【PR】「丁寧なお葬式を適正価格で」驚きの理由とは?

お葬式の予算が限られている中で、本当によくしてくれました。

やさしい火葬式

川島 健二様  

2021年08月   故人 :母(90歳)

まだ亡くなると思っていなかったので、葬儀社選びに本当に苦労しました。

私は元々地元の人間ではないため、近隣の葬儀社のことなど全く知りませんでした。葬儀社のあては全く無かったので、母が亡くなったと聞いたことには本当に焦りました。

もちろん近所の人に聞いても、昔でしたらお尋ねできたかもしれませんが、今は近所の人との関係も希薄になってしまい、葬儀のことは聞けないなと感じました。

また恥ずかしながら、お葬式に多くの予算を掛けることが出来ない状態でした。多くの葬儀社が世の中にある中で、費用や内容を見分けることがわからず、困ってしまいました。

インターネットに頼り、やさしいお葬式を見つけました。

インターネットでやさしいお葬式さんを見つけ、お願いすることにしました。

正直なところ、インターネットで葬儀社を見つけることになるとは思ってもいませんでした。

しかし、葬儀社をどうやって探せばよいのか検討がつかなかったので、一番身近で調べる手段であるネットをまず確認することにしました。

そして、やさしいお葬式を見つけて連絡をすることにしました。葬儀社ではなく、葬儀相談所のような会社であれば、中立的に色々と教えてくれるのではないかと思ったからです。

小さな規模のお葬式でしたが、無事に葬儀を出すことができました。

葬儀に立ち会ったのは私と妻、故人の孫、故人の兄弟だけの参列でしたが、丁寧に対応を頂き、本当に感謝をしております。

うちの葬儀は家族葬とも言えない小さなものだったかもしれませんが、このコロナ禍の中できちんと見送りが出来、本当に良かったと思います。

やさしいお葬式で最初に相談に乗ってくださった方、実際にお願いした葬儀担当者の方には本当にお世話になりました。

葬儀にも多くのやることがありますが、やさしいお葬式なら安心です。

お葬式が終わったあとにも、お墓や法事、相続のことも続けて考えなければなりませんでした。

葬儀社さんにお願いしても、葬儀のことしかわからないと言われてしまうと思い、やさしいお葬式に相談しましたが、適切な相続専門家やお墓の段取り、手配をしてくれました。お葬式だけのことを考えてもいけないことを知りましたが、いい勉強であったとも思います。

やさしいお葬式の担当者の方には大変感謝をしております。

今回ご利用いただいた葬儀プラン

関連施設

関連エリア

運営会社

会社概要

会社名 ライフエンディングテクノロジーズ株式会社
Life Ending Technologies Co.,Ltd
https://le-tech.jp/
資本金 11,930万円(資本準備金含む)
代表取締役 白石 和也
取締役 栗本 喬一
設立 2019年9月
所在地 〒105-0004
東京都港区新橋5丁目23-10片山ビル6階
TEL:0120-538-175
FAX:03-6800-5820
事業内容 葬儀関連のインターネットメディアの企画・開発
葬儀関連のシステム開発・運営
葬儀関連のシステム開発・運営
取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行

企業理念

私たちは、誰もが直面する「死」に対し、『真心』と『テクノロジー』をもって本気で向き合い、お客様の悔いのないライフエンディングに全力を尽くします。

やさしいお葬式

「丁寧なお葬式を適正価格で」 ご家族のお葬式や終活に関わる出来事は一生に何回もございません。しかし、必ず身内の葬儀や終活は誰もが経験することであり、家族のお葬式や終活に関する出来事は緊急を要します。緊急性が高いものであるからこそ、事前に備え行動をしておかなければなりません。また日本の各地域に多くの家族経営の葬儀社があり、サービス内容は一律ではございません。葬儀社には相談しにくい葬儀や葬儀以外の終活相談であっても、やさしいお葬式のスタッフは親身になり、ご相談対応をさせて頂きます。地域の葬儀物価の違いはありますが、「やさしいお葬式」は適切な基準、価格を設けご相談者様へご案内をさせて頂きます。

やさしいお葬式監修

1級葬祭ディレクターとして10年以上培った経験を活かし、多様化する価値観の中でご相談者様にとって
どのようなご葬儀を選択することがよいのかを丁寧にヒアリングさせていただき、ご提案いたします。

略歴
母の死をきっかけに葬儀業界に興味を持ち、大学卒業後、新卒採用で大手葬儀社へ入社、厚生労働省認定:1級葬祭ディレクターを取得し、家族葬から大規模葬儀まで、幅広くお葬式を葬儀担当者(セレモニーディレクター)として活躍。その後、葬儀会館の店長、新規開拓を歴任。お客様からの「ありがとう」という言葉をいただけることを仕事のやりがいとし、これまでに10年以上、5,000件以上の葬儀現場に立ち会う。
資格等
厚生労働省認定:1級葬祭ディレクター。