本市斎場の詳細情報


画像引用元:熊本市公式サイト|熊本市斎場

斎場名 熊本市斎場
住所 熊本市東区戸島町796番地
電話番号 096-380-3350
受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで
休場日 1月1日及び市長が認める日
外部リンク 熊本市公式サイト|熊本市斎場

情報引用元:熊本市公式サイト|熊本市斎場

斎場名 植木火葬場
住所 熊本市北区植木町滴水628番地1
電話番号 096-272-0161
受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで
休場日 1月1日及び市長が認める日
外部リンク 熊本市公式サイト|熊本市ひごまるコールよくある質問

情報引用元:熊本市公式サイト|熊本市ひごまるコールよくある質問

熊本市のお布施相場は29,1万円

熊本市の葬儀のお布施相場は29,1万円前後です。全国のお布施相場(各宗派合算)は全国平均47.3万円です。

参考:第11回「葬儀についてのアンケート調査」日本消費者協会調べ

葬儀の際は、地域性や風習の違いもあり異なる場合がありますが、2回〜5回の読経が行われます。

(枕経)⇒通夜読経⇒告別式獨協(式中初七日込)⇒(火葬炉前読経)

1回あたり9,46万円〜23,6万円という幅の相場になります。

依頼される葬儀社にお布施の相場も確認しましょう。

【お布施の内訳と相場】

項目 種類 相場 内容
読経料 一般葬 15〜30万円 法要の際などに僧侶にお経をあげてもらう際のお布施のこと。
家族葬 15〜30万円
1日葬 10〜15万円 お通夜が省略されるため、一般葬よりも安くなる。
直葬 3〜10万円 供養の内容次第で金額が変わる。
戒名料 全種類 15〜30万円 戒名の際に、戒名に対する感謝の気持ちをお供えするお布施のこと。

戒名のランクや宗派によって変動する。参考サイト:

戒名の居士とは?他の戒名との違いから戒名の決め方、生前戒名まで完全解説!

お車代 全種類 5万円 僧侶が会場まで移動する交通費。


お布施にはマナーがあります。【令和4年最新】葬儀時の僧侶お布施相場〜抑えるべきマナーのすべてに詳しく書いてあります。葬儀をスムーズに執り行うためにも、合わせてお読みください。

参列者へのもてなし

近隣の参列者をはじめ、遠方から葬儀に来てもらう場合の対応など、気になる部分もあります。

地域によって葬儀のマナーが大きく違うこともありますので、事前に葬儀社へ確認しておくと安心です。

項目 相場 内容
通夜ぶるまい 一人あたり

2〜3千円

通夜の読経と焼香後に参列者に振る舞う食事やお酒のこと。
精進落とし 一人あたり

4〜5千円

葬儀後に参列者をもてなす料理のこと。
会葬御礼品 一人あたり

500〜千円

会葬者へお渡しする返礼品のこと。基本的にはいただいたお香典の半返しになる。

参列者へのもてなしは人数によって変わりますので、「精進落とし」を省略する場合は、「御膳料」を僧侶にお渡しするか、持ち帰り用のお弁当を準備してお渡しします。

御膳料の目安は、5千円〜1万円です。地域や宗派によって金額が変わるので、迷ったら葬儀を依頼する葬儀社へ相談することをおすすめします。


精進落し、御膳料のマナーを事前にしっかりと確認しておきたい方は、「御膳料とは?相場と渡し方と注意点とマナーを解説!」「精進落としとは?葬儀後に行われる食事の席の流れや内容から注意点やマナーまで徹底解説!」の記事もあわせてご確認ください。

