【PR】「丁寧なお葬式を適正価格で」驚きの理由とは?
葬儀社,選び方

後悔しない葬儀社の選び方!知るべき5つのポイントと3つの確認事項

「葬儀社の選び方について知りたい」

「失敗しないポイントを把握しておきたい…」

「葬儀社選びはどのタイミングでするといいのか?」

喪主の立場になったとき、一番最初に決めなければならないのが葬儀社です。

後悔や失敗の無いようお見送りをするためにも、葬儀社の選び方はとても大切になってきます。

限られた時間の中で納得いく葬儀にしたいけれど、葬儀社の選び方は何を基準に決めていけばいいのか、やり直しがきかない葬儀のため、悩んでいる方が多くいらっしゃるでしょう。

実際、

「安い葬儀と思いお願いしたら、読経も祭壇も無く残念だった。前もって事前相談をしっかりおこなっておけば良かった」

「病院に紹介された葬儀社にそのままお願いしたが、自分とは相性が悪く接客や内容にも不満が残った。自分でも葬儀社を探せば良かった」

など、後悔されるお客様も多いです。

満足度の高い葬儀社を選ぶためには、事前に下記5つのポイントが重要となります。

  1. 1.葬儀社の種類を知る
  2. 2.葬儀費用やプランが明確にされているか
  3. 3.スタッフの対応で判断
  4. 4.葬儀ディレクターの在籍有無
  5. 5.最低3つの葬儀社を検討する

また、余裕を持って生前の半年以上前には、葬儀社の検討・依頼を始めることで、ご自身の最後をどんな風に送りたいかなど希望が尊重されたり、遺される遺族は迷うことが少なくなります。

そこで本記事では、葬儀社の選び方で抑えておくべき5つのポイントから、葬儀社を決めるタイミング、『今すぐ』できる5つの準備について詳しく解説します。

葬儀社の選び方について知識を得ることで、スムーズに対応することが可能です。

「葬儀社選びで失敗や後悔をしたくない」とお考えの方は、ぜひ最後までお読みください。

【監修】栗本喬一(くりもと きょういち)

略歴
栗本喬一(くりもと きょういち)
1977年生まれ
ライフエンディングテクノロジーズ株式会社 取締役
株式会社ティア(葬儀社)入社 葬儀ディレクター
支配人、関東進出プロジェクトリーダー
支株式会社おぼうさんどっとこむ 常務取締役

プロフィール

葬儀社選びの5つのポイント

納得のいく葬儀を行うには、葬儀社選びが大切になってきます。突然の別れで悲しみとともに訪れるのが、葬儀社探しです。

ご遺族の方は、どのような葬儀社が良いのか悪いのか判断つかないまま選んでしまうと、葬儀後に後悔することもあります。

「時間の不足で納得のいく情報が得られなかった」「複数の葬儀社を検討できなくて不満が残った」「価格がハッキリしないままお葬式をしてしまい、最後の請求書を見て驚いた」なども挙げられます。

そこで、葬儀社の選び方で失敗しないよう、下記順番の流れで知ると、よりスムーズに進めるため5つのポイントをご紹介します。

  1. 1.葬儀社の種類を知る
  2. 2.葬儀費用やプランが明確にされているか
  3. 3.スタッフの対応で判断
  4. 4.葬祭ディレクターの在籍有無
  5. 5.最低3つの葬儀社を検討する

また、近年では生前から葬儀の計画を立て、自分の葬儀をどうしていくかを自身で決める人が増加しています。

葬儀社の種類を知る

まず、葬儀社を選ぶ際には、どのような葬儀社があるのかを知ることから始めます。

葬儀社の種類は大きく分けて、下表のように分類できます。

葬儀社の種類 特徴
専門の葬儀社 お葬式サービスの提供を専門とする会社。
冠婚葬祭互助会 将来の冠婚葬祭のため、毎月一定額の積み立てで割引等のサービスが受けられる。
JAや生協などの共済 地域によって異なるが、お葬式に関連するサービスが受けられる。
ネット仲介サービス WEBや電話で受け付けをし、申し込みがあると連携している葬儀社を紹介する。
その他 仏壇屋や生花店など、葬儀業に関連している会社も葬式を取り扱っている。

