散骨の情報・お手配サイト「やさしい海洋散骨」をリリースいたしました。

年々「終活関連」のご相談やサービスが増えている中、海への散骨も弔いの方法として注目をされております。

当社もお葬式や相続、お墓、遺品整理、空き家などのご相談を受ける中で「散骨」を希望される方のご相談に答えるため、「やさしい海洋散骨」の窓口をリリースいたしました。

全国の散骨対応「やさしい海洋散骨」はこちら

相談者が増えている海洋散骨について、お伝えさせて頂きます。

散骨とは

散骨とは「決められた地域」でお骨を撒き供養を行う方法です。

一般的には「海への海洋散骨のこと」を指します。

近年、お墓は不要で海などに撒いて欲しいという、生前から希望されている方が増加をしており、またお墓を建立するより安価で行えるという点からも問い合わせが増えております。

散骨のメリット

先述にもございますが、従来のお墓を建てるより費用が安価となります。

海洋散骨のプランは5万円(税別)〜あり、各地域やプランにより金額が異なります。従来のお墓に比べ、かなり安価と言えるのではないでしょうか。

散骨のため、お墓の管理などももちろん必要がないため、ご遺族にとって、時間や金銭面などの負担が少なくなるのではないでしょうか。

散骨のデメリット

一方で、散骨をしてしまいますと当然ながらお骨は撒かれてしまいますので、後日お墓にお骨を入れてあげたりすることはできません。

拝む対象がなくなってしまったという、散骨をしたことに後悔をしてしまったご遺族の事例もございます。

散骨を行う前には、しっかりと家族と話し合っておきましょう。

散骨のルール

散骨は自由にどの場所でも行って良いものではありません。

不特定多数の方が行き交う場所への散骨は原則禁止や、お骨を散骨するためにはお骨を「粉状」にしなければならないなどのルールがあります。

これらを無視して勝手に行ってしまうと、行政より罰せられる可能性があります。

専門家に依頼し、適切な粉骨を行い、散骨を実行できる方法と場所を選定することが大事となります。

まとめ

散骨は比較的新しい供養の方法。安価で行うことができ、維持費などが後世に必要ない。

一方、まだ新しい供養の形のため、まだまだ実施数が少ないことが現状。中には親戚に反対する人もいることがある。

散骨をしてしまうと、撒いてしまうため二度とお骨は手元に戻せない。しっかり相談した上で散骨を実行することが大事。

なかには一部を散骨し、一部はお骨にお墓に納める方法もある。

自由に散骨をしてはならない。専門家に確認し、然るべき方法と場所で行う必要がある。

  • 超高齢化多死社会を迎える中、今の時代に必要なのは、ご遺族の状況に応じたプランをご提案することです。
    厚生労働省認定1級葬祭ディレクターとして、これまでの画一的な「一般的な葬儀」を一から見直し、必要な人に、必要なお葬式を自由に選んでもらうためのプランを作成しました。
    後悔のないお葬式を執り行いたいけど、シンプルなお葬式でいい。そんな方はぜひお気軽にご相談ください。

  •