カレンダーの画像

大安の日に葬式をあげてもOK?六曜と葬儀の関係を完全解説!

葬式の日程は、故人が亡くなってから速やかに決めるべきものです。しかし中には、大安や仏滅などの考えを気にする方もいるかと思います。確かに結婚式などでは「仏滅は避けた方が良い」ということをよく聞きますよね。

それでは葬式の日程に関してもそのようなことを考慮しなければならないのでしょうか?今回はそうしたことを含めて、「いつなら葬式をあげても良いのか?」ということについてご説明します。

大安とは?

大安の画像

それではまず、六曜の1つである「大安」に関する基本的な内容を押さえておきましょう。

六曜とは?

そもそも「六曜」とは、中国で生まれた暦に関する考え方のことを指します。勝負事に関するその日ごとの良し悪しを占うために用いられていました。陰陽五行や干支などを基にして作られています。

具体的には以下の6つを指します。

大安の意味

大安は「たいあん・だいあん」と読み、元々は「泰安」が使われていました。この言葉には「穏やかである・落ち着いている・安らかである」などの意味が込められています。

六曜の中の吉日

そのため六曜の中でも特に吉日であるとされており、おめでたいイメージが非常に強いため結婚式などの慶事は大安の日に行うことが多いです。

さらに、おめでたいイメージ以外にも「あらゆる物事が平穏に進む」というようにも考えられています。そのため慶事以外にも、引越しや新車の納車などの「新しいことを始める」という際にも大安の日を選ぶことがあるそうです。

このように、大安には縁起の良いイメージが強くあります。そのような日に、故人の葬式という弔事を行うことに不安を感じる方もいるのではないでしょうか?

確かにおめでたいイメージがある日にお悔やみごとをするのは、なんとなく不謹慎なようにも思えます。

大安の日に葬式を行っても問題無い

しかし実際は、大安の日に葬式を行うことは不謹慎でもなんでもありません。そもそも大安を含む六曜は、日本古来の思想ではなく中国が起源のもの。そのため仏教に則った葬式とは全く関係がないのです。

大安以外の意味

それでは大安以外の六曜の意味についても確認していきましょう。

①先勝

「先ずれば勝ち」という意味があるように、勝負事において先手を打つのが良いとされている日です。

ただし1日の中でも時間によって吉かどうかが異なるのでご注意ください。先勝では、午前中が吉で午後は凶であるとされています。

②友引

もともとは「共引」という別の漢字が使われていました。意味は「勝負をしても引き分けになる」というもの。そのため、本来は特別に不吉なイメージのある日ではありませんでした。

しかし時代が進むにつれて、徐々に「友引」という言葉が浸透するようになります。そしてその漢字のイメージから「友引に葬式を行うと友人があの世へ連れて行かれる」という考えが広まってしまいました。

友引については下記記事もご参考ください。
友引に通夜を行ってもよい?友引と通夜と葬儀の関係を完全解説!
友引に葬式が行われない理由とは?葬式の日取りの決め方についても解説

③先負

「先んずれば負け」とあるように、先勝とは反対に先手を打つと負けるとされている日です。そのためこちらは、午前中は凶で午後からは吉になる言われています。

④仏滅

「仏を滅する」とあるように、仏も滅してしまうほどに不吉な日であるとされています。あらゆる物事が滅びに通ずると考えられているため、六曜の中では最も悪い日です。慶事などのお祝い事は避けた方が多いでしょう。

ただしこの「仏」は仏教とはまた別のものです。そのため、葬式を行うことは問題がありません。

仏滅については下記記事もご参考ください。
仏滅と葬式の関係とは?葬式の日程を決めるときの注意点についても解説

⑤赤口

仏滅の次に不吉な日とされています。勝負事はもちろん、慶事に関しては大凶となるので避けるべきです。

さらに「赤」という言葉があるように、刃物による怪我や火のトラブルにも気をつけた方が良いと言われています。

弔事の日付については下記記事もご参考ください。
葬式の日取りはどう決める?日取りを決める際のポイントや注意点、六曜について徹底解説!
事前準備が不可欠!納骨式当日の流れと準備すべき内容を解説
法事とは?日程とお布施と服装持物を徹底解説!