いざという時に焦って決めるのではなく、最適な選択ができるといいですね。それでは、葬儀社の種類を詳しくご紹介します。

各葬儀社のメリット&デメリットを表にしていますので、ぜひ参考にしてください。

専門の葬儀社

お葬式サービスの提供を専門とする会社です。全国には最もこのタイプが多く、全国展開している大手葬儀社から、地域密着型で町の葬儀屋さんまでと様々な規模があります。

また、専門の葬儀社は、葬儀会館(斎場)を保有している自社と保有していない自社があり、幅広いスタイルのお葬式を取り扱っています。

会員制度があるところでは、入会すると葬儀費用割引などの特典が受けられます。

代表的な専門の葬儀社は、「セレモア」「ティア」「お葬式のむすびす」などです。

メリット デメリット
・地域密着型の専門葬儀社はアットホームな雰囲気で親身に相談に乗ってくれる

・その土地ならではの風習や習慣に対する知識も豊富で安心して任せられる

・葬儀にかかる費用を一括請求なところが多い

冠婚葬祭互助会

将来的にかかる冠婚葬祭の費用に備えるため、毎月一定額のお金を支払い積み立てることで、結婚式やお葬式を行う際に、割引等のサービスが受けられる会員制度です。

積み立てたお金は、現金ではなくサービスという形で戻ってきます。

そのため、積み立ての支払いが終了していたとしても、いざ希望する葬儀プランを行うために金額が足りない場合は、追加費用がかかることもあります。

互助会で準備している葬儀会館(斎場)は設備が充実しているのが特徴です。

代表的な冠婚葬祭互助会は、「ベルコ」「メモワール」などがあります。

メリット デメリット
・月数千円から積み立てることで、手軽に葬儀費用を貯められる

・会員特典が受けられ、葬儀費用が割引されたり、生前で会員向けのツアーやイベントなどが開かれている

・積み立て金は葬儀費用のみに使用できるため、超えた分の料金やお布施、飲食代などは、別で支払いが必要となる

JAや生協などの共済

JAや生協などの共済から提供している、組合会員向けサービスの一環です。

地域や組合によって異なりますが、組合会員であることが条件でリーズナブルな価格でお葬式に関するサービスが受けられる場合があります。

自社で葬儀会館を持ち、葬儀をしている共済もあれば、提携している葬儀社に委託する共済もあります。

代表的な共済は、「全国のJA」「生協などの協同組合」です。

メリット デメリット
・組合会員の場合、リーズナブルな価格で行うことができる

・普段からの付き合いがある場合、相談もしやすい

・実際に見積りをとるまで金額が分かりづらい

ネット仲介サービス

インターネットが普及したことにより増えている、WEBサイトのホームページなどにパッケージ化されたプランや費用を掲載して全国の葬儀を紹介するタイプです。

インターネットや電話で申し込みを受けると、各地域の提携している葬儀社を紹介しバトンタッチします。

実際のお葬式の運営は行っておらず、仲介サービスすることを主としています。

代表的な仲介サービスは、「やさしいお葬式」「小さなお葬式」などです。

メリット デメリット
・紹介できる葬儀社が多く、効率的に費用を抑えることができる

・会員登録をしておくことで割引などがある

・葬儀の品質にばらつきがある

その他

仏壇屋や生花店など、葬儀業に関連している会社や、ホテル、鉄道、ブライダルなどの異業種からもお葬式を取り扱うことがあるようです。

それぞれの特色を活かしたサービスを提供されているのが特徴です。

葬儀費用やプランが明確にされているか

葬儀費用の内訳や、プラン内容がはっきり提示されていないと、予想外の金額になるケースもあるため、詳細の説明から、どれが何にいくら含まれているかなどが、明確にされている葬儀社を選びましょう。

