【PR】「丁寧なお葬式を適正価格で」驚きの理由とは?
糖尿病,末期,痩せる,余命

糖尿病で痩せるのは末期?平均寿命や余命と今後の行動4つを徹底解説

「糖尿病で痩せる症状が出たら、余命はどうなるの?」

「万が一に備えて、何をしておけばいいの?」

糖尿病で痩せる症状は、必ずしも末期症状であったり、余命が短くなる訳ではありません。

しかし、「痩せる」ことは、糖尿病の症状の一つであることは間違いなく、放置してしまうと様々な合併症の危険があるため、早めの受診や対策が必要です。

情報参考元:糖尿病情報センター|国立国際医療研究センター

実際、「糖尿病の診断の具体例」では、最近2週間ぐらい喉が渇いて清涼飲料水やジュースなどをたくさん飲んで、何度もトイレに行っていた方がいました。

疲れやすく、体重も徐々に減ってきていたため、心配して病院に行ったところ、糖尿病と診断された例もあります。

そもそも糖尿病は、糖分の取りすぎや運動不足が原因で発症する、生活習慣病の代表疾患です。

そのため、「薬を飲んでおけば大丈夫」と軽く考えてしまいがちですが、突然命の危険に晒される危険性もあります。

情報引用元:すぎやま病院|知っておきたい身体の危険信号

本記事では、糖尿病の知識や危険性だけではなく、末期症状や余命についても解説しながら、以下の3つのことを詳しく紹介します。

  1. 1.糖尿病を悪化させないための方法3つ
  2. 2.糖尿病患者の体験談
  3. 3.後悔しないために必要な4つの行動

糖尿病は厚生労働省「糖尿病実態調査」によれば、強く疑われる人は690万人、可能性を否定できない人を合わせると1,370万人いると推測されています。

身近な病気であり、突然生死を彷徨う可能性がある恐ろしい病気なため、しっかりと備えておくことが大切です。

後悔しないためにどんな行動をすればいいのかを、詳しく紹介しますので、ぜひ最後まで読了ください。

【監修】栗本喬一(くりもと きょういち)

略歴
栗本喬一(くりもと きょういち)
1977年生まれ
ライフエンディングテクノロジーズ株式会社 取締役
株式会社ティア(葬儀社)入社 葬儀ディレクター
支配人、関東進出プロジェクトリーダー
支株式会社おぼうさんどっとこむ 常務取締役

プロフィール

糖尿病で痩せることは必ずしも「余命」と関連していない

糖尿病と診断され、食事量が変わっていないのに、「痩せる」症状がある場合、病気が進行している可能性があります。しかし、必ずしも余命が短くなるという訳ではありません。

ただし、放置してしまうと急性合併症や慢性合併症、神経障害などの合併症を発症する危険があるため、一刻も早く病院に受診するようにしてください。

以下にて、原因を紹介しながら具体的な末期症状について、順番に解説していきます。

糖尿病末期について

  1. 1.糖尿病で痩せる原因
  2. 2.合併症の危険性
  3. 3.糖尿病の末期症状

糖尿病で痩せる原因

インスリンに異常があると(正常に作用していない場合、細胞にエネルギー原であるブドウ糖が供給されない状態)代わりに脂肪や筋肉をエネルギーとして使うようになり、痩せ始めます。

人によっては、1か月に5〜10kgも体重が減る方もいるため、注意が必要なのです。

糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があり、どちらの種類も体重が減少する症状が出ることがあります。ただし、1型糖尿病は、突然急に体重が減少するのが特徴です。

情報参考元:糖尿病情報センター|国立国際医療研究センター

合併症の危険性

糖尿病は血糖コントロールがうまくできないため、さまざまな病気を誘発したり、合併症を引き起こしたりする可能性があります。

主に以下のような3つの合併症を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

  1. 1.急性合併症

    急激な血糖値が上昇して起こる急性合併症は、感染症や脱水、治療の中断や甘いジュースの飲みすぎなどをきっかけに起こり、適切に治療を行わなければ命の危険に陥る可能性がある。

    1. 2.慢性合併症

      年単位でゆっくりと進行していくのが、慢性合併症。神経障害、網膜症、腎症などが挙げられる。血管が傷つき、将来的に心臓病や失明、腎不全、細菌感染症、最悪の場合足の切断といったことが起こる可能性がある。

      1. 3.神経障害

        神経障害とは、血管が傷ついて神経が傷むことで、神経の動きに支障をきたすこと。血糖値が高い状態が続くと、しびれや痛み、感覚がなくなったりといった障害が起こる可能性がある。

