【PR】「丁寧なお葬式を適正価格で」驚きの理由とは?

思い出に浸りながら葬儀を行うことが出来ました

やさしい一日葬

山内 伸一様  

2022年08月   故人 :お母様

子どもと教育が大好きな母でした

インタビュアー:お母様はどのような方だったのでしょうか?

山内様:母は私が生まれる前から小学校の先生をしていて、子どもと教育が大好きな、やさしいお母さんでした。

作文が好きだったので、小学校低学年までは勉強を教えてもらったり、夏休みなどの長期休みの時には読書感想文など、大変な宿題を手伝ってもらっていました。

教え子が頻繁に会いに来てくれるなど、生徒に慕われるやさしい母のことを本当に尊敬していました。

インタビュアー:山内様が卒業されてから、お母様とはどのように向き合われていたんでしょうか?

山内様:私がアメリカで仕事をしていたこともあり、私が34~35歳の頃に両親もスペインに住み始めました。

それからは夫婦でよくヨーロッパを旅していました。

スペインでも学校の先生として働いていました。子どもたちに日本語を教えてあげたりするなど、本当に先生という仕事が大好きなんだなと感じていました。

 旅行が大好きでいつも楽しそうにしていました

インタビュアー:それではお母様はスペイン語なども話せるのですか?

山内様:父は話せましたが、母は少しだけしか話せないです笑

気合いでなんでも乗り切るようなアグレッシブな人だったからですね。

父が亡くなってからは東京都立川市で暮らし始め、それからはほぼ毎日欠かさず健康のためにウォーキングを行っていましたね。

決めたことは必ずやり切る!というまっすぐなところもありましたので、継続できていたのだと思います。

日本に帰国後は長女が住んでいるオーストラリアに行ったり、次男と沖縄に行ったりと本当にアクティブで、行動力溢れる人でしたね。

そんな母だったので、いつまでも元気でいてくれると思っていたのですが、今年の3月に要介護3が決定し、介護スタッフと相談の上で介護を始めました。

その後、15分以上座ると痛みを訴え、寝たきりになる時間が長くなってきたため、介護老人保健施設への入所を進めていました。

結果として、介護認定を受けた頃より加齢が原因の全身機能低下(老衰)が進んでいたようでした。

それから半年経たないくらいで、車いすの上で眠るようにして天国へ旅立っていきました。

 キリスト教でも対応可能な葬儀社を探していたら

インタビュアー:急なことで大変だったかと思うのですが、「やさしいお葬式」のことはどうやって知られたのですか?

山内様:亡くなるのって本当に急なことで、もちろん何の準備もしていなかったんです。

母がキリスト教の信仰だったこともあり、キリスト教で対応して頂ける葬儀社がないか調べていたところ「やさしいお葬式」さんのサイトを見つけ、知るきっかけになりました。

 丁寧で素早い対応に安心できました

インタビュアー:実際に電話されてみていかがでしたか?

山内様:私たちの話も丁寧に聞いていただけて、本当によかったと感じています。

対応をしていただいた方もすごく落ち着いていて、安心できる方でした。

金額の部分なども丁寧に、分かりやすく説明して頂けて本当によかったと感じています。

それに、私たちへの質問なども無駄がなく、スピーディーで良かったです。

葬儀社の手配をしていただくまでにもすごく早くて助かりました。

本当に無駄なく、素早い対応の速さには驚かされましたね。

 要望を沢山叶えてくれて、すごくいい葬儀にして下さいました

インタビュアー:実際にお手配させて頂いた葬儀社はいかがでしたか?

山内様:「やさしいお葬式」さんとお話を終えた後、15分以内に折り返しのご連絡を頂き、それから「○○時までにはお迎えに上がります」と明確にお伝えいただけて、もう動いてくれているんだと、そこで一安心することが出来ました。

予定より早くお迎えにも来ていただき、すぐにお会いできたので、電話で話していた時以上に安心できたことを覚えています。

インタビュアー:お迎え後の打ち合わせなどはどうでしたか?