六曜と仏教は関係ない

六曜の画像

このように、一部の六曜の考え方が葬式の日程に関して影響を及ぼしている面もあります。特に、大安・仏滅・友引は気にする方も多いのではないでしょうか?

六曜の起源は中国

しかし先ほども少し触れた通り、六曜は仏教とは全く関係がありません。そもそも六曜は中国が起源の思想です。そのため、日本の仏教とは関連性や根拠が何も存在しません。

確かに、六曜の考え方が鎌倉時代から室町時代の間に伝来した後、江戸時代には庶民の暦にも掲載されるようになり第二次世界大戦以降は急速に浸透していきました。

しかしそもそもの起源が仏教とは無関係であるため、本来は葬式の日程決めに関して大安など六曜の思想を考慮する必要はないのです。

弔事についての不明点や疑問はやさしいお葬式から24時間365日無料相談も承っています電話でもメールでも行えますのでお気軽にご連絡下さい。やさしいお葬式では葬儀の見積もり、遺影写真、参列者のリストアップなど事前準備をおすすめしています。葬儀の作法や服装などについてもご相談できます。

やさしいお葬式バナー画像

地域によって、友引の日が火葬場の休みになっている可能性がある

このように本来であれば、葬式の日程を決める際に大安や友引など六曜の内容を考慮する必要はありません。しかし現代では慣習としてかなり広まっています。

その影響で、地域によっては友引の日は火葬場を定休日にする場合もあるほどです。六曜の考え方が強く根付いている地域ほど、その日に火葬場を運営してもあまり利用者がいないため休みにしてしまうのでしょう。

もし自分の地域の火葬場が友引を定休日にしている場合は、それも考慮して葬式の日程を決めましょう。特に友引明けは火葬待ちの方で混雑する可能性が高いので、早めに日程を決めておくことが大切です。

火葬場については下記記事もご参考ください。
火葬業とは?よく似た斎場と火葬場の違いや火葬業の仕事内容、給与事情まで徹底解説!
火葬場の選び方と利用方法!東京都の火葬場の特徴・使用料金・利用方法を解説!
新型コロナの影響がこんなところにも?火葬場・葬儀場・斎場の対応一覧!

葬式の日程を決める際の注意点

それでは具体的に葬式の日程を決める際に注意すべき点についてご紹介します。

まずは「火葬場」の空き状況を確認する

まずは上記でご説明した通り、火葬場の空き状況を早めに確認しておきましょう。

日本における故人の供養においては、ご遺体を火葬することがほぼ必須です。

土葬について

ご遺体の土葬が法律で禁止されているわけではありません。

しかし許可されている場所がごく限られているため、火葬をすることがほぼ大前提と考えておいて良いでしょう。

>>埋葬とは?意味・手続の流れ・必要物・給付金・注意点を完全解説!

予約ができなければご遺体の安置場所に困る

火葬場の予約が完了していなければ、例え葬式会場が決定していたとしてもその後の火葬を行えずご遺体の安置に困ることになります。ご遺体を綺麗な状態で安置しておくのにも費用がかかるため、ご遺族に余計な負担がかかってしまうでしょう。

そうしたことを防ぐためにも、できればまず火葬場の空き状況から確認しておきましょう。

ご遺体の安置方法については下記記事もご参考ください。
故人様を預かる施設が足りない⁈都会のご安置所事情
エンバーミングとは?聞き馴染みのないエンバーミングについてその役割や方法、長所短所まで徹底解説!