情報参考元:糖尿病情報センター|国立国際医療研究センター

糖尿病の末期症状

糖尿病は、進行すると上記で紹介したようなさまざまな合併症を招く可能性があり、そこから心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる危険性もあるのです。

以下、初期症状と末期症状の違いについて、簡単に以下の表で紹介します。

2つの違いと進行した先のポイントを知っていれば、「初期症状だから大丈夫」と軽く考えず、悪化させないための行動にも繋がりますので、しっかり押さえておきましょう。

糖尿病初期症状 糖尿病末期症状
  • ・喉が渇く
  • ・トイレに行く回数が増える
  • ・体重が減る
  • ・疲れやすい
  • ・意識障害 など
  • ・失命
  • ・排泄機能の停止
  • ・免疫機能の低下
  • ・皮膚や皮下組織などの死滅
  • ・歯周病悪化または全ての歯が抜ける

情報参考元:大腸内科クリニック|糖尿病の症状ー初期~末期ー

糖尿病末期でも悪化させないための方法3つ

現在、あなたが糖尿病末期だとしても、これから悪化させないための3つを紹介します。今から自力で簡単にできる方法から紹介していきます。

たった1つの行動でも大きな変化にも繋がりますが、体調が気になる方は必ず医師に相談し許可を得てから、実践するようにしてください。

悪化させないための方法3つ

  1. 1.食事療法
  2. 2.運動療法
  3. 3.薬物療法

食事療法

糖尿病の食事療法は、自分の適正エネルギー量や栄養バランスを考えながら、いろいろな食品を食べることが大切です。

しかし、栄養バランスなどを考えてしまうと「難しい」と感じて、結局自分が好きな物ばかり食べてしまったり、行動に移せなかったりします。

まずは以下の5つの基本を抑えて、積み重ねていくようにしましょう。時々、自分の好きな物を食べて気分転換して、上手に続けていってください。

  1. 1.ゆっくり、よく噛んで食べる
  2. 2.朝食、昼食、夕食の3食を必ず食べる
  3. 3.バランスよく食べる
  4. 4.食事は腹八分目まで
  5. 5.夜遅く、寝る前には食べない