例えば、葬儀費用に基本料金しか乗っておらず、申し込んだ後にオプション費用の説明をされるなど、後から追加費用の額が高くてびっくりするような事態を防ぐことが大事です。

また、支払期日にゆとりのある葬儀社の方が、慌ただしい葬儀前後ではありがたいですね。

支払い方法も現金一括だけでなく、クレジットカード払いや分割払い、葬儀ローンなどに対応している葬儀社もあります。

スタッフの対応で判断

相談時からどんな質問などにも、親身で丁寧に答えてくれる葬儀スタッフなら安心できますよね。

また、葬儀スタッフ担当者の人柄や相性、ご遺族の希望に対して真摯な対応をとることができるかどうかがとても大事です。

気持ちに寄り添うことのない様子を少しでも感じると、不安になりますし、契約を急かされてしまうと、不信感を抱いてしまいます。

葬儀当日は、様々な気配りをし協力してくれるのが葬儀スタッフです。丁寧な対応、分かりやすい説明、心遣いなどをしてくれる葬儀スタッフがいるのかも判断の一つでしょう。

  • ・契約を焦らさない
  • ・質問に対して丁寧に答えてくれる
  • ・費用に対して詳しく説明があるか
  • ・希望条件を聞き、希望に沿った提案・選択肢を示してくれる

葬祭ディレクターの在籍有無

葬祭ディレクターの在籍は、知識と経験があると判断できますし、あらゆるパターンから葬儀プランを立てるのが得意と見て視野に入れておきましょう。

葬祭ディレクターは、厚生労働省認定の資格で葬儀社で働くのに必ずしも必要な資格ではありませんが、知識や技能のレベルが一定以上あると認められます。また、資格取得には実務経験が必要です。

葬祭ディレクターは在籍の有無で、知識と経験があると判断できます。葬祭ディレクターについて詳しくは「葬祭ディレクターとは?資格取得の方法と費用・年収・将来性を徹底解説!」の記事をご覧ください。

最低3つの葬儀社を検討する

見積りを最低3つの葬儀社から検討することで、葬儀社の雰囲気や相場観、費用の比較がしやすくなります。

葬儀社を焦って1社目で決めてしまうと、失敗や後悔の原因になります。

最低でも3つの葬儀社から、見積りを出してもらうことで、比べる対象ができるためご自身やご遺族の方が納得のいく葬儀社を見つけましょう。

葬儀社を選ぶタイミングは半年前がベスト

生前の半年前から葬儀社を決めておくのがベストです。ご自身の最後をどんな風に送りたいかなど希望が尊重されるため、生前の葬儀社選びがオススメです。

生前の半年前から葬儀社を決めておくことで、残されるご遺族は迷うことが少なくなりスムーズに進めることができます。

また、生前に予約することで『葬儀事前割引』などの特典が提供される葬儀社もあります。

病院などから薦められた通りに葬儀社を選んでしまったり、何も準備をしていない状態だったりすると、失敗や後悔に繋がりかねませんので、生前半年前から葬儀社を選べるといいですね。

他界後に葬儀社を選ぶ場合

大切な方を亡くして一番悲しいはずの人が、一番忙しくなり、葬儀社を選ばなければいけません。

突然お亡くなりになった場合、葬儀社を選ぶタイミングは、安置場所への搬送前か搬送後に決める必要があります。

病院で亡くなった場合

病院では長く、ご遺体を置いておくことができず、医師による死亡確認がなされ、死亡診断書を受け取った時点で、自宅や葬儀社など適切なところ(安置場所)へ搬送しなければなりません。