宗教者(僧侶)の予定を確認する

葬式では宗教者(僧侶)による読経も必要です。現在では読経を行わない形の葬式もありますが、基本的に読経は行うものと考えておきましょう。

そのため、宗教者(僧侶)の予定を合わせることも欠かせません。お寺側と連携を取り、しっかり葬式の日程をすり合わせておきます。

早めに日程を確認する

特にお盆などの時期は宗教者(僧侶)がかなり多忙になり、思うように日程調整できないこともあるでしょう。そうした時期に葬式が当たってしまう場合は、なおさら早めに宗教者(僧侶)の日程を確定しておくことが重要です。

僧侶派遣

先祖代々のお墓を管理しているお寺を「菩提寺(ぼだいじ)」と呼びます。昨今は、お寺とのお付き合いも薄くなってきており菩提寺を持っていない方も多いです。その場合は僧侶を手配することもできます。

僧侶派遣はやさしいお坊さんでもご相談を受け付けております。追加費用が不要でお車代、御膳料、お心づけなども必要ありません。

やさしいお坊さんバナー

葬式が友引の日にある際の対応

葬式の画像

六曜は本来葬式の日程を考える上では特に考慮しなくても良いもの。大安・仏滅・友引に葬式を行っても全く問題はありません。

しかし現在では慣習としてかなり浸透してしまいました。特に友引に関しては、その漢字のイメージから現在でもあまり好まれません。

参列者や親族に六曜の考えを気にする方がいる可能性を考えると、どうしても無視はできないですよね。

そのためもし葬式の日が友引に当たってしまう場合は以下のような対応を行いましょう。

仮通夜を設ける

一般的に呼ばれているお通夜は「本通夜」というものです。一方で「仮通夜」とは、故人が亡くなった当日にご遺族及びごく近しい親族のみで行うお通夜を指します。人数も少なく規模も小さいので自宅で行われるのがほとんどです。

>>仮通夜を完全解説!本通夜と半通夜との違いと喪主・参列者のマナーを紹介!

もし葬式を友引の日にしか設定できなかった場合は、この仮通夜を友引の当日に行います。そして友引の翌日に葬式を行うのです。こうすることで、仮に参列者に友引であることを気にする方がいたとしても配慮できます。

ちなみにこの仮通夜は、基本的に一般の参列者は参加できません。また僧侶による読経も行われないことが多いです。

通夜については下記記事もご参考ください。
お通夜のタイミングはいつ?お通夜のタイミングの決め方からお通夜のマナーまで完全解説!
御葬式とは?意外と知らない御葬式のマナーや流れ、お通夜・葬儀・告別式の違いまで完全解説!
お通夜のマナーとは? 服装や香典マナー、流れを喪主側参列者側で徹底解説!

共人形(ともにんぎょう)などを用意する

上記のように仮通夜で葬式の日程をずらせるのであればそれが理想です。しかし、年末年始の休業やお盆など時期的な問題でどうしても日程をずらせないこともあるかと思います。

共人形とは?

その場合は、棺に「共人形(ともにんぎょう)」を納め葬式を行いましょう。これは友人を連れて行かれないように身代わりの人形を棺に納めるという方法です。「いちま人形・いちまさん」とも呼ばれています。

ただし、この風習は基本的に関西圏のものです。大阪などでは見られますが関東圏にはあまり馴染みが無いかもしれません。そのためこの共人形を納める際は、参列者が戸惑わないように事前に告知しておきましょう。

棺については下記記事もご参考ください。
納棺とは?意味・流れ・入れるもの・マナーを完全解説!
棺桶(御棺)とは?意味と選び方と副葬品に入れてよいものダメなものを解説!
納棺の儀式とは何?儀式の流れで知っておきたいことについて

大安と葬式についてのまとめ

以上が大安を含めた六曜及び葬式に関する内容です。それでは最後に今回の内容を振り返っておきましょう。

◎そもそも「六曜」とは、中国で生まれた暦に関する考え方のことを指す。

◎大安には「穏やかである・落ち着いている・安らかである」などの意味が込められており、六曜の中でも特に吉日であるとされている。

◎大安以外の意味は以下の通り。
①先勝
「先ずれば勝ち」という意味があるように、勝負事において先手を打つのが良いとされている日。
②友引
本来の意味は「勝負をしても引き分けになる」というものである。
③先負
「先んずれば負け」とあるように、先勝とは反対に先手を打つと負けるとされている日。
④仏滅
仏も滅してしまうほどに不吉な日であるとされている。
⑤赤口
仏滅の次に不吉な日とされている。

