【PR】「丁寧なお葬式を適正価格で」驚きの理由とは?

NHK「おはよう日本」で紹介されました

2021年10月2日(土)『さよなら無き“コロナ死”にサヨナラを』の特集にて、当社のエンバーミングご紹介の取組みと、新型コロナウイルスに関わるご葬儀についての調査結果が紹介されました。

 

皆さんは「コロナのお葬式」についてどれだけ知っていますか?

いざ当事者になってみないと調べることもなければ、興味すら抱かない方がほとんどだと思います。

新型コロナで亡くなった方のご葬儀では感染防止の観点から法律上、現在でも故人との最後の面会も厳格な取り扱いとされており、事実上、ご葬儀が難しい場合も少なくありません。

著名人が亡くなった際にも大きな問題として取り上げられましたが、大切な方との最後のお別れができないことにより、遺族のお心に大きな悲しみや後悔の念を残すことも多くみられます。グリーフケアの観点からも、故人との最後のお別れは、極めて重要な場とされています。

こうした問題を解決するため当社ライフエンディングテクノロジーズが運営する『やさしいお葬式』では、第一次緊急事態宣言以前より、新型コロナで亡くなった方の対応を考え、まず新型コロナ葬儀対応直葬(火葬)プラン、お別れ会(後葬)プランを設けました。
そして最後の『面会プラン』『エンバーミングプラン』を展開し、厚労省により推奨されている感染拡大防止措置を最大限確保した上で新型コロナウイルス感染症により亡くなった方のご葬儀に対応してまいりました。

実際に当社でご案内させていただきましたお客様の声として「会えないと思っていたが面会できた」「ご自身や他のご遺族も濃厚接触者あるいは感染者で、すぐ火葬しないといけない!と思っていたがエンバーミングをすることで面会が実現できた」などいただいております。

しかしながらまだまだ地域によっては面会どころか「収骨」すらできない地域も多く、火葬場や病院などでも様々な制限が課されております。

またそれも感染者の増減などで日々状況が目まぐるしく変わっていきます。

1つの選択肢として「やさしいお葬式の面会プラン」をご認識いただけますと幸いです。

事前相談なども無料で24時間365日受付しておりますので、いつでもご連絡下さい。

 

尚、WEB特集はこちらよりご覧ください。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211001/k10013283481000.html?cid=nwebhk-tvqc

ジャンル一覧

同じジャンルのコラム

新着コラム

運営会社

会社概要

会社名 ライフエンディングテクノロジーズ株式会社
Life Ending Technologies Co.,Ltd
https://le-tech.jp/
資本金 11,930万円(資本準備金含む)
代表取締役 白石 和也
取締役 栗本 喬一
設立 2019年9月
所在地 〒105-0004
東京都港区新橋5丁目23-10片山ビル6階
TEL:0120-538-175
FAX:03-6800-5820
事業内容 葬儀関連のインターネットメディアの企画・開発
葬儀関連のシステム開発・運営
葬儀関連のシステム開発・運営
取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行

企業理念

私たちは、誰もが直面する「死」に対し、『真心』と『テクノロジー』をもって本気で向き合い、お客様の悔いのないライフエンディングに全力を尽くします。

やさしいお葬式

「丁寧なお葬式を適正価格で」 ご家族のお葬式や終活に関わる出来事は一生に何回もございません。しかし、必ず身内の葬儀や終活は誰もが経験することであり、家族のお葬式や終活に関する出来事は緊急を要します。緊急性が高いものであるからこそ、事前に備え行動をしておかなければなりません。また日本の各地域に多くの家族経営の葬儀社があり、サービス内容は一律ではございません。葬儀社には相談しにくい葬儀や葬儀以外の終活相談であっても、やさしいお葬式のスタッフは親身になり、ご相談対応をさせて頂きます。地域の葬儀物価の違いはありますが、「やさしいお葬式」は適切な基準、価格を設けご相談者様へご案内をさせて頂きます。

やさしいお葬式監修

1級葬祭ディレクターとして10年以上培った経験を活かし、多様化する価値観の中でご相談者様にとって
どのようなご葬儀を選択することがよいのかを丁寧にヒアリングさせていただき、ご提案いたします。

略歴
母の死をきっかけに葬儀業界に興味を持ち、大学卒業後、新卒採用で大手葬儀社へ入社、厚生労働省認定:1級葬祭ディレクターを取得し、家族葬から大規模葬儀まで、幅広くお葬式を葬儀担当者(セレモニーディレクター)として活躍。その後、葬儀会館の店長、新規開拓を歴任。お客様からの「ありがとう」という言葉をいただけることを仕事のやりがいとし、これまでに10年以上、5,000件以上の葬儀現場に立ち会う。
資格等
厚生労働省認定:1級葬祭ディレクター。