情報参考元:糖尿病情報センター|国立国際医療研究センター

次に、実際の食事はどうしたらいいかと悩む方も多いでしょう。料理も苦手で、何を食べたらいいのか分からない場合は、以下のお弁当サービスがおすすめです。

  1. 1.ウェルネスダイニング

    管理栄養士監修のおまかせメニューがあり、塩分や糖質、たんぱく質、カロリー制限を行ってくれます。

    1. 2.らいふーど

      高齢者向けですが、栄養士監修のお弁当であり、カロリーや塩分、たんぱく質、糖質制限があったり、療養中の方におすすめです。

運動療法

運動療法は、有酸素運動(ウォーキングやジョギング・水泳など)と筋力トレーニングが挙げられます。

有酸素運動や筋力トレーニングを行うことで、インスリン効果が高まり、筋肉に血流が増え血糖値が低下したり、筋力トレーニングでは血糖値が下がりやすくなるのです。

さらに、運動をやめるとたったの3日で効果がなくなってしまうと言われているため、継続力が求められます。

だからといって、激しい運動を行えばいいという訳ではありません。

激しい運動は血糖値が高くなったり、心臓や腎臓に負担がかかったりするため、運動を始める前に担当医に相談するようにしましょう。

詳しいトレーニング方法は、公益財団法人|健康・体力づくり事業財団が写真で分かりやすく紹介していますので、参考にしてください。

情報参考元:糖尿病情報センター|国立国際医療研究センター

【糖尿病の運動療法の動画】

YouTubeでも糖尿病の運動療法を紹介しています。写真だと実際にやってみると、「本当にこの方法で合っているのか?」と不安に感じる方も多いです。

動画だと運動療法をやりながら、ポイントも解説してくれるので非常に実践的です。動画を見ながら一緒に運動できるので、挫折も少なくなくなるでしょう。

動画引用先:糖尿病の運動療法~レジスタンス運動編~市立室蘭総合病院公式チャンネル

薬物療法

薬物療法は、薬によって血糖をコントロールし、血糖の高い状態を改善しながら、合併症も予防することができます。また2つのパターンで重症化を防ぐことが目的です。

  • ・飲み薬:インスリンの分泌を促進したり、糖分の分解や吸収を遅らせたりする
  • ・注射:インスリンの分泌を促したり、インスリンを補ったりする

主に、上記で紹介した食事療法と運動療法だけでは、改善が難しいと判断された場合に用いられます。

糖尿病の薬は、回数や種類が多く、飲み忘れてしまうことがあります。市販されている服用カレンダーなどを活用して、事前にセットしておくといいでしょう。

担当医に服用方法を相談しながら、工夫しながら続けていくことが大切です。

情報参考元:糖尿病情報センター|国立国際医療研究センター

実際の糖尿病患者の体験談

糖尿病だと診断されたとしても、例えば自覚症状がなかったり、現実味がなかったりして、なかなか現実を受け止められない方が多いです。

経済アナリストの森永卓郎さんは2009年に糖尿病と診断され、突然余命6か月とこのまま放置すれば、3か月以内に失命するとまで言われました。

この方は担当医だけではなく、トレーナーを付け家族や友人にチェックしてもらいながら、週2回50分のトレーニングを設け、無事に糖尿病を克服したのです。

情報参考元:東洋経済

体験談は今後の治療に必要不可欠になってきます。以下で手助けしてくれる体験談を3つ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

  1. 1.糖尿病ネットワーク

    ブログなどの体験談ではありませんが、「談話室BBS」で今抱えている悩みを投稿すると返答が貰えます。過去の談話では改善方法も教えてくれているので、非常に参考になります。

    1. 2.我が家の献立の記録、糖尿病で食事制限。

      旦那さんが2型糖尿病と診断されたため、奥さんが健康を気遣った献立を掲載しています。糖尿病の食事はどんなものかを知れるので、今後の参考になります。

      1. 3.しらねのぞるばの暴言ブログ

        空腹時に血糖値が上昇して、医者に相談したら注意した方がいいと言われてから生活を変えた方で、専門的に糖尿病について紹介されているので、知識を入れたい方におすすめです。

後悔しないために必要な行動4つ

糖尿病末期では、いつ何時何が起こるか分かりません。そのため、必ず以下の行動4つを行っておくようにしてください。

4つの行動を把握しておけば、万が一の時に家族や周囲が困らず、トラブルにも発展しにくくなります。

さらに、自分が後悔しないために「今何をしたいのか」を理解することもできる内容になっています。以下、重要な順番に紹介しますので、ポイントだけでも押さえておきましょう。

後悔しないための4つの行動

  1. 1.やりたいことを書き出す
  2. 2.エンディングノート
  3. 3.遺言書
  4. 4.生前予約の検討

やりたいことを書き出す

まずは自分が何をしたいのかを知るために、「100のやりたいことリスト」を作成します。

参考例

  1. 1.世界一周をしたい
  2. 2.毎日スクワット3セット
  3. 3.〇〇店のケーキが食べたい
  4. 4.スポーツジムに通いたい
  5. 5.英語を勉強したい など

何でもいいので、ノートなどに書いてみましょう。また、書いていくと色々考えてしまうので、以下のポイントを押さえておきます。

3つのポイント

  1. 1.考えすぎないように書く

    一貫性や統一性はいらない。自分が思いつくままに書く。

    1. 2.具体的なイメージで書く

      「旅行に行きたい」ではなく、「鎌倉に行きたい」というような具体的な内容で書く。

  1. 3.一週間かけて書く

    1日で書こうと焦らない。自分のことを思い出しながら書いていく。

100のやりたいことリストは、今後のやりたいことが明確に分かるだけではなく、自分の思いも再確認できるものです。

自分を見つめ直すことができたり、書くことで実行率も大きく上がりますので、実行してみましょう。

エンディングノート

エンディングノートは、生前に自分に関するいろいろな情報を書き残すノートのことです。

手紙や大学ノートに書いてもいいですが、今では目的に合わせて書けるように市販されています。そうしたノートを利用すれば、楽に必要な内容も書けるでしょう。

ただし、エンディングノートには法的効力がないため、遺言書のように遺産の分配を記したとしても無効となります。あくまで、延命処置や個人情報などを書くといいでしょう。

実際にエンディングノートを書くとなると、何から書いていけばいいのか分かりません。簡単に書けるおすすめノートを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

  • ハッピーライフ エンディングノート

    B5サイズでページが多すぎないシンプルなノートです。選択項目はチェック式なので、迷うことなく進められ、日常生活でもつい忘れてしまう内容も記入できます。

    自分の大切な情報をまとめておけば、急な入院や災害などで、必ず役に立ちます。持ち運びにも最適なサイズなので、おすすめ商品です。

    【レビュー:★★★★☆】自分と向き合う

    このご時世なにがあるかわからないので、買い求めました。(家族の分も)

    いろいろ書き込んでいるうち、自分の本音がわかったり、お世話になった人への感謝の気持ちが湧いてきました。

    情報引用元:amazon

    • もしもの時に家族をつなぐ 書き込み式 エンディングノート (生活実用シリーズ)

