しおかぜホール茜浜とは?!千葉県船橋市・習志野市・八千代市・鎌ケ谷市の方が利用する斎場・火葬場について

しおかぜホール茜浜は習志野市茜浜にある、四市複合事務組合(船橋市・習志野市・八千代市・鎌ケ谷市)の斎場(火葬場)です。

令和元年(2019年)より稼働の2021年時点では最も新しい火葬場です。

船橋市、習志野市、八千代市、鎌ケ谷市は東京に近く、人口も多い地域ではありますが、このしおかぜホール茜浜が出来るまで、船橋市内にある「馬込斎場」のみが唯一地域内での斎場(火葬場)でした。

しおかぜホール茜浜とは

しおかぜホール茜浜は四市複合事務組合(船橋市・習志野市・八千代市・鎌ケ谷市)の合同斎場となります。

上記の合同斎場として、以前より船橋市内に「馬込斎場」があり、現在でも稼働を行っておりますが、「馬込斎場」は老朽化が進み、地域内で第2の斎場(火葬場)の建設が急務となっておりました。

船橋市・習志野市・八千代市・鎌ケ谷市の四市の合計人口は政令指定都市の仙台市に匹敵します。

馬込斎場の老朽化だけではなく、人口の多さも影響し、第2の斎場として「しおかぜホール茜浜」の建設が必要だったのです。

しかし、火葬場に適切な土地がなく、浦安市同様に周囲に住宅がない工業地帯の「習志野市茜浜」に建設されました。

住所

千葉県習志野市茜浜3丁目7番6号

駐車場

約300台(マイクロバス14台、臨時駐車場を含む)

交通アクセス

JR新習志野駅よりタクシー JR津田沼駅・京成津田沼駅よりタクシー

最寄り駅、新習志野駅から約3キロありますので、車での移動をお勧めいたします。

設備概要

火葬炉:12基

告別式5室・収骨室5室・待合室15室

90名用式場(第1・第3式場) 60名用式場(第2・第4式場)

遺族控室、宗教者控室、控室(お清め所)が各式場に付いております。

霊安室(冷蔵庫)10基

休館日

1月1日 1月1日以外は毎日9時〜17時まで稼働をしております。

使用料金

火葬料金

市民(大人:15歳以上):11,000円 市民外:110,000円

市民(小人:15歳未満):9,000円 市民外:90,000円

市民(死児・改葬):5,000円 市民外:50,000円

待合室

市民(第5・第10・第11):1,100円 市民外:11,000円

上記以外 市民:2,200円 市民倍:22,000円

式場

第1式場:市民103,620円 市民外207,240円

第2式場:市民75,350円 市民外150,700円

第3式場:市民92,510円 市民外185,020円

第4式場:市民75,350円 市民外150,700円

その他

遺体保管室:市民5,500円 市民外11,000円

※市民とは死亡者が船橋市・習志野市、八千代市、鎌ケ谷市にお住まい、または故人より6親等以内の血族。

骨壷

7寸白壺:2,345円

5寸白壺:1,742円

3寸白壺:632円

しおかぜホール茜浜を利用される方

四市複合事務組合(船橋市・習志野市・八千代市・鎌ケ谷市)の斎場であるため、ほとんどの利用者がこちらの市民となります。

予約方法

一般の方が火葬場の予約を取ることは難しいため、葬儀社を通じ行う形となります。

火葬場予約手続きの際に医療機関から発行される死亡診断書(死体検案書)を忘れずに受け取ってください。

  • 超高齢化多死社会を迎える中、今の時代に必要なのは、ご遺族の状況に応じたプランをご提案することです。
    厚生労働省認定1級葬祭ディレクターとして、これまでの画一的な「一般的な葬儀」を一から見直し、必要な人に、必要なお葬式を自由に選んでもらうためのプランを作成しました。
    後悔のないお葬式を執り行いたいけど、シンプルなお葬式でいい。そんな方はぜひお気軽にご相談ください。

関連エリア

運営会社

会社概要

会社名 ライフエンディングテクノロジーズ株式会社
Life Ending Technologies Co.,Ltd
https://le-tech.jp/
資本金 1,820万円(資本準備金含む)
代表取締役 白石 和也
取締役 栗本 喬一
設立 2019年9月
所在地 〒105-0004
東京都港区新橋5丁目23-10片山ビル6階
TEL:0120-538-175
FAX:03-6800-5820
事業内容 葬儀関連のインターネットメディアの企画・開発
葬儀関連のシステム開発・運営
葬儀関連のシステム開発・運営
取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行

企業理念

私たちは、誰もが直面する「死」に対し、『真心』と『テクノロジー』をもって本気で向き合い、お客様の悔いのないライフエンディングに全力を尽くします。

やさしいお葬式

「丁寧なお葬式を適正価格で」 ご家族のお葬式や終活に関わる出来事は一生に何回もございません。しかし、必ず身内の葬儀や終活は誰もが経験することであり、家族のお葬式や終活に関する出来事は緊急を要します。緊急性が高いものであるからこそ、事前に備え行動をしておかなければなりません。また日本の各地域に多くの家族経営の葬儀社があり、サービス内容は一律ではございません。葬儀社には相談しにくい葬儀や葬儀以外の終活相談であっても、やさしいお葬式のスタッフは親身になり、ご相談対応をさせて頂きます。地域の葬儀物価の違いはありますが、「やさしいお葬式」は適切な基準、価格を設けご相談者様へご案内をさせて頂きます。

やさしいお葬式監修

1級葬祭ディレクターとして10年以上培った経験を活かし、多様化する価値観の中でご相談者様にとって
どのようなご葬儀を選択することがよいのかを丁寧にヒアリングさせていただき、ご提案いたします。

略歴
母の死をきっかけに葬儀業界に興味を持ち、大学卒業後、新卒採用で大手葬儀社へ入社、厚生労働省認定:1級葬祭ディレクターを取得し、家族葬から大規模葬儀まで、幅広くお葬式を葬儀担当者(セレモニーディレクター)として活躍。その後、葬儀会館の店長、新規開拓を歴任。お客様からの「ありがとう」という言葉をいただけることを仕事のやりがいとし、これまでに10年以上、5,000件以上の葬儀現場に立ち会う。
資格等
厚生労働省認定:1級葬祭ディレクター。