山内様:こちらの要望もたくさん聞いていただけて、非常に嬉しかったです。

私は母が信仰していた教会で葬儀を行ってあげたいと思っていたため、そのことをお伝えするとその教会の方とお話しいただき、葬儀を執り行って頂けました。

讃美歌なども歌って頂けて満足しています。

私が小さい頃、母に教会へ連れて行ってもらったことを思い出しながら葬儀を執り行うことができて、本当によかったと満足しています。参列してくれた方からも「すごくいい式だったよ」と言って頂けて私も嬉しかったです。

 もっと沢山の方に知って頂きたいです

インタビュアー:ご満足いただけたのであれば何よりでございます。因みに山内様から「やさしいお葬式」へ望むことはございますか?

山内様:特にないのですが、「やさしいお葬式」をもっと沢山の方に知って頂きたいと思っています。

早くて便利でいろんな葬儀を対応して頂けるのですから、私のように困っている方に知って頂きたいと思います。

まだまだ馴染みのないキリスト教などの葬儀でも相談に乗って頂けて、すごくいい葬儀社の方とめぐり合わせてくれるので、もっとたくさんの方の力になってもらいたいと思っています。応援しているのでこれからも頑張ってくださいね。

今回はありがとうございました。

今回ご利用いただいた葬儀プラン

運営会社

会社概要

会社名 ライフエンディングテクノロジーズ株式会社
Life Ending Technologies Co.,Ltd
https://le-tech.jp/
資本金 11,930万円(資本準備金含む)
代表取締役 白石 和也
取締役 栗本 喬一
設立 2019年9月
所在地 〒105-0004
東京都港区新橋5丁目23-10片山ビル6階
TEL:0120-538-175
FAX:03-6800-5820
事業内容 葬儀関連のインターネットメディアの企画・開発
葬儀関連のシステム開発・運営
葬儀関連のシステム開発・運営
取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行

企業理念

私たちは、誰もが直面する「死」に対し、『真心』と『テクノロジー』をもって本気で向き合い、お客様の悔いのないライフエンディングに全力を尽くします。

やさしいお葬式

「丁寧なお葬式を適正価格で」 ご家族のお葬式や終活に関わる出来事は一生に何回もございません。しかし、必ず身内の葬儀や終活は誰もが経験することであり、家族のお葬式や終活に関する出来事は緊急を要します。緊急性が高いものであるからこそ、事前に備え行動をしておかなければなりません。また日本の各地域に多くの家族経営の葬儀社があり、サービス内容は一律ではございません。葬儀社には相談しにくい葬儀や葬儀以外の終活相談であっても、やさしいお葬式のスタッフは親身になり、ご相談対応をさせて頂きます。地域の葬儀物価の違いはありますが、「やさしいお葬式」は適切な基準、価格を設けご相談者様へご案内をさせて頂きます。

やさしいお葬式監修

葬祭ディレクターとして10年以上培った経験を活かし、多様化する価値観の中でご相談者様にとって
どのようなご葬儀を選択することがよいのかを丁寧にヒアリングさせていただき、ご提案いたします。

お葬式セミナー講師
エンディングコンサルタント
栗本 喬一(くりもときょういち)
1977年 東京生まれ(名古屋育ち)
略歴
母の死をきっかけに葬儀業界に興味を持ち、大学卒業後、大手葬儀社へ入社、家族葬から大規模葬儀まで、幅広くお葬式を葬儀担当者(セレモニーディレクター)として活躍。その後、葬儀会館の店長、新規開拓を歴任。お客様からの「ありがとう」という言葉をいただけることを仕事のやりがいとし、これまでに10年以上、5,000件以上の葬儀現場に立ち会う。
資格等
株式会社GSI グリーフサポート アドバンスコース修了。