葬儀費用を10万円以上抑える4つの方法

葬儀では、下記の4つを行うことで、葬儀プランを10万円以上抑えることが出来ます。

お手軽にできるオススメ順にご紹介していきます。

1.複数の葬儀社で比較検討する

2.事前に資料請求する

3.公営斎場で執り行う

4.僧侶派遣を利用する

選択肢の一つとして、ぜひ参考にしてください。

複数の葬儀社で比較検討する

複数の葬儀社から見積もりを取り、内容を比較することで安く抑えることが出来ます。

標準プランは葬儀社によって異なるため、自分が何を重視するのかを決めておくと良いでしょう。

希望のオプションがある場合は、取り扱いのある葬儀社を選び、その中で比較することをオススメします。

事前資料請求を利用する

多くの葬儀社では、事前に資料請求や相談をすることで、5千円〜3万円の割引を受けることができます。

登録料:無料

郵送の場合は2〜3日かかるため、割引を受けたい場合は、早めに申し込みをしましょう。

●事前割引比較表

  やさしいお葬式 小さなお葬式 イオンのお葬式
割引額 30,000円

※三親等まで

利用可能

30,000円 5,500円
条件 資料請求、

アンケート回答

事前相談、資料請求 資料請求

※2022年8月現在

※葬儀社によっては割引適用外のプランもあります。

公営斎場で執り行う

各自治体で運営している「公営斎場」では、民間斎場の約半分の費用で葬儀を執り行うことが可能です。

<公営斎場で執り行うメリット>

・火葬場が併設されていることが多いため、参列者の移動がラクにできる。

<公営斎場で執り行うデメリット>

・人気があるため、予約が取りにくい。

・混雑時は時間制限が設けられる場合がある。

その他、葬儀費用を抑える方法をプロが詳しく解説した「プロ解説|安い葬式の挙げ方5選。トラブル対策&上手な費用の抑え方」をご参照ください。

僧侶派遣を利用する

全国のお布施相場は、約47万円ですが、僧侶派遣を利用することで相場よりも5万円以上費用を抑えることが可能です。

読経だけでなく、各宗派に対応して戒名も付けることができます。ただし、お寺にお墓がある場合は、納骨を断られる可能性もある為、規約を確認したり親族にお世話になっているお寺(菩提寺)が無いか確認しておく必要があります。

僧侶派遣は、費用も分かりやすく葬儀だけのお付き合いでも問題ありません。「寺院手配サービスとは⁉︎寺院(僧侶)を手配する方法とは?」もあわせてお読み頂くと、手配の方法や注意点についてより深く知ることができます。

僧侶派遣は『やさしいお坊さん』でもご相談を受け付けております。お車代、御膳料、お心づけなど追加費用はかからず、全国最安値水準で依頼することが可能です。

やさしいお坊さんバナー

葬儀仲介業者を通すメリット

大切な葬儀だからこそ、葬儀社選びは慎重に選びたいものです。どこに依頼したらいいかわからない場合は、葬儀仲介業者に問い合わせてみましょう。

葬儀仲介業者は、全国各地域の葬儀社と契約しているため、相談しながら最適なものを選ぶことが出来ます。

● 葬儀仲介業者を通す3つのメリット

1. 葬儀費用を効率的に抑えることができる

2. 安心・誠実な葬儀社を紹介できる

3. 情報が豊富な為、お客様へのスムーズかつ確実な対応が可能

一人で調べるのは大変な作業です。葬儀仲介業者をかしこく活用して、安心して葬儀をしましょう。

葬儀費用を効率的に抑えることができる

葬儀社のプラン内容はわかりにくいです。

仲介業者では、プラン料金が決まっているため、明朗会計で、葬儀に必要な項目は既に含まれています追加料金が必要な場合は、オプションとして追加できるため、必要・不要の判断がしやすく、結果的に費用を抑えることが可能です。

料理や返礼品の追加、⾻壺や御棺の変更、祭壇のお花の増量など、既定プラン以上の費用がかかる場合はオプションで追加が可能です。

【やさしいお葬式のお客様の声】

ネットで掲載された大手葬儀社に依頼したら、300~400万とネット掲載よりも100万円近く違っていた。やさしいお葬式では追加費用を都度確認して頂き、さらに金額から大幅に違うということもなく信頼ができました。