      まる得マガジン『もしもの時に! 家族をつなぐエンディングノート』の放送テキストの、書き込み式ノートです。

      病気や事故など、緊急時の備忘録、葬儀やお墓・相続などの気になることを書け、万が一の時に家族に渡せるようになっています。

      【レビュー:★★★★☆】エンディングノートと対にして

      ページごとに、わかりやすく振り返り野視点が整理されていきます。

      日々のわずかな時間に、目をとめ、完成させていける気安さが見事です。

      できることから、整理していくうちにすっきりと自分を振り返るきっかけが得られました。

      情報引用元:amazon

自分でどうしても書きたいという方は、「エンディングノートは難しくない!スラスラと書ける5つのポイント!」を参考にしてください。書き方のポイントやエンディングノートが書けるサービスを紹介していますので、簡単に書けるようになります。

遺言書

次に行うべきことは、法的効力がある遺言書の作成です。遺言書とは、自分の死後に残された家族や親族などに対し、財産の分け方を記したもののことをいいます。

渡したい人を指定しておけば、自分が亡くなった後に財産を譲れるようになります。

意外と多いのが相続問題です。自分の家族は大丈夫だろうと甘く考えずに、しっかりとした準備を行うようにしてください。

また、遺言書を書く上で、自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3種類あります。中でも基本となる「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の2種類について紹介します。

  1. 1.自筆証書遺言【費用:基本0円】

    ※公証役場で保管してもらう場合、手数料3,900円

特徴

・自分で簡単に作成できる

・内容確認がないため、不備があると無効になる

・代筆不可で、本人の自筆のみ効力がある

・日付・署名・押印(可能であれば実印)が必須

  1. 2.公正証書遺言【費用:2万円~5万円】

    ※財産合計によって変動あり

    特徴

    ・公証役場で公証人に内容を伝えて、作成

    ・不備による遺言書の無効といった危険性がなくなる

    ・完成までに最低2~3週間程度かかる

    ・病気などで文字が書けなくても作成可能

自分で遺言書を書きたい場合、「【文例付き】相続プロが教える!有効な遺言書の書き方完全マニュアル」を参照ください。例文付きで書き方を紹介していますので、見ながら書けば自力で作成も可能です。