病院ではご遺体を搬送してくれないため、葬儀社へ連絡する必要があります。

事前に葬儀社が決まっていなければ、病院と提携している業者を紹介してもらうことができます。

ですが、ご自身で葬儀社を探すよりも、割高な場合や希望する葬儀を行えない可能性もあるため、後悔につながりかねません。

その場合は、『搬送のみの依頼』もできます。ご遺体を安置場所へ搬送してからご自身で葬儀社を選ぶこともできます。

自宅など病院以外で亡くなった場合

病院以外で亡くなった場合は、死因によって葬儀社の手配する時間が変わってきます。

自宅で療養中に亡くなり死因(病気)があきらかになっている場合は、かかりつけの医師をお呼びして死亡診断書を発行してもらい、それから葬儀社へ連絡する必要があります。

死因が明らかではない場合は、まずは警察署に連絡し検視を行い、死体検案書の作成をしてもらいましょう。

検視は数時間から、長ければ数日かかりますので、その間に葬儀社へ連絡します。

葬儀社決定前にしておきたい5つの準備

葬儀社を選ぶ前にまずは、『どのようなお葬式にしたいか』が大事です。

大きな規模の葬儀にしたいのか、少人数での葬儀にするのか、価格はどのくらいでするのか、開催地域はどこでするのかなどを事前に準備しておくことで、スムーズに葬儀社を選ぶことができます。

ご家族で相談・確認し、希望するお葬式をするために必要な5つの準備をご紹介します。

葬儀社を選ぶ前に、スムーズにお葬式を執り行うためには準備が必要です。葬儀社決定前の準備・注意点については、「【保存版】葬式準備に必要な2つのポイントと4つの注意をプロが解説」の記事をご覧ください。

葬儀形態を決める

葬儀形態には、家族葬・一般葬・一日葬・火葬式(直葬)など、さまざまな葬儀があります。

葬儀形態 特徴
家族葬 お通夜から葬儀・告別式を、ご家族や親族、親しい友人などで行うスタイルの小規模なお葬式
一般葬 お通夜から葬儀・告別式を、家族や親族はもちろん、故人と生前ご縁のあった方を幅広く招く大規模なお葬式
一日葬 お通夜を行わず、葬儀・告別式・火葬を一日で行うスタイルの小規模なお葬式
火葬式(直葬) お葬式を行わず、火葬だけでお見送り

お葬式をする上で、葬儀形態は最初に決める必要があります。葬儀の種類について詳しくは、「プロが教える葬儀種類の”正しい”選び方!6つの特徴〜費用の全情報」の記事をご覧ください。

参列者リストを作成しておく

参列者の範囲については明確な決まりはありませんので、親族・会社関係・友人を中心に参列者リストを作成しておくことがオススメです。

参列者リストを作成しておくことで、いざという時に慌てることなくスムーズに連絡ができます。

参列者の人数によって、行う葬式形態も変わってきますので、葬儀を知らせる人の範囲を決めておきましょう。

予算を決める

葬儀にかかる費用は、葬儀形態や参列者の人数によって異なります。

また、葬儀プランや飲食接待にかかる費用、お布施、オプションの追加費用などがあることを把握しておくことで、思った以上の金額を負担することが減らせます。

必要な費用についてある程度把握することで、このくらいなら出せるという予算を決めておくとよいでしょう。

葬儀の開催地域(斎場)を決めておく

葬儀の開催地域(斎場)をあらかじめ決めておくことで、いざという時に慌てず葬儀社を選ぶことができます。

葬儀の開催地域についても、自宅または病院から近い、最寄り駅からのアクセスがいい、駐車場が充実している、火葬場は併設されているかなどを確認しておきましょう。

イメージしておくことで斎場・葬儀場を絞りやすくなります。

斎場には、大きく分けて公営と民営の斎場があります。斎場の選び方などについては、「斎場とはどんな場所?斎場の選び方・種類・火葬場との違いを目的別に完全解説!」の記事をご覧ください。