やさしいお葬式にお寺の手配もできると言われ依頼した。お布施の金額も明確でそれ以上はかからないと言われた。

安心・誠実な葬儀社を紹介できる

葬儀社選びは難しく、いい葬儀社がどこなのかわかりません。

葬儀仲介業者では、一定のクオリティをチェックして葬儀社登録されるため、安心・誠実な葬儀社の紹介が可能です。

例) 反社会的勢力に関係していないか、お客様と過去にトラブルのあった葬儀社かどうか。

 これらは事前に対象外とされ、登録できません。

【やさしいお葬式のお客様の声】

コロナで祖母が亡くなった。最初は病院側に紹介された葬儀社に依頼する予定でしたが、最後のお別れもできず「次に会えるのがご遺骨の状態です。」と病院から言われた。やさしいお葬式に依頼したところ、エンディングルームを設けていただき、私たち家族だけでゆっくりと顔を見ながら祖母とのお別れが出来ました。

・葬儀場が急遽変更となったが、嫌な顔一つせずに「ご希望が叶ってよかったです」と言って頂けて本当に嬉しかったです。葬儀が終わってからも気にかけていただけてすごくありがたかったです。

情報が豊富!お客様へのスムーズかつ確実な対応が可能

葬儀の後悔は情報不足から起こることが多々あります。葬儀仲介業者では、豊富な情報量から間違いのない確実なご案内が可能です。

さらに、24時間365日受付可能なスタッフが常駐している為、お客様へのスピーディーな事前相談の対応もできるというのが特徴です。

例:斎場・火葬場の運営状況の把握。葬儀の事前見積もりだけでなく、マナーや服装についても相談可能。

【やさしいお葬式のお客様の声】

私が喪主を務めるのも初めてでしたし、身内と日程の都合も合わなくて、どんな葬儀をしてあげたらいいのか分からなくて、すごく悩んでいた。「やさしいお葬式」の方は一つ一つ丁寧に葬儀プランや、詳細について教えていただけて安心できました。

・とても困っていたので問い合わせをしたらすぐに対応して貰えました。料金についても間違いがないように分かりやすく説明して頂き安心感がありました。

まとめ

・葬儀費用は葬儀形式、依頼する葬儀業者によって大きく変わる。

 参列者数、通夜・葬儀の有無により形式が変わります。自分に合った形式を選びましょう。

葬儀形式 一般葬 家族葬 一日葬 直葬(火葬式)
費用相場

82万円

49万円 39万円 18万円
A社 60万円 40万円 30万円 9万円
B社 98万円 64万円 49万円

16万円

C社 88万円 44万円 - 30万円
特徴 通夜・葬儀を行う一般的な葬儀 通夜・葬儀を親しい人のみで行う 葬儀のみ行う 通夜・葬儀をせず出棺のみ行う
参列者数 50〜300名 20〜30名 30〜50名 〜10名

・熊本市の葬儀に必要な費用の内訳

葬儀に必要な

費用の内訳

熊本市

相場

内容
一般葬プラン料金 約82万円 ・安置に必要な搬送、安置室利用、ドライアイス、棺、枕飾り、線香など

・葬儀で使用する祭壇、遺影、受付など

・葬儀スタッフ、司会などの人件費など

家族葬プラン料金 約49万円
一日葬プラン料金 約39万円
直葬プラン料金 約18万円
火葬費用 約5万円 ・火葬料金

・火葬場での待合室利用料など

※子どもは火葬費用が変わります。目安は大人の約7割ほど

・お布施の内訳と相場

項目 種類 相場 内容
読経料 一般葬 15〜30万円 法要の際などに僧侶にお経をあげてもらう際のお布施のこと。
家族葬 15〜30万円
1日葬 10〜15万円 お通夜が省略されるため、一般葬よりも安くなる。
直葬 3〜10万円 供養の内容次第で金額が変わる。
戒名料 全種類 15〜30万円 戒名の際に、戒名に対する感謝の気持ちをお供えするお布施のこと。

戒名のランクや宗派によって変動する。参考サイト:

戒名の居士とは?他の戒名との違いから戒名の決め方、生前戒名まで完全解説!