生前予約の検討

生前予約とは、自分が存命の内に葬儀のプランなどを葬儀会社に予約しておくことです。あくまで、日程確定済みの予約ではなく、亡くなった後に施行されるものとなります。

  • ・メリット

    ・自分が望んだ葬儀にできる

    ・独り身であっても、自分の葬儀の形を指定できる

    ・費用が分かり、家族の精神面や経済面で大きな助けとなる

    • ・デメリット

      ・家族に伝えていないと施行されない

      ・不謹慎だという考えから、反対される可能性がある

      ・前払いというリスクが発生する

生前予約は、前払いの危険性と隣り合わせです。しかし、葬儀費用信託サービスを提供している葬儀会社であれば、葬儀にかかる費用を金融機関または弁護士に預けておけます。

こうしたサービスを利用することで、万が一葬儀会社が倒産した場合には、しっかりと保証してくれるので、安心して任せられるでしょう。

資料請求で葬儀費用が割引きになる制度

生前予約に限らず、葬儀会社に資料請求しておくだけで、葬儀費用が割り引かれるサービスもあります。生前予約をする勇気が出ない方は、まず資料を見て検討してください。

登録料もかからず、予約時に最大3万円も割り引かれます。ただし、郵送の場合は2〜3日かかるため、すぐに割引を受けたい場合には、早めに申し込みをしましょう。

【事前割引比較表:登録料無料】

  やさしいお葬式 小さなお葬式 イオンのお葬式
割引額 30,000円

※三親等まで

利用可能

30,000円 5,500円
条件 資料請求、

アンケート回答

事前相談、資料請求 資料請求

※2022年8月現在

※葬儀社によっては割引適用外のプランもあります。

葬儀についての不明点や疑問は『やさしいお葬式』から24時間365日無料相談も承っています。電話でもメールでも行えますのでお気軽にご連絡下さい。

1級葬祭ディレクター在籍で、お客様満足度97%を誇る安心の葬儀会社で、しつこい勧誘等も行いません。

※(株)ドリームプランナー調査「2020年 葬儀サービス調査より」

やさしいお葬式バナー

まとめ【糖尿病で痩せた場合は早めの対策が必要】

糖尿病と診断され、「痩せる」といった症状が出た場合、病気が進行している可能性がありますので、早めに医療機関を受診するようにしてください。

しかし、こうした症状がある場合でも、必ずしも余命が短くなるという訳ではありません

糖尿病は、糖分の取りすぎや運動不足が原因で発症する、生活習慣病の代表疾患の1つです。そのため、多くの人が軽視してしまう傾向があります。

放置すればさまざまな病気を誘発したり、合併症を引き起こしたりする可能性がある、非常に危険な病気だと認識しておかなければいけません。

認識した上で、「悪化させないための方法3つ」と「後悔しないための行動4つ」を実行しましょう。

悪化させないための方法3つ

  1. 1.食事療法

    ゆっくり、よく噛んで食べる。朝食、昼食、夕食の3食を必ず食べる。バランスよく食べる。食事は腹八分目まで。夜遅く、寝る前には食べない。

    1. 2.運動療法

      有酸素運動(ウォーキングやジョギング・水泳など)と筋力トレーニングを行う。YouTubeでも方法を紹介している。

      1. 3.薬物療法

        食事療法と運動療法だけでは、改善が難しいと判断された場合に用いられる。

        糖尿病の薬は、回数や種類が多く、飲み忘れてしまうため、市販されている服用カレンダーなどを活用して、事前にセットしておくといい。

後悔しないための4つの行動

  1. 1.やりたいことを書き出す

    100のやりたいことリストを書き出す。自分が何をしたかったのか、どんな思いを持っていたのかが分かる。

    1. 2.エンディングノート

      生前に自分に関するいろいろな情報を書き残しておく。

      1. 3.遺言書

        法的効力がある遺言書を作成する。誰に財産を渡すかを明記すれば、相続問題に発展しにくくなる。

        1. 4.生前予約の検討

          家族の精神面・経済面の負担を軽減させるため、自分が存命の内に葬儀のプランなどを葬儀会社に予約しておく。資料請求で葬儀費用が割引きになるところもあるので、利用すれば費用削減になる。

病気は治療をしているからといって、いつ何時何が起こるか分かりません。

余命は必ずその期間内で亡くなる訳ではありませんが、万が一を考えて大切な家族のために、また自分が最後の瞬間に後悔しないように行動していくことが何よりも大切です。

問い合わせ先の画像

無料資料の請求バナー

運営会社

会社概要

会社名 ライフエンディングテクノロジーズ株式会社
Life Ending Technologies Co.,Ltd
https://le-tech.jp/
資本金 11,930万円(資本準備金含む)
代表取締役 白石 和也
取締役 栗本 喬一
設立 2019年9月
所在地 〒105-0004
東京都港区新橋5丁目23-10片山ビル6階
TEL:0120-538-175
FAX:03-6800-5820
事業内容 葬儀関連のインターネットメディアの企画・開発
葬儀関連のシステム開発・運営
葬儀関連のシステム開発・運営
取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行

企業理念

私たちは、誰もが直面する「死」に対し、『真心』と『テクノロジー』をもって本気で向き合い、お客様の悔いのないライフエンディングに全力を尽くします。

やさしいお葬式

「丁寧なお葬式を適正価格で」 ご家族のお葬式や終活に関わる出来事は一生に何回もございません。しかし、必ず身内の葬儀や終活は誰もが経験することであり、家族のお葬式や終活に関する出来事は緊急を要します。緊急性が高いものであるからこそ、事前に備え行動をしておかなければなりません。また日本の各地域に多くの家族経営の葬儀社があり、サービス内容は一律ではございません。葬儀社には相談しにくい葬儀や葬儀以外の終活相談であっても、やさしいお葬式のスタッフは親身になり、ご相談対応をさせて頂きます。地域の葬儀物価の違いはありますが、「やさしいお葬式」は適切な基準、価格を設けご相談者様へご案内をさせて頂きます。

やさしいお葬式監修

葬祭ディレクターとして10年以上培った経験を活かし、多様化する価値観の中でご相談者様にとって
どのようなご葬儀を選択することがよいのかを丁寧にヒアリングさせていただき、ご提案いたします。

お葬式セミナー講師
エンディングコンサルタント
栗本 喬一(くりもときょういち)
1977年 東京生まれ(名古屋育ち)
略歴
母の死をきっかけに葬儀業界に興味を持ち、大学卒業後、大手葬儀社へ入社、家族葬から大規模葬儀まで、幅広くお葬式を葬儀担当者(セレモニーディレクター)として活躍。その後、葬儀会館の店長、新規開拓を歴任。お客様からの「ありがとう」という言葉をいただけることを仕事のやりがいとし、これまでに10年以上、5,000件以上の葬儀現場に立ち会う。
資格等
株式会社GSI グリーフサポート アドバンスコース修了。