「まん延防止等重点措置状態」で行われるお葬式とは?

まん延防止等重点措置とは?

まん延防止等重点措置とは、緊急事態宣言に至る前に感染拡大を抑えるため、2月に成立をした新型コロナ特措法で新設されたものです。

緊急事態宣言のように、飲食店に対して休業要請はできないが、時間短縮要請はできます。

葬祭業はインフラ事業であり、緊急性の高い対応を行うサービス業のため、営業時間の短縮を求められることはなく、24時間対応を行っております。

対象エリア

2021年4月17日現在、宮城県・埼玉県・東京都・神奈川県・千葉県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・沖縄県が対象です。

市町村単位で設定が可能となり、基本的に県内の人口密集地が指定されています。

まん延防止等重点措置中における葬儀とは

まん延防止等重点措置中であっても、お葬式が無くなることはありません。

お葬式は家族葬を中心とした、ある程度人数を絞ったお葬式が行われることが多くなり、現状では多くの人が亡くなった故人を現地でお見送りをすることが少なくなっております。

またお通夜を省略した「1日葬」も東京都心部を中心に増えております。

一日葬についてには下記の記事もよく読まれています。

色々なお葬式の形 一日でお葬式を行う「一日葬」とは?
負担は軽くても心を込めた見送りができる!一日葬の内容を解説
一日葬とは?流れ・メリット・デメリット・食事・マナーを完全解説!
葬儀の1日葬とは?1日で行うお葬式の特徴について

葬儀参列が出来ず、後悔をされる方が増えている

当たり前なのですが、同じ方のお葬式は二度と行うことができません。

一度しかすることが出来ない大切な方のお葬式に参列が出来ず、後悔をしてしまう事例が数多く伺うようになりました。

身内のみでお葬式を行い会葬辞退を行う遺族が増え、中には親・兄弟の訃報でも、遠方から移動をしての葬儀参列を喪主に断られてしまう事例もございます。

葬儀は「緊急性を伴うもの」であり、できる限り現地に出向き、お葬式に参列された方が私たちは良いと思っております。

しかし、どうしても何らかの事情で、遠方から移動ができないが葬儀参列を希望される方へ、当社では葬儀社様向けのシステム開発を行い「遠方にお住まいの方でも参列が可能なオンライン葬儀参列システム:スマート葬儀」を開発し、提供を行っております。

故人に寄り添う気持ちをいつでもオンラインで「スマート葬儀」

お葬式はまん延防止等重点措置中でも行われる

まん延防止等重点措置中の地域であっても、お葬式は毎日行われているのが現状です。

葬儀に必要なご予算、内容を予め調べて置き、ご家族の万の「万が一」に備えることが家族ができる最後の気持ちです。

やさしいお葬式は「葬儀・相続・手続き相談・お墓・散骨・遺品整理・宗教者手配・お仏壇など」の相談、お手配を行っております。

些細なことでも構いません。いつでもお申しつけください。

問い合わせ先の画像

  • 無料パンプレット

ジャンル一覧

同じジャンルのコラム

新着コラム

運営会社

会社概要

会社名 ライフエンディングテクノロジーズ株式会社
Life Ending Technologies Co.,Ltd
https://le-tech.jp/
資本金 1,820万円(資本準備金含む)
代表取締役 白石 和也
取締役 栗本 喬一
設立 2019年9月
所在地 〒105-0004
東京都港区新橋5丁目23-10片山ビル6階
TEL:0120-538-175
FAX:03-6800-5820
事業内容 葬儀関連のインターネットメディアの企画・開発
葬儀関連のシステム開発・運営
葬儀関連のシステム開発・運営
取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行

企業理念

私たちは、誰もが直面する「死」に対し、『真心』と『テクノロジー』をもって本気で向き合い、お客様の悔いのないライフエンディングに全力を尽くします。

やさしいお葬式

「丁寧なお葬式を適正価格で」 ご家族のお葬式や終活に関わる出来事は一生に何回もございません。しかし、必ず身内の葬儀や終活は誰もが経験することであり、家族のお葬式や終活に関する出来事は緊急を要します。緊急性が高いものであるからこそ、事前に備え行動をしておかなければなりません。また日本の各地域に多くの家族経営の葬儀社があり、サービス内容は一律ではございません。葬儀社には相談しにくい葬儀や葬儀以外の終活相談であっても、やさしいお葬式のスタッフは親身になり、ご相談対応をさせて頂きます。地域の葬儀物価の違いはありますが、「やさしいお葬式」は適切な基準、価格を設けご相談者様へご案内をさせて頂きます。

やさしいお葬式監修

1級葬祭ディレクターとして10年以上培った経験を活かし、多様化する価値観の中でご相談者様にとって
どのようなご葬儀を選択することがよいのかを丁寧にヒアリングさせていただき、ご提案いたします。

略歴
母の死をきっかけに葬儀業界に興味を持ち、大学卒業後、新卒採用で大手葬儀社へ入社、厚生労働省認定:1級葬祭ディレクターを取得し、家族葬から大規模葬儀まで、幅広くお葬式を葬儀担当者(セレモニーディレクター)として活躍。その後、葬儀会館の店長、新規開拓を歴任。お客様からの「ありがとう」という言葉をいただけることを仕事のやりがいとし、これまでに10年以上、5,000件以上の葬儀現場に立ち会う。
資格等
厚生労働省認定:1級葬祭ディレクター。