◎大安・仏滅・友引など一部の六曜の考え方が葬式の日程に関して影響を及ぼしているが、六曜は仏教とは全く関係がない。そのため葬式の日程決めに関して六曜の思想を考慮しなくても良い。

◎地域によって、友引の日が火葬場の休みになっている可能性がある。

◎葬式の日程を決める際の注意点は以下の通り。
●まずは「火葬場」の空き状況を確認する
●宗教者(僧侶)の予定を確認する

◎葬式が友引の日にある際の対応は以下の通り。
●仮通夜を設ける
●共人形などを用意する

このように、本来であれば大安・仏滅・友引など六曜の考え方は葬式には関係ありません。しかしすでに慣習として浸透してしまっている部分もあるため、今から正そうとしてもなかなか難しいです。

そのため葬式を行う際は、この考えが広まっているという事実を基に日程を決めて無用なトラブル避けるようにした方が良いでしょう。

<<こちらの記事も読まれています>>
葬式の日取りはどう決める?日取りを決める際のポイントや注意点、六曜について徹底解説!
葬式の流れを徹底解説!日程調整のポイントや必要書類とは?
仏滅と葬式の関係とは?葬式の日程を決めるときの注意点についても解説
葬儀日程の決め方とは?通夜・葬式・法事法要の日程の決め方を完全解説!

問い合わせ先の画像

  • 無料パンプレット

ジャンル一覧

同じジャンルのコラム

新着コラム

運営会社

会社概要

会社名 ライフエンディングテクノロジーズ株式会社
Life Ending Technologies Co.,Ltd
https://le-tech.jp/
資本金 1,820万円(資本準備金含む)
代表取締役 白石 和也
取締役 栗本 喬一
設立 2019年9月
所在地 〒105-0004
東京都港区新橋5丁目23-10片山ビル6階
TEL:0120-538-175
FAX:03-6800-5820
事業内容 葬儀関連のインターネットメディアの企画・開発
葬儀関連のシステム開発・運営
葬儀関連のシステム開発・運営
取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行

企業理念

私たちは、誰もが直面する「死」に対し、『真心』と『テクノロジー』をもって本気で向き合い、お客様の悔いのないライフエンディングに全力を尽くします。

やさしいお葬式

「丁寧なお葬式を適正価格で」 ご家族のお葬式や終活に関わる出来事は一生に何回もございません。しかし、必ず身内の葬儀や終活は誰もが経験することであり、家族のお葬式や終活に関する出来事は緊急を要します。緊急性が高いものであるからこそ、事前に備え行動をしておかなければなりません。また日本の各地域に多くの家族経営の葬儀社があり、サービス内容は一律ではございません。葬儀社には相談しにくい葬儀や葬儀以外の終活相談であっても、やさしいお葬式のスタッフは親身になり、ご相談対応をさせて頂きます。地域の葬儀物価の違いはありますが、「やさしいお葬式」は適切な基準、価格を設けご相談者様へご案内をさせて頂きます。

やさしいお葬式監修

1級葬祭ディレクターとして10年以上培った経験を活かし、多様化する価値観の中でご相談者様にとって
どのようなご葬儀を選択することがよいのかを丁寧にヒアリングさせていただき、ご提案いたします。

略歴
母の死をきっかけに葬儀業界に興味を持ち、大学卒業後、新卒採用で大手葬儀社へ入社、厚生労働省認定:1級葬祭ディレクターを取得し、家族葬から大規模葬儀まで、幅広くお葬式を葬儀担当者(セレモニーディレクター)として活躍。その後、葬儀会館の店長、新規開拓を歴任。お客様からの「ありがとう」という言葉をいただけることを仕事のやりがいとし、これまでに10年以上、5,000件以上の葬儀現場に立ち会う。
資格等
厚生労働省認定:1級葬祭ディレクター。