ご遺体の長距離搬送とは⁉︎長距離搬送を手配する方法・段取りについて

田舎での一人暮らしや何らかの事情等で、家族と離れた土地でお亡くなりになった場合、故人が亡くなった地域ではなく、ご遺族がお葬式を行いやすい地域まで移動して、お葬式を行う場合もございます。

中には都道府県を大きく超えて、故人様を搬送する場合もございます。

その場合、故人様が亡くなった場所の葬儀社ではなく、「中長距離の故人様の搬送を対応できる会社」にまず搬送の依頼をしなければなりません。

故人様(ご遺体)の長距離搬送の手配方法や段取りなどについて、ご説明させて頂きます。

ご遺体の長距離搬送とは

故人様がお亡くなりになった場合、通常は故人様の地元の病院、施設、ご自宅などでお亡くなりになるため、地元の葬儀社がお迎えに伺う流れになります。

しかし、お亡くなりになった故人のみが離れた地域に住んでおり、亡くなった先に親族などがいない場合、不慮の病気や事故などで遠方地でお亡くなりになられた場合は、ご遺族がいらっしゃる地域まで故人様(ご遺体)の搬送を行わなければなりません。

その場合、搬送が可能な葬儀関連会社へ「長距離搬送」の依頼を行うことになります。

全国に葬儀社をはじめとする、故人様(ご遺体)搬送を行う会社はございますが、長距離の搬送を受けている会社は多くはありません。

日本国内の場合は専用の搬送車でのご移動が多いのですが、国内間での遠方地、離島、海外への搬送などは「飛行機」を使用いたします。

※飛行機の場合は手続きに時間が必要となります。

長距離搬送の定義とは

基本的に隣県の移動(おおよそ100キロ以内程度)であれば、対応が可能な葬儀会社・関連会社は多く、長距離搬送ではございません。

例:東京都から神奈川県の搬送、埼玉県から群馬県の搬送、愛知県から岐阜県の搬送など。

長距離搬送は「地方間の移動」のことを指す場合が多いです。

例:関東地方から東海地方、東北地方から上信越地方、近畿地方から四国地方、九州地方から中国地方など。

上記はおおまかな例になりますが、同じ地域といっても、例えば、北海道の函館から釧路、九州の福岡から鹿児島などの移動は「長距離」になります。

移動距離が大きいため、葬儀関連会社によっては、対応ができない会社もございます。

「長距離搬送の対応可能な会社」を見つけることが必要になります。

実際の手配方法

実際に故人様(ご遺体)の長距離搬送を行わなければならない場合、下記の段取りとなります。

基本的に移動は「高速道路」を使用し、夜間早朝搬送は日中での搬送費用より金額が1割〜2割程度高くなります。

①長距離搬送に対応する葬儀関連会社に連絡を行います。【弊社やさしいお葬式は全国搬送窓口に対応いたしております。03−5843−8506】

②お名前・携帯電話の連絡先を受付に伝えます。

③お迎えに伺う場所・住所(病院・施設・警察署など)を伝えます。

④ご搬送を行いたい場所・住所(ご自宅・地元の葬儀会館など)を伝えます。

⑤お迎えが可能なお時間を受付に伝えます。※お迎えの車は特殊車両での対応となりますので、地域・タイミングによりお時間を頂く場合がございます。

⑥折り返し手配確認の連絡が、受付よりご遺族様に連絡いたします。

⑦お迎え先の現地に担当者が伺い、現地まで搬送をさせて頂きます。

その他

料金について

ご遺体の長距離搬送は、タクシー等と同様に「搬送距離に応じて費用が異なります」

また御棺や専用お布団、ドライアイスなどを故人様(ご遺体)の状況では使用をする場合もございます。

離島などの場合では、飛行機などを使用するケースもございますので、お問い合わせ頂く形となります。

【やさしいお葬式で料金の確認が可能です。TEL03−5843−8506】

同時に何名まで乗車可能?

ほとんどの搬送車では「2名」までご乗車が可能です。

※ご遺族が自家用車で現地まで来られている場合も多いので、必ずご遺族に乗車をお願いすることはございません。

ご搬送先のお葬式依頼について

地元の葬儀社にも連絡をいれておき、お葬式の準備を行います。

おおよその到着時間をお尋ねされる場合が多いので、地元の葬儀社に到着予想時刻を伝えておきます。

 長距離搬送についてのまとめ

故人様(ご遺体)近距離搬送(おおむね隣県くらい)であれば、近隣の葬儀社で搬送の手配は可能。

しかし長距離搬送(100キロを超えるような距離)であれば、対応を行ってくれる会社は限られるので、対応をしてくれる会社を見つける必要がある。

料金は走行距離、深夜早朝対応で料金が異なる。搬送料金の概算は対応会社に連絡を行えば事前に教えてもらえる。

距離が遠すぎる場合、離島への搬送は空輸(飛行機)を使用する可能性もある。

  • 超高齢化多死社会を迎える中、今の時代に必要なのは、ご遺族の状況に応じたプランをご提案することです。
    厚生労働省認定1級葬祭ディレクターとして、これまでの画一的な「一般的な葬儀」を一から見直し、必要な人に、必要なお葬式を自由に選んでもらうためのプランを作成しました。
    後悔のないお葬式を執り行いたいけど、シンプルなお葬式でいい。そんな方はぜひお気軽にご相談ください。