事前会員登録をしておく

葬儀相談依頼サイトなどに、事前会員登録をしておくことで、割引などの特典が受けられます。

事前に登録しておくことで、葬儀費用などの割引があり費用を抑えられることができ、割引額も登録する葬儀社によって様々です。

また、葬儀社を決めてなくても、先に資料請求などしておくだけでもお得になることもあります。

何よりも、いざという時に相談できるところがあると安心できますよね。

事前割引実施の葬儀社】※2022/8現在

  やさしいお葬式 小さなお葬式 イオンのお葬式
割引額

30,000円

30,000円

5,500円

条件 無料会員

登録

資料請求

おすすめの葬儀社4選

インターネットの普及により、葬儀仲介サイトから葬儀社を探すのが主流になってきています。

葬儀仲介サイトから探すことで、下記3つのメリットがあります。

  • ・葬儀費用を効率的に抑えることができる
  • ・安心・誠実な葬儀社を紹介できる
  • ・情報が豊富な為、お客様へのスムーズかつ確実な対応が可能

インターネットでは、色んなサイト・情報があり迷ってしまいますよね。そこで葬儀社を取り扱っている、葬儀仲介サイトおすすめ4選をご紹介します。

インターネットの普及により、サイトから葬儀社を探すのが主流になっています。

ですが、ネットで調べてみても色んなサイトがあり迷ってしまいますよね。そこで、ネット葬儀を取り扱っている、おすすめの葬儀社4選をご紹介します。

やさしいお葬式

まず最初にご紹介させて頂くのは、費用が最安値水準であり、顧客満足度も97%(参考:(株)ドリームプランナー調査「2020年 葬儀サービス調査より」)を誇る「やさしいお葬式」です。

費用や満足度だけでなく、参列者リストの事前作成から葬儀マナーの相談から、お墓や相続についてのアフターフォローまで幅広く相談できる為、自信を持ってオススメできる葬儀社となっています。

やさしいお葬式は、提携店との連携で全国に対応しています。直営葬儀式場、提携葬儀式場どちらにも葬祭ディレクターが管理をし葬儀プランを立ててくれます。

『一般葬・家族葬・一日葬・火葬式の4種類』に対応しており、シンプルで分かりやすいセットプランとなっております。

24時間365日対応の専門スタッフが無料相談に対応しており、またメールでのお問い合わせも行っています。しつこい勧誘等も行いません。

やさしいお葬式バナー

小さなお葬式

画像引用元:小さなお葬式

小さなお葬式は、全国にある4,000以上の葬儀社と提携しています。

そのため、提携している葬儀社から、ご希望に沿った葬儀場をご紹介することができます。

小さなお葬式は葬儀形態が、『一般葬・家族葬・一日葬・火葬式の4種類』に対応しており、支払い方法も『クレジットカード一括払いまたは分割払い・クレジットカードローン・後払い』が可能です。

独自のサービスとして、予算や規模に合わせて5種類の葬儀セットプランが用意されており、法事・法要の『てらくる』というサービスもあります。

早割を申し込みをすると、最大91,000円の葬儀費用が割引され、24時間365日専門スタッフが相談に対応しています。

よりそうお葬式

画像引用元:よりそうお葬式

よりそうお葬式は、全国にある4,000以上の葬儀社と提携しています。

よりそうお葬式は葬儀形態が『よりそう家族葬・よりそう火葬式』から、プランを選択していきます。

また、満足いただけなければプラン代金を全額返金するという、会員限定の『よりそう満足保証』があります。

割引制度は3つあり、資料請求するだけで最大88,000円の葬儀費用が割引、葬式内容に関するシートを記入し11,000円割引、事前割に申込むと最大107,800円の割引が受けられます。

イオンのお葬式

画像引用元:イオンのお葬式

イオンのお葬式は、全国にある4,000以上の葬儀社と提携している他に、イオン独自の品質と価格で対応している、優良特約店葬儀社が約600社とあります。

イオンのお葬式は葬儀形態が『一般葬・家族葬・一日葬・夕刻一日葬・火葬式・身内葬の6種類』に対応しています。

寺院の紹介や、法事・法要、相続税の相談、墓石販売など様々なサービスが充実しており、お葬式後も安心です。

無料資料請求をすると、お葬式費用が税込5,500円引きになり、24時間365日専門スタッフが相談に対応しています。

サイトごとに取り扱っている内容や金額などが異なるため、詳しくは「小さなお葬式とイオンのお葬式とよりそうお葬式と終活ねっとを完全比較!小さなお葬式のメリットデメリットを紹介!」の記事をご覧ください。

