【PR】「丁寧なお葬式を適正価格で」驚きの理由とは?
葬儀,知識,お別れ会,偲ぶ

「偲ぶ」ってどういうこと? 偲ぶという行為の意味を解説します

亡くなった方や、喪われたもの、遠くへ行ってしまったものに対して思いを馳せる…偲ぶという行為。この行為、実際はどういう意味をもつのでしょう。 今回は、偲ぶという行為の意味について考えてみましょう。

【監修】栗本喬一(くりもと きょういち)

略歴
栗本喬一(くりもと きょういち)
1977年生まれ
ライフエンディングテクノロジーズ株式会社 取締役
株式会社ティア(葬儀社)入社 葬儀ディレクター
支配人、関東進出プロジェクトリーダー
支株式会社おぼうさんどっとこむ 常務取締役

プロフィール

偲ぶ行為は誰のため?

「偲ぶ」という字は、「にんべん」に「思う」という字を書きます。漢字には、文字の構成が意味を表していることが多くあります。

この「偲ぶ」という文字も同様です。「ひと(にんべん)」が「思う」という文字の構成は、そのままこの文字の意味を表していますね。

 

では、「偲ぶ」という行為は、誰のためにおこなうものでしょう?

 

亡くなった方や遠く離れた方へと思いを馳せることは、想う本人にしかわからないことです。思いを形にして届けるのなら別ですが、気持ちそのものには形はありません。離れた場所でどれだけ祈っていても、思われている側には伝わることはないのです。

 

ならば、人が偲ぶ意味とはなんでしょう?

 

それは、想うその本人のためにほかなりません。偲ぶことで、相手のことをいつまでも忘れずに済みます。楽しかったことを思い出し、心を込めて想うこと。

その行為は、そばにいなくなってしまった存在を近くに感じることができ、想うその人本人の心を癒すことができるでしょう。

 

偲ぶ対象は、親しかった人や、大切にしていたペットなど、人それぞれ。偲ぶという行為は、誰がなにに対しておこなっても自由です。自分のために、誰に制限されることなく、誰にでも許されている行為なのです。

偲ぶことに何の意味がある?

人の気持ち、とくに悲しみには、整頓する手段が必要です。

いつまでも悲嘆に暮れていては、前を向いて生きていくことはできません。偲ぶことで、過去と現在を整頓し、「いままで」と「これから」を気持ちのうえで分けることができるようになります。

「いままで」は楽しかった・嬉しかったけれど、いなくなってしまって悲しい。けれど、それは「終わってしまった過去のこと」。

 

偲ぶという行為は、いなくなってしまった方のことを身近に感じつつも、過去のこととして思い出すべき事柄と認識付ける、そんな意味も持ちえます。

 

偲ぶことは、いつでもどこでもできます。

たとえ、その偲ぶ対象が過去の存在になったとしても、想いが遺っているのであれば、偲ぶことでいつでも身近に感じることができるのです。

独りで偲ぶ?誰かと偲ぶ?

ひとりでひっそりと、思いを馳せることもあるでしょう。

思いを同じくする誰かと一緒に、思いを馳せることもあるでしょう。

どちらも同じ、偲ぶという行為です。

ですが、ひとりでおこなうのか、誰かとともにおこなうのかによって、目的や意味は異なっていますね。

 

ひとりで偲ぶ行為は、自分が抱えている気持ちと向き合う意味を強く感じます。自分が喪失したことに対してどう思っているか、うしなってしまったものに対して向ける想いなどを自分ひとりでゆっくりと反芻し、思い返す行為です。

ひとりでおこなうのであれば、この気持ちは自分だけのものですね。

 

ですが、思いを同じくする誰かとともに、うしなわれた方を偲ぶのであれば、そこには「想いの共有」という行為が生まれます。

それぞれに向ける想いは異なっても、そばにいない方を偲ぶ…想いを馳せるという点では同じ。

 

相手を慕う気持ちを同じくする人たちと一緒に、気持ちをこめて想えば、自然と一体感が生まれます。ときに、偲ぶ方同士で話をしたりして、気持ちを昇華させることもできるでしょう。

 

ご葬儀に、家族葬を選択される方も増えています。

故人に対して想いをもつ方々にたくさん集まっていただくのもよいですが、本当に想いの深い身内だけで故人を偲ぶ選択をすることも、意義のあることです。

まとめ

この記事をまとめると、以下のようになります。

・偲ぶという行為の意味は、偲ぶ本人にこそ意味のあること

・偲ぶことで、そばにいなくなってしまった存在を近くに感じることができ、想うその人本人の心を癒すことができる

・偲ぶという行為は、過去のこととして思い出すべき事柄と認識付けるという意味も持つ。偲ぶことで、気持ちの整理をおこなうことができる

・一人で偲ぶのはもちろん、誰かとともに偲ぶことで気持ちを昇華させることもできる

 

うしなってしまった人への想いをあたたかな気持ちで偲び、気持ちを整理することで、自分の人生を生きていくことができるでしょう。

問い合わせ先の画像

無料資料の請求バナー

運営会社

会社概要

会社名 ライフエンディングテクノロジーズ株式会社
Life Ending Technologies Co.,Ltd
https://le-tech.jp/
資本金 11,930万円(資本準備金含む)
代表取締役 白石 和也
取締役 栗本 喬一
設立 2019年9月
所在地 〒105-0004
東京都港区新橋5丁目23-10片山ビル6階
TEL:0120-538-175
FAX:03-6800-5820
事業内容 葬儀関連のインターネットメディアの企画・開発
葬儀関連のシステム開発・運営
葬儀関連のシステム開発・運営
取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行

企業理念

私たちは、誰もが直面する「死」に対し、『真心』と『テクノロジー』をもって本気で向き合い、お客様の悔いのないライフエンディングに全力を尽くします。

やさしいお葬式

「丁寧なお葬式を適正価格で」 ご家族のお葬式や終活に関わる出来事は一生に何回もございません。しかし、必ず身内の葬儀や終活は誰もが経験することであり、家族のお葬式や終活に関する出来事は緊急を要します。緊急性が高いものであるからこそ、事前に備え行動をしておかなければなりません。また日本の各地域に多くの家族経営の葬儀社があり、サービス内容は一律ではございません。葬儀社には相談しにくい葬儀や葬儀以外の終活相談であっても、やさしいお葬式のスタッフは親身になり、ご相談対応をさせて頂きます。地域の葬儀物価の違いはありますが、「やさしいお葬式」は適切な基準、価格を設けご相談者様へご案内をさせて頂きます。

やさしいお葬式監修

葬祭ディレクターとして10年以上培った経験を活かし、多様化する価値観の中でご相談者様にとって
どのようなご葬儀を選択することがよいのかを丁寧にヒアリングさせていただき、ご提案いたします。

お葬式セミナー講師
エンディングコンサルタント
栗本 喬一(くりもときょういち)
1977年 東京生まれ(名古屋育ち)
略歴
母の死をきっかけに葬儀業界に興味を持ち、大学卒業後、大手葬儀社へ入社、家族葬から大規模葬儀まで、幅広くお葬式を葬儀担当者(セレモニーディレクター)として活躍。その後、葬儀会館の店長、新規開拓を歴任。お客様からの「ありがとう」という言葉をいただけることを仕事のやりがいとし、これまでに10年以上、5,000件以上の葬儀現場に立ち会う。
資格等
株式会社GSI グリーフサポート アドバンスコース修了。