お車代 全種類 5万円 僧侶が会場まで移動する交通費。

参列者の飲食と返礼の相場

項目 相場 内容
通夜ぶるまい 一人あたり

2〜3千円

通夜の読経と焼香後に参列者に振る舞う食事やお酒のこと。
精進落とし 一人あたり

4〜5千円

参列者をもてなす料理のこと。
会葬御礼品 一人あたり

500〜千円

会葬者へお渡しする返礼品のこと。基本的にはいただいたお香典の半返しになる。

・葬儀費用を10万円以上抑える4つの方法

下記の4つを行うことで葬儀費用を10万円以上抑えることが可能です。

1.複数の葬儀社で比較検討する

2.事前に資料請求する

3.公営斎場で執り行う

4.僧侶派遣を利用する

なかでも、「事前に資料請求する」は、多くの葬儀社が5千円〜3万円の割引を設けていますので、ぜひ資料請求してみましょう。

葬儀仲介業者を通す3つのメリット

1. 葬儀費用を効率的に抑えることができる

2. 安心・誠実な葬儀社を紹介できる

3. 情報が豊富な為、お客様へのスムーズかつ確実な対応が可能

一人で調べるのは大変な作業です。葬儀仲介業者をかしこく活用して、後悔のない葬儀をしましょう。

問い合わせ先の画像

無料資料の請求バナー

運営会社

会社概要

会社名 ライフエンディングテクノロジーズ株式会社
Life Ending Technologies Co.,Ltd
https://le-tech.jp/
資本金 11,930万円(資本準備金含む)
代表取締役 白石 和也
取締役 栗本 喬一
設立 2019年9月
所在地 〒105-0004
東京都港区新橋5丁目23-10片山ビル6階
TEL:0120-538-175
FAX:03-6800-5820
事業内容 葬儀関連のインターネットメディアの企画・開発
葬儀関連のシステム開発・運営
葬儀関連のシステム開発・運営
取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行

企業理念

私たちは、誰もが直面する「死」に対し、『真心』と『テクノロジー』をもって本気で向き合い、お客様の悔いのないライフエンディングに全力を尽くします。

やさしいお葬式

「丁寧なお葬式を適正価格で」 ご家族のお葬式や終活に関わる出来事は一生に何回もございません。しかし、必ず身内の葬儀や終活は誰もが経験することであり、家族のお葬式や終活に関する出来事は緊急を要します。緊急性が高いものであるからこそ、事前に備え行動をしておかなければなりません。また日本の各地域に多くの家族経営の葬儀社があり、サービス内容は一律ではございません。葬儀社には相談しにくい葬儀や葬儀以外の終活相談であっても、やさしいお葬式のスタッフは親身になり、ご相談対応をさせて頂きます。地域の葬儀物価の違いはありますが、「やさしいお葬式」は適切な基準、価格を設けご相談者様へご案内をさせて頂きます。

やさしいお葬式監修

葬祭ディレクターとして10年以上培った経験を活かし、多様化する価値観の中でご相談者様にとって
どのようなご葬儀を選択することがよいのかを丁寧にヒアリングさせていただき、ご提案いたします。

お葬式セミナー講師
エンディングコンサルタント
栗本 喬一(くりもときょういち)
1977年 東京生まれ(名古屋育ち)
略歴
母の死をきっかけに葬儀業界に興味を持ち、大学卒業後、大手葬儀社へ入社、家族葬から大規模葬儀まで、幅広くお葬式を葬儀担当者(セレモニーディレクター)として活躍。その後、葬儀会館の店長、新規開拓を歴任。お客様からの「ありがとう」という言葉をいただけることを仕事のやりがいとし、これまでに10年以上、5,000件以上の葬儀現場に立ち会う。
資格等
株式会社GSI グリーフサポート アドバンスコース修了。