まとめ

納得のいく葬儀を行うには、葬儀社選びが大切になってきます。

  1. 1.葬儀社の種類を知る
  2. 2.葬儀費用やプランが明確にされているか
  3. 3.スタッフの対応で判断
  4. 4.葬儀ディレクターの在籍有無
  5. 5.最低3つの葬儀社を検討する

上記5つのポイントを抑えておくことが、葬儀社の選び方で失敗や後悔、損することなく執り行うことが可能です。

また、葬儀社の選ぶタイミングは、生前の半年前に行うことで『葬儀事前割引』などの特典が提供されるところもあるためオススメですよ。

生前に葬儀社を選んでおくことで、ご自身の希望が尊重されたり、遺される遺族は迷ったりすることがなく、余裕を持って準備することができますね。

葬儀社選びをする前に『どのようなお葬式にしたいか』を考える必要があります。

葬儀形態・参列者・予算・葬儀の開催地域を事前に準備しておくこと、また、事前会員登録することでスムーズに葬儀社を選ぶことができます。

葬儀社探しで悩まれましたら、以下のおすすめ葬儀社4選を参考にしてください。

どの葬儀社も24時間365日、専門スタッフによる無料相談があり、「お急ぎの方や疑問・不安」をすぐに対応してくれます。

運営会社

会社概要

会社名 ライフエンディングテクノロジーズ株式会社
Life Ending Technologies Co.,Ltd
https://le-tech.jp/
資本金 11,930万円(資本準備金含む)
代表取締役 白石 和也
取締役 栗本 喬一
設立 2019年9月
所在地 〒105-0004
東京都港区新橋5丁目23-10片山ビル6階
TEL:0120-538-175
FAX:03-6800-5820
事業内容 葬儀関連のインターネットメディアの企画・開発
葬儀関連のシステム開発・運営
葬儀関連のシステム開発・運営
取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行

企業理念

私たちは、誰もが直面する「死」に対し、『真心』と『テクノロジー』をもって本気で向き合い、お客様の悔いのないライフエンディングに全力を尽くします。

やさしいお葬式

「丁寧なお葬式を適正価格で」 ご家族のお葬式や終活に関わる出来事は一生に何回もございません。しかし、必ず身内の葬儀や終活は誰もが経験することであり、家族のお葬式や終活に関する出来事は緊急を要します。緊急性が高いものであるからこそ、事前に備え行動をしておかなければなりません。また日本の各地域に多くの家族経営の葬儀社があり、サービス内容は一律ではございません。葬儀社には相談しにくい葬儀や葬儀以外の終活相談であっても、やさしいお葬式のスタッフは親身になり、ご相談対応をさせて頂きます。地域の葬儀物価の違いはありますが、「やさしいお葬式」は適切な基準、価格を設けご相談者様へご案内をさせて頂きます。

やさしいお葬式監修

葬祭ディレクターとして10年以上培った経験を活かし、多様化する価値観の中でご相談者様にとって
どのようなご葬儀を選択することがよいのかを丁寧にヒアリングさせていただき、ご提案いたします。

お葬式セミナー講師
エンディングコンサルタント
栗本 喬一(くりもときょういち)
1977年 東京生まれ(名古屋育ち)
略歴
母の死をきっかけに葬儀業界に興味を持ち、大学卒業後、大手葬儀社へ入社、家族葬から大規模葬儀まで、幅広くお葬式を葬儀担当者(セレモニーディレクター)として活躍。その後、葬儀会館の店長、新規開拓を歴任。お客様からの「ありがとう」という言葉をいただけることを仕事のやりがいとし、これまでに10年以上、5,000件以上の葬儀現場に立ち会う。
資格等
株式会社GSI グリーフサポート アドバンスコース修了。